漫画

2018/09/21

ジャンプ42号感想 夜景

月曜祝日で、土曜発売。来週もなのか。現場は大変そうだ。ジャンプ42号感想です。スレッドでつなぎますー。

表紙&巻頭カラー新連載『思春期ルネサンス!ダビデ君』。「バチカァァン」の罰当たりっぷりw

『鬼滅の刃』。禰豆子の真ん中の笑顔と、最後の笑顔。すばらしい。

センターカラー最終回『銀魂』。終わりのはずなのに終わってないw これが許される作風を確立したのがすごいところ。

『アクタージュ act-age』。アキラ君の話も絡んでくるのではと思っていたら、来た!これ、うまく転がすととても面白そうなので、期待大。

『ぼくたちは勉強ができない』。成幸は、下手に中途半端な学歴つけて中途半端な会社に入るより、ずっと儲かる技能を持っているような気がw

『ハイキュー!!』。実際に、日本で、レベルが落ちるはずの高校スポーツがコンテンツとして人気なのは、負けたらこのチームは終わりというドラマ性があるからかなあと思う。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』。バトル漫画は大量に作られ、エスカレートする展開もみんなよく知っているとはいえ、見開きごとにどんどん進むこの圧縮された展開を読ませるのは、けっこう難しいことなのではないかと感心。

『火ノ丸相撲』。頑なさが生んだ危機だったけれど、それは相撲の型も同じで、そこを重ね合わせてこの技で勝つのはいい勝ち方。そして「今日からは団体戦」はやっぱりいいフレーズ。

というジャンプ42号感想でしたー。さて、今週末のノルマがまだこなせてないんじゃよ。がんばらねば。18/9/16

『アクタージュ act-age』。あったら面白そうだと思っていた、アキラ君のルートが顕在化してきました。

夜凪は天才で、かつ奇人のタイプです。とても目立つキャラクターで、何をしでかすかわからないので、先が読めず、それにより物語をドライブしていきます。

それに対して物語をドライブする別の手段は感情移入させること。

アキラ君は設定こそイケメン二世俳優と派手ですが、常識人、真面目、凡才と、キャラ的には考えていることが分かりやすく、感情移入しやすいタイプです。自分がちやほやされていても、力不足を自覚していて、親には才能がないと切り捨てられており、それでも愚直に悩み、がんばっている。

そんなアキラ君がひとつ殻を破るシーンが来たら、きっと盛り上がる。注目中なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/14

ジャンプ41号感想 見つけたよ

たまってたタスクを一掃して、本日から新たな課題に向かう月曜日。しかしその前に漫画で一服。ジャンプ41号の感想です。スレッドでつなぎますー。

表紙&巻頭カラー『約束のネバーランド』。二周年で、アニメ化も決まってて、でも最終章突入という、お話に対する潔さにとても共感。

『ぼくたちは勉強ができない』。勘違いからくるすれ違いはコメディの基本。いい表情が描いてあって中身充実。

『アクタージュ act-age』。「初めから君は私のカムパネルラ」とか「コーヒーフラペチーノだよ」とか、力のあるいい顔描けると、思わせぶりな演出が生きてくる。いいなあ。

センターカラー『Dr.STONE』。けっこう強引なアイディア勝負の漫画だけど、それだけではない、覚悟とか気持ちの乗る瞬間があるのが気持ちいい。極秘ミッションすばらしい。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』。待たれていた通りの展開と、その前の部分の真相の意外性。いいバランス。

『火ノ丸相撲』。最後の技が何なのか気になる。

というジャンプ41号感想でしたー。さて、新課題だよ。考えどこだよ。18/9/10

『約束のネバーランド』。先週号の最後のあおりで、時間が跳んで新章突入することは予告されていて。

そしたら今週巻末コメントで、「最終章突入、一層頑張ります!」とあったんですよ。

最近はそれほどじゃないんですけど、古株のジャンプ読者としては、やはりジャンプは、お話<人気、のイメージが根強くあって。壮大っぽく始めて、10週打ち切りとか、人気が出たら逆に、ボロボロになるまで引っ張り倒すとか。きちんと適切な長さでお話が流れて、いいオチをこの雑誌で見れる期待感って、そんなにない。

