創作活動

2019/09/01

天下統一!完結!

24時間で完結させたぞコンチクショウ!

美少女ポンコツくのいちドタバタコメディ『天下統一!』、全12話で完結ですよ!

久々の修羅場はマジでつらかったですわ。朝の7時から夜の11時過ぎまで、16時間ぶっ通し。音読しながら最終推敲と校正だったのですが、1日中ずっと声出して読んでたら、最後ろれつが回らなくなりました。疲れたあ。今年の夏は濃かったなあ。

ヒロインのしのぶちゃんがちょっとポンコツで、純情恥ずかしがりやで、もじもじごろごろしているのは、最初にキャラ立てた時からなのですが。

お母さんが書きながらどんどん化け始めて、「あれ、これ、ダブルヒロインじゃね?」というぐらいに活躍したのは予想外。お母さんの青春で一本書けそう。

そんなくのいち2代にわたる物語、ぜひお楽しみください。

もうとにかくのんびり風呂入る!

| | コメント (0)

2019/08/31

天下統一!連載開始

美少女ポンコツくのいちのドタバタコメディ『天下統一!』カクヨムに連載開始しました!

修羅場と言っているのはこれのことですよ! 

第8回角川つばさ文庫小説賞」に応募したいのです。締め切りは8/31いっぱい。つまり、ここから24時間で完結しないといけないんですよ!

さあ、はたして間に合うのか!

ちなみに修羅場過ぎて、サッカー新潟戦の偵察ができていません。前見た時には、フランシス選手がやばかった印象。

修羅場の最中にレイソルが負けると、メンタル大ダメージだから、ぜひとも勝ってください!

| | コメント (0)

2019/08/26

COMITIA129

COMITIA129でした。久々に出ました。

そして文芸カテゴリーで出たのは初めて。

ぎりぎりと言ってたぐらいなので、ほんとに何も用意できず、ありものかき集めて並べただけでしたけど。

レイソルサポーターの方に『太陽のホットライン』をお買い上げいただきましたよ! ありがとうございます! 柏レイソルをモデルにした、柏レイスターズが出てくる少年サッカー小説です。よろしければぜひどうぞ。各電子書店にも配信中です。

そして帰ってきたら、レイソル快勝で大満足(^^)/

そちらの感想は明日。

| | コメント (0)

2019/08/23

コミティアもぎりぎり

COMITIA129に出ます。8/25(日)11:00-16:00 東京ビッグサイト青海展示棟A・B、『129Q20a かってに応援団』です。

大忙し期間だけど、ちょうどここがお休みでした。当初ラッキーと思っていたのですが。

週半ばにして、体力的にぎりぎりな感じが漂っていますよ。

乗り切って、無事会場にたどり着けるでしょうか。

| | コメント (0)

2019/07/05

マルくんのおことわり第4・第5話

『マルくんのおことわり』第4話と、第5話を更新しました。

マルくんが、思い出のスフレオムレツを作ってもらったり、綿菓子食べたり、さらにマイラに甘えたくなってべったり抱きついたりするのが第4話。素直になりすぎてしまったマルくんが天使すぎて、お姉さんたちがめろめろな回です。

そこから打って変わって、このお話の根幹の対立構造が出てくるのが、第5話。マルくんの両親の死は権力争いに巻き込まれた果ての謀殺。ただし、それだけではない秘密の匂いもします。大人たちの心配をよそに、マルくんの心配事は昨日の失態。特に寝ぼけてナーナを「お母さん」と呼んでしまったのは恥ずかしすぎるのです。

べったりあまあまな日常と、陰に潜む深刻な話の対比で展開を考えていて、少しずつ振れ幅作っていきたいと思っています。

転換点のエピソードはもう思いついているんだけど、どこに持ってくるか。詰将棋みたいでなかなか難しいですね。それが面白いんだけど。創作の醍醐味。

| | コメント (0)

2019/05/16

ガンズ6号発行しました!!

『銃と宇宙 GUNS&UNIVERSE06』発行いたしました!

『キャプテン・ラクトの宇宙船』第3話を載せています。小さな男の子がロボットたちと宇宙へ飛び出すお話ですが、ではそもそも主人公のラクトくんは、なんでそんな無謀なことをしているのか。原因となった事件ついて振り返る回です。どうぞお楽しみください。

ということで告知を済ませたら。

ここからは反省会。

いやもうホント、連載だと言ってるのに間が空きすぎてしまって、お待たせしましたと言えないレベル。待ってくれてると思うなんて傲慢で、そんな奇特な方がいらっしゃるなら涙が出てしまうレベルです。

もともとこうして雑誌を作っているのは、月刊群雛のコンセプトを継いで、無名の作家でも集まってワイワイやっていたらちょっと目立てるのではないか、という狙いなのですが。しかし現在の状態では、そういう効果はイマイチ見込めません。

