創作活動

2022/01/02

クローン04第8話と紙本セール

さて、昨年の振り返り記事でガンズの更新をできるかどうかに今年の評価がかかっていると書きましたが。

ぎりぎり更新できましたよ!

『銃と宇宙 GUNS&UNIVERSE』に『クローン04』第8話「プリンの日」を公開しました。

シロウの食堂の住み込み店員として働いているリンスゥ。仕事に慣れてきたはずが、わかってきたのは自分の不器用さ。クローンは神経系統に刷り込みがなされた状態で出荷されていたので、自分がこんなにドジで使えないとは思ってもみなかった。周りに迷惑をかけまくり、すっかり落ち込むリンスゥは、それでも優しい周りの人たちを不思議に思うのだが……。

エピソード的には幕間劇に見えますが、これはテーマとつながる話。こいつをきれいに落とせるとお話として成功ということになるのですが、さてどうなるか。がんばります。

そしてお知らせ。電子版紙版を発行しているBCCKSさんで、新春紙本セールが始まります!

紙本がお得になって最大15%引き! 電子版も一緒についてきます。1/2 18:00から1/18 18:00まで。この機会に是非ご利用ください。以下3点を発売中です。

リトル・ビット・ワンダー1』 かわせひろし著

アンナ・アップルトンの冒険』 かわせひろし著

太陽のホットライン』 かわせひろし著

| | コメント (0)

2021/11/25

不謹慎ピクニック

『銃と宇宙 GUNS&UNIVERSE』にSFショートショート『不謹慎ピクニック』を掲載しました!

先日のコミティア、文フリで出した新作SFショートショートです。持続可能社会を作りあげた近未来のお話。不謹慎な車で、不謹慎なピクニックに行くのです。

「さあ、行くぞ!」
 お父さんがうれしそうな顔でイグニッションキーをひねる。最初きゅきゅきゅと音がしたあと、ぶおーんとエンジンがふき上がる。
 その音を聞いてにこにこ顔のお父さんに対して、となりの助手席のお母さんは少し顔をくもらせている。
「こんな日にピクニックだなんて、不謹慎だって思われないかな」
 それはぼくも同感。後ろの席から窓の外を見る。確かに雲一つなく晴れ上がった空はピクニック日和に見えるけれど、視線を落として地上の他の状況を考えたら、ふつうは遊びに行くような日じゃない。
「でも、家にいても仕方ないだろ」
 お父さんがすぐに、お母さんのつぶやきに反応する。ここで、やっぱりやめましょうという話になったら、お父さん的には大ピンチだからだ。元々お母さんは乗り気じゃなかった。お父さんがいろいろ言いくるめて、ようやくこの予定が立ち上がったのだ。
「今日は暑くなるっていう予報なのに、エアコンが全然使えないんだぞ。電気が来るのは早くて明日だっていうし、一日ずっと家の中で暑いのをこらえてるつもり? 車ならエアコンが効くし、山の上に行けばすずしいんだからさ」
「そうだけど……」
 お母さんはそれでもしぶい顔。やっぱり、ご近所の目が気になるのだ。その通り、庭の片付けをしていたお向かいの田中さんが、うちの車のエンジン音に気付いてこちらを見て、ちょっとおどろいた表情をしていた。
 お母さんが頭を下げて挨拶した。田中さんの家は屋根が飛んでしまっていて、大きなブルーシートでおおわれていた。庭にもいろんな物が飛び散っている。特に大きいのは、屋根から落っこちたソーラーパネル。バリバリにくだけて、ぺしゃんと曲がっている。
 今日の空が、絵具をばーっと流したような、きれいな一面の青に染まっているのは、台風一過だからだ。
 昨日の台風はそりゃあひどかった。びゅうびゅうと風の音がひびき、ガタガタと雨戸は鳴り、家はぎっしぎっしとゆれた。そして晩御飯を食べ終わった後、いきなりばつんと真っ暗になったのだ。テレビはつかない。パソコンもダメ。かろうじてつながったスマホで、どうやら広い範囲に停電が起きたとわかった。
 しかたないので懐中電灯の灯りで歯をみがいて、さっさと寝ることにしたのだけれど、ぼくんちも飛ぶんじゃないかとドキドキして、なかなか眠りにつけなかった。幸い、うちには車用の大きなガレージがあったので、庭にあった風に飛ばされそうな物は、事前に全部そこに押し込んであった。みしみしときしんでいた屋根もなんとか無事。ほとんど被害はなく、どこからか飛んできた木の枝や葉っぱが庭に散らばっていたぐらいで、それはお父さんが早起きして、さっさと片付けてしまっていた。
 お父さんは昨日の夜、停電になって、どうもすぐには復旧しないということを知ったとたんに、この計画を立てた。
 確かに通り過ぎた台風が連れてきた南の温かい空気のせいで、今日はめちゃめちゃに暑い。まだお昼前なのに、もう軽く三十五度を超えている。いくら家の中が日陰だとはいえ、エアコンなしで一日過ごすのはつらい。
 その点、エンジンをかけてエアコンを効かせはじめた車の中は、とってもすずしくさわやかだ。
 へえへえと舌を出してへばっていた犬のチャビも、ぼくのとなりですっかり回復。気持ちよさそうにシートに寝そべっている。確かにチャビのためだけでも、車で出かけるのはいいことかもしれない。茶色いもさもさとした毛におおわれているチャビは、夏の暑さにとことん弱い。夕方でも暑いうちには、散歩に連れていこうとしても根が生えたように動かない。じゃあ今日は散歩なしね、と言い聞かせても知らんぷり。そのくせ次の日朝早く、すずしいうちに散歩に連れていけとぼくを起こしに来るのだ。
「よし、行こう」
 エンジンを温め終わって、お父さんが出発を宣言した。お母さんの心配を断ち切るように、ギアを入れアクセルをふむ。車はぐいと進みだして、ガレージから車道に出た。田中さんだけではない、ご近所の人はみんな、会うと必ずおどろいた顔で車を見つめる。
「本当にこの車目立つね」
「めずらしい旧車だからな」
 ぼくの感想にお父さんが答える。その声はとてもほこらしげにはずんでいる。
 そう、この車はとても古い。亡くなったひいおじいちゃんが、若い時に奮発して買った輸入車だ。ひいおじいちゃんはこの車を大切に乗り続けた。息子のおじいちゃんはあまり車に興味がなかったけれど、孫のお父さんが引き継いだ。ふだん使いの車の他にもう一台入る大きなガレージを立て、お休みの日にはせっせとメンテナンスしている。古い車は部品がなかなか手に入らないとぼやいている時も、うれしそう。
 ホットハッチっていう種類の車の草分けなんだぞと、お父さんがぼくに教えてくれた。赤い塗装に黒のライン。大小四つのまんまるなライトが、今の車にはないかわいい感じ。車の後ろの部分までルーフがおおっていて、お尻が大きい感じなのもかわいらしい。お父さんほどじゃないけれど、ぼくもこの車が好きだった。小さいころにぼくのつけたあだ名がゴルちゃん。

