漫画

2017/07/22

COMICリュウ9月号 色気

近所のスーパーまで買出しに出かけるだけで、暑くて溶けそうになる木曜日。もう出かけないことにして、COMICリュウ9月号の感想です。会話の形でつなぎますので、よろしければどうぞー。

表紙&巻頭カラーで『セントールの悩み』。アニメ化が続くCOMICリュウで、さあ、この作品は。三つ子が相変わらず手厳しいことを言う(^^;;)

『モンスター娘のいる日常』。豪華二本立て、72p超ボリュームとのあおり。ほんとに読み応えあってお得感。

『花やつばめ』。「レトロおねショタ」のあおりに油断して読み始めたら、作家にとっては超つらいことが描いてあって、ダメージを受ける。腕が上がるだけじゃ、だめなんだよ……。

なんか今月、おっさん作家狙い撃ち的につらい言葉が。

『ライアーバード』。さらなるつらい展開の予感。どうなるんだろうか。

センターカラー『フランスはとにっき』。毎週楽しみにしていたはとにっき、これが本当の最終回。後ろチャックからのぞいている目が怖いw

『あせびと空世界の冒険者』。ほんとはすごい技術のはずのデュアルコアシステムで、ポンコツ感が増したw

『クミカのミカク』。はぐれたことに気づく流れの間がいい感じ。そして、さらに増光するところがいいシーン。

というCOMICリュウ9月号感想でしたー。さて、夏の定番、冷やし中華を作ろうかな。17/7/20

いやほんと、狙い撃ちされたかのようにつらい号だった(^^;;)

三つ子達の「ずっとやっているのに当たらないなんて才能ない」とか、まあそれは作中の文脈とは違う話で、僕の被害妄想ですが。

『花やつばめ』の、腕が上がるのと色気が出るのは別というのは、絵だけではなく文章でもあることなので、とてもつらい。

色気なんていう得体の知れないものを追い求め、四苦八苦する姿に、すごく感情移入してしまったのでした。

色気がねえ……あればねえ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/20

ジャンプ33号感想 ワンピース20周年

しゃれになってない猛暑の日曜日。しかし幸いにも本日は家で作業の日。それでもクーラーが負けそうだなあと思いながら、ジャンプ33号の感想です。会話の形でつなぎますので、よろしければどうぞー。

『ONE PIECE』。二十周年記念号で、いろいろな企画が。このテンションで20年は、ほんとにすごい。

『僕のヒーローアカデミア』。こういう覚悟の話はすごく好き。

『約束のネバーランド』。SF的な話になるのかなと思っていたら違った。さらに大きな脱出劇へ。

『鬼滅の刃』。カナヲの心が動いたところがよかった。

『ハイキュー!!』。溜めに溜めるなあ。吐き出される瞬間が楽しみ。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』。「これぐらいの距離が落ち着くのう」の顔がお気に入り。

『シューダン!』。解説オジサン再び。デフォルトなのかw

『ぼくたちは勉強ができない』。上がったり下がったりの二人の対比図かわいい。

『火ノ丸相撲』。「泣いてるじゃないか…」とか、こういう細かいところが気持ちに重みを生む。いい演出。

『腹ペコのマリー』。なんか弾けてて楽しい。

『磯部磯兵衛物語』。藤井先輩、準レギュラー化するのかなw

というジャンプ33号感想でした。さて、そうめんでも食べたいけれど、ゆでるために火を使うと台所が灼熱に。どうしよう。17/7/16

『ONE PIECE』20周年。ほんとにすごいと思います。

20年続けるのだって大変なのに、あの密度。壮絶な仕事ぶりの話も聞くし。

その辺りが記念企画で尾田先生との思い出を語る島袋先生の漫画に、ちらりと書かれていました。

「睡眠時間が二時間を切ると頭が冴えてくる」って。睡眠時間二時間切りが続くと、僕は目が冴えるどころか、小人さんが見え始めたけどなあ(^^;;) ほんとすごい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/14

