創作活動

2017/09/19

カクヨムweb小説コンテストの矛盾と現実

カクヨムの第3回Web小説コンテストが開催されるということで、募集要項が発表されたのですが。

そこにかなり突っ込んだ要望が載っていると話題になっていました。

それがさもありなんな矛盾に満ちていて、ちょっと興味深かったのです。

まず、「はじめに」で「本コンテストでは、既存のシーンや過去の作品で確立された世界観やお約束、物語のテンプレートといった流行に囚われることなく、新しい時代とジャンルを切り拓くような作品やクリエイターが集まることを期待しています。」とあって。

ずっと読んでいくと、その下に募集部門があるのですが。

最初の募集が異世界ファンタジー。

おや?

そして今回話題になっていたのは、その募集部門の欄の中に、協力しているレーベルの編集部から「こんな作品を求めている」という詳しい希望が書いてあるところで。

異世界ファンタジー部門最初の一行目は、要約すると「10代少年主人公のチートもの」。

ん?

何に囚われないんだっけ?

その後も既存のよくわかる流行のものと、逆にそうではない新しいものを求める要望が混じり合っていて、なかなか混沌としていました。

ちなみにこれを、悪いことだと思ってはいません。

きれいな建前と現実が違うなんてことは、大人の社会では当たり前のことです。売れるんだからしょうがないだろというところ。

実際、そういう見たことないものを書いたとして、見たことないのは需要がないからだとなったりもしますし。

新しすぎて読者が受け取れない場合もあります。機動戦士ガンダムは最後打ち切りで、人気出たのは再放送から。宇宙戦艦ヤマトも同じく打ち切り。スタートレックも当初は振るっていない。映像作品は作るの大変だから再放送される機会があるけれど、小説だと絶版したまま終わった作品あるんじゃないかな。

なので、「そうなっちゃうよねえ」(苦笑い)という感じで眺めていたのでした。

さらに、どうせここまでやるなら、どこの編集部からどの要望が出ているのか、レーベル名も明かしちゃった方がいいのではと思います。

そしたら、そこの作品を読んで、どういうことを言ってるのか、より深く理解することができるので。

既存の流れのものを言ってる場合には、そこで流行っているものを見れば、こういうところがツボなんだなと勉強になりますし。

逆に今までにないものを求めているレーベルだと、この流れに将来の行き詰まりを感じているから違うものがほしいんだなと分かります。

僕が今まで打ち合わせしてきて一番困ったパターンは、「好きなように描いてきてください」と何でもありみたいなことを言われ、好きなものを持っていったら「こういうのはウチのカラーじゃないので」と言われるパターン。

好きなものをくさされるから、ダメージ大。しかも双方時間を無駄にしています。要望があるならはっきりしておいた方がいいのです。

実際この辺りは書き手にとっても悩みどころなので、どういう辺りに落ち着くのか、注目です。

誰か知ってる人、チャレンジするのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/13

ガンズメンバー情報と太陽のホットライン

止まってしまっているガンズ進捗状況ですが。

もとより僕はガンズを、作家同士の互助的な、緩い運動体のハブとして定義しているので。

みなさんが活躍できていれば、それがガンズを通して広がるので、OK(^^)/

現在ガンズ界隈で目立っているのは、このあいだも取り上げました、米田さん、らせんさんのトークメーカーでの活動です。とうとう月間ランキングに登場!

この記事を書いてる時点で、米田さん5位、らせんさん7位です。

これの何がすばらしいかって、月間ランキングは最初に表示されるんですよね。

ネット書店でも投稿サイトでも起きてることですが、ネット上では一覧性が悪いのでトップに表示される作品に流入が集中し、売れてるものがより売れるというサイクルが発生しやすいのです。

「売るためにはランキングに入ることが重要です」「どうすれば入れますか?」「売れることですね」という、コントみたいなことが語られたりします。

その最初のハードルを超えたわけで、今後の展開に注目なのです。

さて、みんなががんばっているのだからと刺激を受けるのも、ガンズ活動のいいところ。僕の方はといいますと。

こちらもこのあいだ書きましたが、『月刊かわせひろし』はじめました! 第一弾は『太陽のホットライン』です!

ただ、これは『月刊群雛』で一度連載しており、もう読んだという人もいると思うので。

9月末にちょっと提出物があるのですが、それを済ませたら、次作投入準備を。

みんなに負けずにがんばりますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/08

月刊かわせひろし計画と太陽のホットライン

月刊かわせひろし計画を再始動させますよ!

第一弾が『太陽のホットライン』ですよ! 第一章は無料公開!