そんな時、ここで最終章と言い切るのは、ちょっと意外というか。単行本売れてアニメか決まって、ここから柱にしたいタイミングなわけで。なのに、お話の流れに対して、とてもまっとう。

というですね、昔の印象に基づいた偏見が僕にあって、そうじゃないので驚いたということなんですけど。

ということはつまり、とてもまっとうにいいものが見れるということなので、マイナスの偏見があった分、逆に期待感がものすごいんですよ! がんばって!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/08

ジャンプ39号&40号感想 時によどみのうたかたは かつ消え かつ結びて[x]にとどまる

最近仕事忙しかったうえに、サッカーも忙しかったので、ジャンプ感想のまとめは2週分。まずは先週分がこちら。

出かける仕事は少し楽になったけれど、今度は他の締め切りと被っている月曜日。ジャンプ39号感想です。スレッドでつなぎますー。

表紙&巻頭カラー『ぼくたちは勉強ができない』。アニメ化おめでとうございます!しかし、この伏線はどうしたことか!

『鬼滅の刃』。けなげでかわいそうな甘露寺さんの好感度がすごく上がってるんだけど、この漫画のパターンだと、これは……。

『食戟のソーマ』。チータラはときめくポイントなのかw

『ゆらぎ荘の幽奈さん』。これでいろいろ謎が解ける?

という大急ぎジャンプ39号感想でしたー。帰ってきて、ご飯食べて、とにかく推敲。18/8/27

そして今週分。

ようやく通常モードになった月曜日。ジャンプ40号感想です。スレッドでつなぎますー。

『鬼滅の刃』。この漫画、短いページで感情移入させるの本当にうまい。強烈に癖のある人でインパクトを与えておき、感情移入のパターン。その通りに転がされているところ。甘露寺さんは大丈夫なのか。

センターカラー『火ノ丸相撲』。重い展開から追撃へと移る一番に大般若は適役。豪快、痛快な展開になると思われ、さあどうなる。

『アクタージュ act-age』。才能が互いを喰らいあうステージで、アキラ君が裏テーマ持ってるんじゃないかと思ってるんだけど、どうなんだろう。

『約束のネバーランド』。謎が謎呼ぶ、そもそも呼び方自体謎の存在。何が目的なのかもわからず、とにかく謎だらけ。気になる。

『ぼくたちは勉強ができない』。先週に引き続いてのこの展開は……。成幸には本音の表情を見せないうるかが切ない。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』。一山越えたと見せての急展開。この漫画は構成的には手堅いので、すると次はの期待。

というジャンプ40号感想でしたー。さて、通常モードだけれど、今まで通りではない、新通常モードへ。18/9/3

『ぼくたちは勉強ができない』。うるかがああああああ!!!!

僕はあまりハーレムラブコメが好きではないのです。ヒロインたちを魅力的に描くのが作品の肝で、なのにそうして魅力的に描かれたヒロインたちの多くが失恋して、かわいそうな結末を迎えるからです。感情移入して読むタイプ&オチが気になるタイプなので、それがつらくて。

なのにここでハーレム系の作品の感想を書いている場合は、演出のうまさだったり、構成のうまさだったり、そういうところにやられてて、本来苦手なのにそのお話が気になっちゃっている場合でして。

マイナス分を乗り越えているわけなので、余計に気になっているわけですよ!