ジャンプ32号感想 鬼丸国綱と草薙剣、了

今週から7月の残りはかなり忙しい予定。その最初の月曜日、ジャンプ32号の感想です。会話の形でつなぎますので、よろしければどうぞー。

『僕のヒーローアカデミア』。生まれつきヒーローっぽい性格かと思いきや、そうではなかった切島。挫折からどう立ち直ったのか。

『ハイキュー』。握りしめた拳。飲み込んだ言葉。いい溜め。吐き出させるのはいつだろう。

『火ノ丸相撲』。決着。大一番を書き切った感があって、すごくよかった。溜めに溜めた演出がすばらしい。

『約束のネバーランド』。とうとう、世界の謎が分かる? どうなっているんだろう。

『シューダン!』。巨神兵、怪物過ぎるw ボトムスのオープニング、今の子供は分かるんだろか。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』。実際、毎週安定して、エピソードも絵もこれだけ密度上げて描いてるのえらいと思う。雲雀の狭霧コンプレックスかわいい。

『青春兵器ナンバーワン』。タンスの上にサンタ仁王立ちがいい絵だったw

というジャンプ32号感想でした。さあ、忙しいぞ。まず出かける前に作業一つ。17/7/10

『火ノ丸相撲』の大一番が終了しました。

この漫画は基本に非常に忠実で、伏線をしっかり張って盛り上げてきます。この大一番のための長い長い伏線も、すべて使い切りました。

僕はそういう、伏線が収束していって、そこに想いが乗っかっていくお話がとても好きなので、しっかり満足(^^)/

みんなのリアクションをしっかり取って、本人の表情は隠して、溜めに溜めて最後に見せる。とてもいい回でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/07

ジャンプ31号感想 幽奈さん150%擁護派

とうとう今年も半分過ぎて7月最初の月曜日。ジャンプ31号の感想です。会話の形でつなぎますので、よろしければどうぞー。

『鬼滅の刃』。お父さんも、いろいろあった感じ。

センターカラー『食戟のソーマ』。何をもってアフリカンになるのか、気になる。まさか野生肉対決?

センターカラー『約束のネバーランド』。助けかと思えばさらに謎。ぐいぐい引っ張る。

『火ノ丸相撲』。最後の技がこれなのは、ぐっと来る。

『シューダン!』。この漫画、どっちがゴールなんだろう。

『青春兵器ナンバーワン』。「作画労力すら最低限」に笑った。

『ぼくたちは勉強ができない』。目いっぱい平気なフリのあの表情とのギャップ。

というジャンプ31号感想でした。さて、次は何を。17/7/3

上の感想では触れてない話題。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』がジャンプの表紙を飾っていて、それが肌色ばっかでエロいということでツイッター上で批判を受けていました。

僕はあまり感想で触れていませんけど、それは「絵で魅せる」タイプの漫画の感想を文字で書くのが難しいからです。「今週も幽奈さんのおっぱいがもちもちでエロかった」になっちゃうから。

「安定して」エロいことがまず求められているので、いつも同じ感想になってしまう。でもそれは正しいことです。そういう漫画なんだから。

ということで感想書いてなくても毎週読んでます。僕はけなげっ子に弱いという性質があるので、雲雀がかわいいのではないかと思っています。29号の「手作りの価値が暴落したー!!」とか、よかったです。

つまり100%擁護派。いやむしろ「乳首湯気で隠す必要あるの?」と常々思っているぐらいだから150%ぐらい擁護しますよ。

というのはですね、むしろ「エロ規制したらガス抜きできなくなって性犯罪が増えた」という事例があったりするんですよ。

これは昔々から繰り返されている議論なのですが、批判派は結局自分の不快感を小難しい言葉で飾っているだけで、本当の意味では考えていないので、そういう事実を見ることは決してない。

その昔「朝まで生テレビ」で在日アメリカ人が「日本では電車の中で平気でそういう本を開いているが、わが国ではありえない」などと批判していて、「てめえの国は性犯罪天国じゃねえか。むしろ日本を見習えよ(怒)」と憤った記憶があります。

「子供に見せられない」も逆ですからね。性教育成功している国は、忌避感が生まれる前に教え始めちゃう。そうすると、扇情的なものに必要以上に踊らされることがなくなる。性犯罪も減る。