有料頒布したものなので、最後のオチの所を有料設定にしてあります。『銃と宇宙 GUNS&UNIVERSE』は、月100円で過去作も読み放題と大変お得な設定になっておりますので、ぜひどうぞ。

| | コメント (0)

2021/11/24

第33回文学フリマ東京

第33回文学フリマ東京でした。

短期間にイベント二つ、間に仕事は生活リズム的に大変。

ただ、がんばったかいあって、成果はなかなか。

webでの読者との出会いについて、よくこのブログで触れてますけど、それはリアルイベントでも同じで、重要なテーマです。漫画だと表紙絵が入口になりますが、さて文章物ではどうかと考えて。

目を引くコピーとか、ポップとか作って、中身への導線を作らなくてはと、いろいろ工夫していて、それの効果が出たのが、今日のハイライト。

もう片付けに入っていて、本はしまって、ポップだけ残ってた。そこに通りすがりの人が、ポップが目に止まったようで、「この本、まだ買えますか?」と声をかけてくれたのです。お買い上げ、ありがとうございます!

工夫したことの成果を感じることができて、最後の最後で今日一の満足感を得たのでした。よかった。

| | コメント (0)

2021/11/22

COMITIA138

本日はコミティアでした。

コロナ対策して開催されるイベントに、慣れてしまった感じがあるのですが。

欧米でワクチン打ったら元に戻していいんだとばかりに対策怠ったら、またまた感染大流行。医療パンクしそうなところも出てるので、当分元には戻せない可能性大。

イベントも完全に元には戻せないとしたら、継続性的に大丈夫かな。ずっと心配しております。

コミティアには創作の熱に当てられにいくという目的もありまして、そちらの成果はかなりのものでした。熱に当てられると、アイディアぽんぽん出てくるのです。『キャプテン・ラクトの宇宙船』単行本用おまけ漫画、『マルくんのおことわり』の今後の展開、その他もろもろ。

ただ、最近スマホのバッテリーが弱ってきた感じ。作業していて残り時間が気になりました。交換時?

| | コメント (0)

2021/10/31

クローン04 第7話

『銃と宇宙 GUNS&UNIVERSE』に『クローン04』第7話「なかなかの器量」を公開しました。

リンスゥの製造元『華東生物科技』。この地の裏社会にクローンを卸している。そこの新商品が九十六号。さらに極限まで感情を抑制した戦闘機械。今日も任務をこなすクロサキと九十六号のもとにリンスゥの手掛かりが届いて……。