次回はぜひとももっと早く出したいですし。さらには、普段からもっと読者の方と接触できるような、別の企画も考えております。

ほんとにね、なんとかしないとね。

| | コメント (0)

2019/05/07

マルくんのおことわり第3話

『マルくんのおことわり』第3話公開しました。

近日公開が、まさか翌日だとは思うまい。というか、がんばった。ゴールデン・ウィーク中にここまでは出したかったのです。

自分だけに秘密があって、仲間外れにされ、ふてくされて寝てしまったマルくんの見た夢は、この町に来る前の悲しい思い出。母がなくなり天涯孤独に。そしてこのまま一人になるのかと不安に思っていた時に起きた、みんなとの優しい出会い。どうぞお楽しみください。

打ち合わせに持ってく企画のラフ案もできたので、ゴールデン・ウィークにやりたかったことの半分は終わった形。挿絵はこつこつ描いていくとして、次の企画のプロット進めたいと思っていたんだけど、考えたら、打ち合わせの結果次第でスケジュールが変わるので、次の企画に手を付けられるかどうかわからないことに気づきました。

忙しくなってくれたほうがいいんですよねえ。さてどうなる。

プロットは、代わりにマルくんの先の話の分を組んでおこう。

| | コメント (0)

2019/05/06

マルくんのおことわり第2話

『マルくんのおことわり』第2話公開しました。

昔ネームで描いたお話をセルフ・ノベライズしてみたのですが、特に第2話が、絵で迫力が出せない分、だいぶ加筆することになって、先に出したネームとはずいぶん雰囲気変わってきました。

さて、わざわざセルフ・ノベライズなんてことをしたのは、この先の続きのため。

僕はお話考えると、たいてい妄想が先走っていって、読み切り企画のはずなのに連載のオチを考えているとかいう状態になりがちなのですが。

当然描く場を与えられないから、そういうアイディアは死蔵し続けているんですよね。でも、自分も年齢重ねてくると、ほんとに死蔵したままリアルに死んじゃうな、ということが想像できるようになってきて、これは死ぬ前に吐き出しておかなければと。

このお話も先々の山場を思いついているので、がんばってそこまで吐き出したいと思います。第3話も近日中に。

| | コメント (0)

2019/04/09

マルくんのおことわり 第1話

『マルくんのおことわり』第1話更新しました。

こちらはこのあいだpixivに上げたネームのノベライズとなります。お姉さんたちが男の子に、ちょっとゆがんだ愛情を注ぎまくるファンタジーです。

この作品の最初の構想時期はずいぶん前で、下手すると十年越しぐらいになるのですが、当初から、最後の方で書きたいシーンというのがあったんですよね。最近の僕のテーマは、「頭の中にあるものは、どんどん書いて全部出そう」なので、そのシーンまで書いて出したいなと思ったのです。

ただ、漫画で描くと時間的に厳しそうなので、セルフ・ノベライズ作戦で。次の第2話までが公開済みネームのノベライズ、それ以降が新作部分になります。とりあえず第3話までは手を付けていて、ここまではさくさく出したい。

それ以降のペースは他の仕事次第なのですが、年内10万字ぐらいは行きたいなと思っております。毎月1話ぐらいでけっこういいところまで行ける?

どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/17

狸取れず

つばさ文庫は二次通らず。

狸取れなかったー。

人生は厳しい。

常に厳しい。

厳しさしかない。

そんな気分になるわけですけれども。

結局やれることは、自分のレベルを上げる、自分を変えてゆくということしかないわけで。頑張らねばなりません。

さて、これをきっかけに考えてみると。

自分には越えなきゃいけない壁があって、そこをまだ超えてないんだなと感じます。

一応、漫画でデビューして一度は連載もした。小説家としてデビューもして、本も出た。

でも、その次。次の壁に引っかかっている。

ここを越えるためにどうしよう。

しかも、セルパブの動向を見ても、同じ課題が現れているなと思うのです。単純に言えば、売れる匂いとも言えるし。魅力の作り方、出し方とも言える。その作品を読む動機と言えるかもしれない、そんな部分。書き手の立場から言い表してみると、読者を、より引っ張り込む力とでも言えましょうか。

考え方としては、作品のベクトルを変えるという方法と、よりエネルギー密度を高めるという方法があると思われるのですが。

ベクトル変えて対応する方法の方が一般的かと思えるにけれども、僕の免疫細胞が拒絶すると言いますか、いつもやろうとしては失敗していて、できるならとっくの昔に書いている。

なのでもっと密度を高めて、引っ張り込む引力を増やすという作戦かなと思います。

ちょうど今ひとつ執筆中なので、ここから変えていこう!

問題は悩んでいても解決しない!

対策を考え、常に動く!

move!move!move!

その先にしか解決はないのであります。

以上かわせ二等兵から戦況報告でした。(戦う気力をむりやり回復)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