前に表現規制が話題になった時もこの話は出ていたのですが、まったく進歩がなく、同じことが繰り返されるのです。いやだなあ。

人間の尊厳的なものをもっと提供してほしいとか言ってる奴がいて、もう最低ですよ。不快というだけで、根拠もなく他人の表現の自由は尊重しないのに、人間の尊厳なんて奇麗事だ。笑わせる。

しかも、どうせ描いても買わないんだぜ。

このあいだ、そういうテーマのバトル漫画が人気出なくて終わったばっかだしね。

というわけで、僕は前述の通り150%擁護派なんで、これからは意識的に感想書こうと思います。がんばれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/30

ジャンプ30号感想 竜胆、いざ参らん

気がつけば今年が半分終わりそうな火曜日。ジャンプ30号の感想です。会話の形でつなぎますので、よろしければどうぞー。

『約束のネバーランド』。あっちもこっちも謎の人は果たして。

センターカラー『シューダン!』。だんだんチームができていく。地道で楽しい。

『食戟のソーマ』。キャラ解説シーンのところでぽつんと立ってるペンギン君は、あのあと竜胆先輩に食べられてしまったのだろうか。

『火ノ丸相撲』。これもずっと仕込んでいた伏線回収。さあ結果はどうなる。

『ROBOT×LASERBEAM』。帝王変な人だったw

いろいろ追われているのでショートバージョンのジャンプ30号感想でした。やばいよ、トラブルも続くよ。2017/6/27

ペンギン君がマジで気になりますよ。あの流れだと絶対食材だよ。

竜胆先輩は食べてばっかりで、全然料理してるところを見せない人でした。その正体がついに。一番日常と遠い希少食材の人。逆に一番日常なラーメンマスターとの対決はどうなる。

連帯食隙になり、三人同時に対決しているわけですが。

調理の様子を同時並行で描く等、構成の自由度がかなり上がるわけで、その辺りをどう使っていくのか、注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/24

COMICリュウ8月号 冒険者と復讐者

よこなぐりの雨だけど、今日は出かける仕事はオフなので、これ幸いと家でごろごろする水曜日、COMICリュウ8月号感想です。会話の形でつなげますので、よろしければどうぞー。

『ヒトミ先生の保健室』。二転三転する凝った展開に、さりげない巻き戻しのマーク。画面のデザイン力がすごいなあと感心しきり。

『とりきっさ!』。せっかく最初のお客さんを楽しみにしているのに、ひどいw

『姉の弁当』。第21回龍神賞銅龍賞受賞作。よかった。なかなかに味わい深いお話。

センターカラー『ライアーバード』。ほんとにやばい感満載だけど、どうなっちゃうんだろう。

『まめコーデ』。プルプルしている時の犬が、かわいい。マネージャーのいかにもな発言がふきだしごと腐ってて、なるほどいい表現だと思った。

センターカラー『あせびと空世界の冒険者』。新章突入、新展開。冒頭にどこかで見た人達が。ひねくれ者の多いあの船で、素直なつくしちゃんは貴重な人材だったと思われる。

『クミカのミカク』。確かに肉じゃがは胃袋をつかむ気がする。

というCOMICリュウ8月号感想でした。さて、ごろごろとしつつ漫画読んで、ごろごろとしつつ資料本も読んだけれど、そろそろごろごろとしつつは卒業して作業にかかろう。17/6/21

『あせびと空世界の冒険者』の冒頭、つくしちゃんが修行に出かけた船はこちらです。雲形発着場作品リスト。

『クラウディア航行記』は梅木君がコミティアで発表している、同じ世界観の漫画です。現在は忙しくてちょっと中断中。

もともとこちらの漫画を描いていて、それがきっかけでCOMICリュウ編集部とご縁ができ、連載へとつながっていった。そばでそれを見ていたので、作中に登場するのは感慨深いものがありますねー。

いつか、つくしちゃん登場の『クラウディア航行記』が描かれるのでしょうか。それも楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/23