今回はリンスゥ側の話はなくて、全部クロサキ側となっています。向こうの事情がちょっと見えてくる感じ。

ここからだんだん2つの流れがより合わさって、お話が進んでいきます。ちょっと構成し直した方がいい感じなので、ここから正念場です。うまくテーマが浮かび上がるようにしたいですね。

| | コメント (0)

2021/10/28

コミティア&文フリに出ます

11/21(日)のCOMITIA138と11/23(火・祝)の第33回文学フリマ東京に出ます。

コミティアは11/21(日)11:00~15:00東京ビックサイト青海展示場A・Bホール『K12a かってに応援団』。

文フリは11/23(火・祝)12:00~17:00東京流通センター第一展示場『オ22 かってに応援団』。

大忙しです。

どちらにも新刊を出すのはガンズの更新もすることを考えるとスケジュール的につらいので、共通の新刊としてSFショートショートを一冊作る予定。ちなみに文フリはお隣が波野さんのSFオルタニアで、SFショートショートの募集をしていました。面白そうと思ったのですが、前記の理由で応募を諦めました。身体は一つ。企画はたくさん(^^;;)

ショートショートのアイディアは、ちょうど昨日思いついたところ。まだストーリーには落とし込めていないので、それを今週来週ぐらいでなんとかしたいです。

| | コメント (0)

2021/09/23

ガンズのガン子ちゃん更新

『銃と宇宙 GUNS&UNIVERSE』に、このあいだのコミティアで出したガン子ちゃん漫画を載せました。

『火星Gゴーホーム』。1p漫画。

『GはグレートのG』。4p漫画。

コピー誌でお安い本でしたが、一応お値段ついてましたので、4p漫画の方は途中から有料設定になっております。

『銃と宇宙 GUNS&UNIVERSE』定期購読は、月100円で過去作も読み放題! つまり一月分払って全部読むという、お得な裏技も可能ですので、ぜひお試しくださいませ<(_ _)>

ちなみに漫画のタイトルは、言わずと知れた名作SFからですね。はたしてGとは何か!(だいたい予想つく)

| | コメント (0)

2021/09/21

コミティアでした

コミティア137でした。

余裕があったはずなのに原稿がギリギリになって、出かける前に製本していました。反省。

反省点もう一つは、ガン子ちゃんの漫画を描いたのに、ガンズの宣伝を入れ忘れたことです。ガン子ちゃんはもともとガンズのマスコットキャラクターとしてデザインしました。いまいち宣伝まで手が回ってないなあと思って、今回漫画を描いたのに、それで宣伝入れ忘れるなんて痛恨のミス。『ガンズのガン子ちゃん』というタイトルが意味不明に。余裕を持って作業しないからー。

ガンズの見本チラシと並べておいたけど、気づいてもらえただろうか(+_+)

会場全体の雰囲気について。見渡すと、サークルの出席率がよくない感じ。だいぶ感染者は減ってきていますけど、デルタ株の影響でしょうか。見合わせた人が多かったのか。ソーシャルディスタンス的にはばっちり。前後左右、全部お休みだったのです。

お客さんも、もともとコロナ対策で人数制限しているので、とてものんびりムードでした。

ただ、これでイベント的には続けられるのかなと、このあいだコロナ禍の記事でも書きましたけど、ちょっと心配です。日本のワクチン接種は、生産国に輸出を止められて出遅れたのですが、現在世界最速を争うペースで接種しており、逆転しそうになっています。これで集団免疫ができて元に戻れたらいいんですけど、それが厳しそうというのもこのあいだ書いた通り。大丈夫かな。

| | コメント (0)

2021/09/17

コミティア準備中

なぜ宿題と締め切りは、余裕があると思っていても結局ギリギリになるのでしょうか。

月曜日のコミティアの準備中です。コピー誌を作ろうとしているのですが。

余裕があったはずなのに、すっごい遅れていますよ?

まあ原因はわかっていて。余裕があるもんだから、ちょっと新しいことに挑戦してみようと、いつもと違うやり方をした結果、めっちゃ時間がかかったからです。本番で試さないで普通にやればよかった。

とにかくあともうちょっと(のはず)なので、がんばります。

| | コメント (0)

2021/09/01

クローン04第6話

『銃と宇宙 GUNS&UNIVERSE』に『クローン04』第6話「彼女が私で、私が彼女」を上げました。

仕事に少しずつ慣れ、この店のことがわかってきたと感じていたリンスゥ。けれどまだまだ知らないことがあった。ある日、閉店間際にやってきた青年が、リンスゥの知らなかったマリアの過去を浮き彫りにする。それは想像を超える過酷なもので…。

推敲に手間がかかる状況は続いています。6月は更新を見送って漫画を上げ、7月は30日、そして8月は最終日。

9月はもっと余裕を持ちたいですねえ。

『マルくんのおことわり』の続きも進めたいんですよね。時間がもっと欲しい。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