だってさー、先に出た二人は出会いから描いているから、どうにでもコントロールできるじゃないですか。でもうるかは出てきた時にはすでに成幸のことが好きで、その秘めた思いを何年も抱えたままだったんですよ? ヒロイン選択の余地なんかないんですよ、一択ですよ。

なのに最近、理珠が急追していて、気持ちを解釈するのが苦手キャラだから「この気持ちは何だろう」で止まってるけど、これが恋だと気づいちゃったらポイント・オブ・ノーリターンやんかと、やきもきしているのに。しかもいい顔描くんだよ、これが。

それでさらに、この展開ですよ。

かわいそうな展開はやめてよー、やめてよー、やめてー……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/05

COMICリュウ8月分 パラ見をどう作る

『きのこいぬ』。あんずちゃん、いい子。

『あせびと空世界の冒険者』。足の小指ぶつけているあせびさんがかわいい。

『ヒトミ先生の保健室』。キャラクターのだめっぷりと、抱えるシリアスな問題のコントラストが、印象を強調。

『モンスター娘のいる日常』。立ち姿が雄々しいw

web移行後二回目の感想まとめ。

前回も書きましたけど、元が紙の雑誌でそれがweb移行ということで、違いが意識しやすい。ということで今回もその辺で感じたことを並べてみましょう。

COMICリュウはわりと休載が多いけれど、webになったらどうするのかなと思ってたら、1ページしか載ってない漫画がw そして後で追加されていました。これは紙の雑誌にはない利点。

そしてやっぱり、パラ見は起きません。小さいサムネイル画像ではきっかけにならない。

僕の場合、作業スペースのわきに積読山脈があり、そこに読んだ漫画雑誌も積まれているのですが、「はー、疲れた」とごろりと横になった時、そこからひょいと取ってパラパラ眺めることがあるのです。そういう時に、最初急いでいて読んでいなかった読み切りとかが目に留まったりするのですが、webではそういうことが起きない。そこをどうするか。

そういう文脈の中に、LINEの無料プロモーションとかがあるんだなと、改めて思います。プッシュ通知で目の前に差し出す。暇なタイミングと合えば、それで読んだりする。

じゃあ自分はどうすればいいんだろうと、いろいろ考えさせられますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/24

ジャンプ38号感想 横浜みなとみらい

大忙し期間に入り、順調に体力が削れている月曜日、漫画を読む時間も極少です。ジャンプ38号感想。スレッドで繋ぎますー。

センターカラー『ゆらぎ荘の幽奈さん』。「きゅん」てw この人も一癖ありそうだけど、出番あるのかな。

『アクタージュ act-age』。中盤からの盛り上がってくるところのリズムがいい。

『火ノ丸相撲』。「団体戦」が、またいい絵を呼ぶ。

『ぼくたちは勉強ができない』。「ご主人様」の破壊力。艶めいたいい顔。

『ハイキュー!!』。書き文字のドが枠線になってる構図。そして高さを見せる絵。ここ一番の演出、ほんとにうまい。

『ノアズノーツ』。終わり方、いい演出だった。

という、短めジャンプ38号感想でしたー。時間……。18/8/20

短期で終わっちゃう作品を見るたびに、ヒットさせることの難しさを感じます。

何が難しいかって、単純な能力の問題ではないことです。今ちょうどアジア大会をやっていますが、水泳や陸上競技などの速さを競う種目であれば、ゴールはすごく明確です。タイムを縮める。速くなればいいのです。体力を向上させ、技術をひたすら磨く。

ところが漫画や小説の場合、技術だけの問題ではない。もし能力の問題なら経験を積んで技術は上がっていくのだから、ヒット作家は年功序列になるはずですし、デビュー作で大ヒットした先生の作品がこけたりするはずがない。

多分小さなボタンの掛け違いで、結果に大きな差がつくのだろうと思います。ここが見切れたらいいのになあ。見切りたいなあ。

『ノアズノーツ』は、ここでは犬のところぐらいしか感想書いていませんが、一通り読んでいました。打ち切りと思われる全三巻での終了ですが、キャラクターの思いを大切にしたいい終わり方でした。最後に一番の当たりが来た。作家の意地を見た気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/10

ジャンプ36・37号感想 Love So Sweet

爆睡した月曜日。別の意味でのんびり漫画読めなくなった(^^;;) そんなジャンプ36・37号感想です。スレッドでつなぎますー。

『Dr.STONE』。改造兵器で突入。懐かしのテーマソングが聞こえてくるようなウキウキ感。(♪ちゃーちゃらっちゃー、ちゃっちゃっちゃー♪)