ジャンプ29号感想 鬼丸国綱と草薙剣、覚醒

ようやくコンディションが戻ってきた月曜日、ジャンプ29号感想です。会話の形でつなぎますので、よろしければどうぞー。

『僕のヒーローアカデミア』。前回休載。当たり前に毎週読んでいるけれど、実際には超ブラック労働しないと間に合わないのが週刊連載。過去にいく人も載らなくなっちゃう人が出ているので心配。

センターカラー『シューダン!』。連載第二回。とてもさわやか。でも種は撒かれているような気がする期待感。

『約束のネバーランド』。謎が謎呼ぶ気になる展開。とうとう出てきたよ。

センターカラー『鬼滅の刃』。最初、柱の人達は変な人しかいない印象だったのに、こんな切ない亡くなり方をするなんて。

『火ノ丸相撲』。うう、だからお母さんは反則……。種をまいて育ててきた芽が花開く時。ストーリー漫画の醍醐味。

『食戟のソーマ』。竜胆先輩超気になる。

『ぼくたちは勉強ができない』。うるかちゃんのヒロイン一択がますます強化されていくけれど、もうそれでいいと思う。

『ROBOT×LASERBEAM』。すごい車来た! けれん味たっぷり。

というジャンプ29号感想でした。さて今週はいろいろ原稿進めないと。17/6/19

『火ノ丸相撲』がクライマックスを迎えています。最大のライバルと決勝戦。

かつ、これに勝てば、念願のプロへの道が見えてくる。全てを賭けた決戦です。

その賭けてる全ての中に、己の今までの人生があって。そこに亡くなったお母さんの想いも詰まっている。

泣かせにきやがったなコンチクショウ! という感じで、手のひらの上で転がされています。さあ、決着はどうなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/16

ジャンプ28号感想 ぼくらのフットボールアワー

低空飛行の続く月曜日。ジャンプ28号の感想です。会話の形でつなぎますので、よろしければどうぞー。

巻頭カラー新連載『シューダン!』。横田先生がサッカー漫画で帰ってきた! そしてみちるちゃん先生のだんなさんも帰ってきた! このチーム、監督が当てにならないことは確定だw ネームの安定感はさすが。

センターカラー『約束のネバーランド』。鬼の正体が見えてくる展開になるのかな。この世界はほんと、どうなってるんだろう。

『食戟のソーマ』。出てこいやでドンと見開き。さすがの存在感。

『火ノ丸相撲』。おかみさん出したあとはずるい。ぐっと来た。

という疲労が抜けてないので頭が回らず短縮版のジャンプ28号感想でした。月曜からこれはやばいが、今週さえ抜ければ。17/6/12

ちなみに低空飛行はまだ続いていて、ちょっと高度が上がったかなと思ったら、墜落寸前になったりしています。

蓄積疲労と、あと、近所で工事をしていて、睡眠の質が悪いような気がしてきた。夜型で起きるの遅いので、うるさくて目が覚めている。週末取り返すしかないのか。

頭が薄らぼんやりしていると、アイディア出てこないので作業は滞り、仕方ないので本を読んだり漫画を読んだりなのですが。

横田先生新連載『シューダン!』は楽しみ。地方の普通のサッカー少年団のお話。ネームで読者を誘導していく腕前はさすがです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/10

ジャンプ27号感想 僕は君が

忙しさの続く月曜日。ジャンプ27号の感想です。会話の形でつなぎますので、よろしければどうぞー。

『約束のネバーランド』。見つけた本がガイドブック。謎解きの要素を交え、冒険物のパターンも面白い。

『鬼滅の刃』。煉獄さんがー!思いっきり奇人でキャラ立てておいて、そこから感情移入させるのうまい。

『食戟のソーマ』。さて第三戦はどういう意味付けにするのだろうと思っていたら、そういう展開ではなかったw 次に司先輩出てくるとしたら、新十傑が盛り返す回になるのかなと思うけれど、どうなるだろう。