センターカラー『約束のネバーランド』。さあ、局面変わってきたよ。

『ハイキュー!!』。展開が溜めに入ってると期待感湧いてくる。ひっくり返すのはいつだ。

『ぼくたちは勉強ができない』。後ろからの構図で顔を見せず、ページめくると意外な表情をどん。なかなかの破壊力。

『アクタージュ act-age』。夜凪はキャラ的に珍獣タイプなので、常識人のアキラ君が実は重要なのではないかと思った。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』。かるらのやるせなさ、わかるw

『火ノ丸相撲』。「だから今日からは団体戦」にぐっと来た。

というジャンプ36・37号感想でしたー。合併号ということは、来週は出ないのか。18/8/6

ジャンプ史上最強のヒロイン、レイナさんがどうするのか、大注目だった『火ノ丸相撲』。

前にも書きましたが、戦闘力の話ではなく。

話の本筋にヒロインが絡むことが少ないスポーツ漫画で、これだけ話の中心に来るのすごいということなのですが。

「だから今日からは団体戦」のところで、ほんとにほろりと来ましたよ。

そこにタイトル持ってくる構成もいいですね。

前号の「ワシの相撲で笑顔にしたい」とともに、これでずっと描かれてきた、火ノ丸が自分の相撲で自滅するのではないかという流れに、一つ回答が出たわけで。

横綱が「愛はあるのか」と問いかけていましたが、それにも答え出た。

三日目を終わって一勝二敗。横綱との対戦は終わっているので、他の国宝ががんばって、優勝争いを13勝のラインに持ってこないと今場所での再戦はないわけですけれど、さあ、どうなる。

最新刊の表紙もレイナさんだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/09

COMICリュウ7月分 web移行の印象

『ヒトミ先生の保健室』。そういえばまだ戻ってなかったw 扉の「www」の芸が細かい。そしてラストはサービスも万全。

『モンスター娘のいる日常』。どうなっちゃうのかなと思ったら、ラストページのたくましさw

『推しが武道館いってくれたら死ぬ』。ためらわず買いに行くその姿勢、業が深いw

『クミカのミカク』。最終回。ハッピーエンドでよかった。扱ったメニューは最初と同じだけど、二人の仲が進んでいる、という構図は定番。それが素敵な後味。

『ねこむすめ道草日記』。扉絵の影がいい絵。

web移行したCOMICリュウ。漫画の掲載日がバラバラなので、感想はどのタイミングで書こうかと考えてたのですが、それ以前に大忙し期間で書いてる暇なかった。

ということで、まとめて感想流しました。

最初からのweb掲載ではなく、紙の雑誌からの移行。先月までは違う形で読んでいたので、その違いがおのずと意識されます。

やっぱり、パラ見の機能がないのは大きいですね。とりあえずパラパラっとめくって、目についたやつを読むということが起きない。読むには、大げさに言えば、よし読むぞとはっきり決意して読む。

その分読ませるハードルが高くなるということです。いかにして、読者の目に留まるか。そしてそこで、いかにして読む動機を与えるか。その部分が、ネット上ではやっぱり問題になってくるなあと思いました。

リュウの作家さんでは、橋本花鳥先生が『アルボスアニマ』の続きを自分で出すことにしていたり、web連載に移行した人以外にも気になる動きがあるのです。ある意味変わりつつある出版の最前線。注目です。

お試し版があったので、貼っとこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/03

ジャンプ35号感想 緑谷出久:オリジン

もういくつ寝ると夏休み。漫画ものんびり読めるはずな月曜日。ジャンプ35号感想です。スレッドでつなぎますー。

『ぼくたちは勉強ができない』。文乃さんは微妙な立ち位置を保っているけど、どうなるんだろうか。

『約束のネバーランド』。新しい目標が提示された。これまたすごい難関。

センターカラー『食戟のソーマ』。盛大に勘違いw だんだん今度の敵が見えてきたけど、構造としてはどうするのかな。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』。朧の神速、毎度隅っこの方でたたんでいたり片付けていたりするの好きw

『火ノ丸相撲』。お母さんのメッセージは何だろう。

という短縮版ジャンプ35号感想でしたー。休み、はよはよ。18/7/30

昨日で大忙し期間を抜けて、夏休みに。休みと言っても、自分の原稿の締め切りいくつか設定しているのですが、ただ、時間が自由に設定できるのがありがたい。「疲れてて頭回らないから回復に努める」ができるんですよ。

ということで、疲れた体に鞭打って明日の仕事の準備はしなくていいのだと、漫画読んでました。今週のつぶやきにはなかったけれど、『僕のヒーローアカデミア』を一巻から。おもしろい。

やっぱり、がーっとテンション上がっていくところが、燃えますね。

最近は敵味方の関係が複雑になっているから、なかなかシンプルにがーっと行く展開に持ち込めなくて、大変そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/27

ジャンプ34号感想 愛しているか!!?

暑さにめげてる火曜日。しかも忙しくでじっくり漫画読めない、ジャンプ34号感想です。スレッドでつなぎますー。

センターカラー『約束のネバーランド』。あおりの一言は本当なのかな。

センターカラー『食戟のサンジ』。コラボ企画。タイトルを確認せずに読み始め、「おや、新キャラ」となってしばらくして気づいたw

『食戟のソーマ』。ということで、その後ろに本物が。こちらには本当に新キャラ。どうなるのかな。

『ぼくたちは勉強ができない』。男の子同士ならいいのかw

『火ノ丸相撲』。ジャンプ史上最強のヒロインかもしれない。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』。思ってたよりシリアスな話になってきた。

というジャンプ34号感想でしたー。漫画のんびり読みたいが、ばたばた。2018/7/24

『火ノ丸相撲』のレイナさんから目が離せません。

バトル漫画のヒロインの、実際の戦闘力なのか、ラブコメ漫画のヒロインのかわいらしさなのか。史上最強のヒロインと言っても、最強の定義が難しいので、一概には言い切れないのは重々承知の上。

しかし、話の本題から外れるので、往々にしてヒロインはただの添え物になってしまうスポーツ漫画で、これだけ話を引っ張っていくのすごい。

さあ、どうなるのかな。次週楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/21

ジャンプ33号感想 黄金対談

仕事一つ終わらせた月曜日。けれどやることいろいろある。まずはジャンプ33号感想です。スレッドでつなぎますー。

『鬼滅の刃』。感情の盛り上げ方が、この漫画はほんとにうまい。ラスト2ページ、身震いした。

『約束のネバーランド』。さあ、次はどうなるのかな。

センターカラー『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。ほんと、いつ描いたんだろうw

センターカラー『BURN THE WITCH』。久保帯人先制新連載……かと思ったら読み切りだった。でも完全に第1話の作り方なので、アンケートよかったらそのまま連載なのかな?ちなみにオスシちゃんが死んでなくてよかった。(犬に弱い)

『ぼくたちは勉強ができない』。「きちゃった…おねーさま…♡」かわいいw

『ゆらぎ荘の幽奈さん』。テンポの良い壮大なストーリーw

『食戟のソーマ』。新ボスそう来たかと思っていたら、もうひとひねりあった。作り手の狙い通りに引っ掛かっているw

『火ノ丸相撲』。スポーツ漫画のヒロインは影が薄くなりやすいんだけど、レイナさんはここに来て本当に重要なポジションへ。

というジャンプ33号感想でしたー。図書館に本を返却する任務もあるんだけど、外出たくない暑さ。18/7/16

この号はジャンプ50周年記念号。それで亀有も載っているのです。

50年ってすごいですよね。半世紀ですからね。

漫画を先に読んでつぶやいたので、そちらには書いてませんが、鳥山先生と井上先生のレジェンド対談が面白かったです。鳥山先生ぶっちゃけてるw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