『火ノ丸相撲』。相撲は勝負時間が短いので、大一番も長く引っ張る盛り上げ方が使いづらく、どう濃縮するのか注目。

『左門君はサモナー』。最終回。終わりへの流れだなあと思って読んでいたけど、やっぱりだった。テンポのいいネームが好きでした。お疲れ様でした。

『ROBOT×LASERBEAM』。さあ試合。定番をきちんとたどって作られていて、ここからブーストがかかるか注目。

『磯部磯兵衛物語』。悪代官の悲哀シリーズ好きw

次回予告に横田先生の名前。楽しみ。

というジャンプ27号の感想でしたー。忙しさでダメージが蓄積しているのだけど、そこにこの間痛めた背中のダメージも乗っかってきてつらい。17/6/5

ちなみにこのツイートに続くのがこちら。

そういえば、漫画の電書シフトがうまくいってる中で、既刊一気買いが大きいみたいだけれど、売れ方の変化が描き方に影響及ぼしたりするだろうか。連載はその時を最大化する描き方だけれど、全体のまとまりが評価されるようになったりするだろか。

超人気作から搾り取れるだけ搾り取った結果、すごい尻すぼみで終わってたりするじゃないですか。

『左門君はサモナー』終了で、ふと思ったのでした。

展開的には「あれ、終わるのかな?」と予感があって。やっぱりだったんですけれど。

けっこうきれいに終わっていた。いい終わり方。

出版不況という名の構造変革の中、漫画はちょっと光明さしていて、電子書籍の売り上げが伸びて紙の減少をカバーできそうな感じになっています。その中で、既刊のまとめ買いがかなりあるそうな。

基本的に絶版、欠品がなく、物理的なスペースも取らないという電子書籍の利点が、プラスに作用しています。

そうなったときに、「パッケージとしてきれいにまとまっていて、読後感がいい」というのは評価ポイントになるのかな、と思った次第。今までの漫画は連載時のその場その場の人気が全てに近かったけれど、終わってからの再発見があるのなら、変わってくるのかもしれない。

個人的には、むしろそういう作品の方が好きなので、これは願望に近いんですけれど。

何はともあれ、沼駿先生お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/02

ジャンプ25・26号感想 疲れで出てこない

今週は二週分のまとめです。まずは先週。

感想は下書きしてから流してるんだけど、それの保存に失敗し、書いたものがなくなったー。それでもめげないジャンプ25号感想です。会話の形でつなぎますので、よろしければどうぞー。

『約束のネバーランド』。「特殊な設定で人が死ぬ漫画」って、外の世界と隔絶していることが多いんだけど、この漫画はそこへ突っ込んでいく模様。ほんとにどうなっているんだろ、この世界。

『鬼滅の刃』。呼吸超便利、それを使いこなす柱はすごくて、それでも倒せない上弦はもっとすごいという構図。炭治郎は、はたしてそこまでたどり着けるのか。

『火ノ丸相撲』。対照的な二人は集中の仕方も対照的。以前の描写を下敷きにしているのがまたよい。さあ、結びの大一番、軍配はどちらに。

『左門君はサモナー』。間髪入れずの「ダメだったよ」に笑ったw そして「あの子が幸せなら何もいらない」にぐっときた。緩急、間の使い方が抜群で、さすが。

『食戟のソーマ』。やっぱりもう一オチあるみたい。なんだろう。

という、ジャンプ25号感想でしたー。やること重なりすぎ。本を抱えながらPC作業。17/5/23

そしてこちらが今週。

忙しさが続く火曜日、ジャンプ26号の感想です。会話の形でつなぎますので、よろしければどうぞー。

巻頭カラー『火ノ丸相撲』。さあ、始まった。前回対戦からの成長を見せれば、当然相手も成長している。どうなるのか。

『約束のネバーランド』。考えてみたら当然なんだけど、舞台が屋敷の外になったら、話の構造が変わって見せ場も変わる。どうなるのか楽しみ。

『磯部磯兵衛物語』。そうそう、ブランクがあると腕が動きを忘れるよねと、漫画の狙いと違う感想。

という、疲れで感想が出てこない、短い版ジャンプ26号感想でしたー。まだまだ続くんじゃよ。17/5/30

疲れて感想出ないぐらいならいいけど、自作のアイディアがまとまらないのは、とても困る。

『約束のネバーランド』の新展開は、読み味変わって冒険物っぽくなって、どう受け取られるか気になりますねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