それは昨年のことでした。

もっと露出を増やさないといけないと思った僕は、月刊群雛を中心に、この計画をスタートさせました。毎月何かを発表する。それが月刊かわせひろし計画。

おりしも群雛のレギュレーション変更があり連続掲載が可能になって、前半は順調に進んでいたのですが、残念なことに群雛が休刊。夏以降はガンズを出すぞとなってうやむやに。

しかし、ガンズの活動を続けている中、他の人たちがすごく書いているんですよね。先日そういう記事を書きましたけれども。

雑誌掛け持ちだったり、投稿サイトに出していたり、他にどんどん発表していて。商業チャレンジ作品の推敲が滞った上に、仕事も忙しくなってペースダウンした僕とはえらい違い。

セルフパブリッシングに量は重要という記事も見かけたり。とても反省しているところ。世に作品を問わなければ、作家なんて存在していないのと同じです。

ここは計画を再開させねばならないと!

そういう決意なのであります。

ということで、投稿サイトnoteに定期購読マガジン『月刊かわせひろし』をつくりました。

毎月100円ぐらいならかわせの創作活動そのものを応援してやってもいいぞという方がいらっしゃいましたら、ぜひよろしくお願いいたします<(_ _)> 毎月最低一話で、さらにもうちょっと更新したいなということなので、その分お得になると思います。

『太陽のホットライン』単品で買いたいという方も、単話でお求めになれます。キャリア決済にも対応しているサイトですので、スマホ等で簡単にご利用できます。

まとまっていた方が読みやすいという方には、単行本。最終回後にBCCKSでまとめる予定です。BCCKSアプリで読める他、各電子書店にも配信します。

第一弾は『太陽のホットライン』、続く企画に、SFショートショート『リトル・ビット・ワンダー』とか、未発表のSF『キャプテン・ラクトの宇宙船』などなどを予定しています。

ぜひお読みください。ご購読お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/06

ガン子ちゃんと仕込みいろいろ

ガン子ちゃんのカットを描いております。モノクロ版がこちら。

Gunko20170905b

これをいろいろ使う予定。

さて昨日の仕込みの話でいうと。

ガン子ちゃんは『GUNS&UNIVERSE』のマスコットキャラクターなので、舞台設定はSF。しかもUNIVERSEですから、宇宙ものです。

科学ニュースは追っていて、と昨日書きましたが、その中でも最近気になるのは、惑星科学です。子供のころ、スペースオペラが大好きだったのですが、あのころよりずっと科学的知見は増えていて、面白い舞台が考えられそう。

キャプテン・フューチャーでは、各惑星に生命があって、冥王星人とかいましたけれど。

そんなのいるわけないという時代を経て、スノーラインの外側の氷の天体でも潮汐力なんかで熱が生まれて地底に海があり、生命がいるかも、という話になっています。

エンケラドゥスの間欠泉から、地下の魚がピュッと吹き出していたら、楽しいなと思うのです。そんな感じの愉快な漫画を描く予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガン子ちゃんと仕込みいろいろ

ガン子ちゃんのカットを描いております。モノクロ版がこちら。

Gunko20170905b

これをいろいろ使う予定。

さて昨日の仕込みの話でいうと。

ガン子ちゃんは『GUNS&UNIVERSE』のマスコットキャラクターなので、舞台設定はSF。しかもUNIVERSEですから、宇宙ものです。

科学ニュースは追っていて、と昨日書きましたが、その中でも最近気になるのは、惑星科学です。子供のころ、スペースオペラが大好きだったのですが、あのころよりずっと科学的知見は増えていて、面白い舞台が考えられそう。

キャプテン・フューチャーでは、各惑星に生命があって、冥王星人とかいましたけれど。

そんなのいるわけないという時代を経て、スノーラインの外側の氷の天体でも潮汐力なんかで熱が生まれて地底に海があり、生命がいるかも、という話になっています。

エンケラドゥスの間欠泉から、地下の魚がピュッと吹き出していたら、楽しいなと思うのです。そんな感じの愉快な漫画を描く予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/05

仕込みいろいろ

原稿の推敲を進めつつ、その次に向けて、仕込みも行っています。資料読み。

ほんとはこちらの企画を9月に間に合わせようかと思っていたのですが、土台がもろいなと感じたので、基礎固めをしっかりしようと方向転換しました。

昨今の環境から思うことなのですが。

情報がSNSで広まるようになったので、ものの売れ方もちょっと変化しています。アンテナ張っている人が情報を探し出し、最初の火を付ける。つまり、好きな人にまず拾ってもらわないと、スタートが切れない。

好きな人はそのジャンルに当然詳しいので、生半可では、おっと思ってもらえない。土台になる知識、そこの場の呼吸。そういうものをつかんでいないと、なかなか難しくなっています。

サッカーとか科学のニュースは普段から追っているので、そっちの方なら作品に関連することをちょこっと調べればいいけれど、そうじゃないジャンルはがっちりいかないと。調べて知ったことで世界が広がることもありますし。

今回は現代劇なので、舞台は身近なところ。そこに乗っかるアイディアの土台固め。すでにいくつか、調べたことで増えた見せ場とかがありますよ。がんばって読もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/04

らせんさん米田さん一位を争う

ガンズ仲間の神楽坂らせんさんの最新作、『もしも敬虔な女子高生が〈神は死んだ〉のニーチェ作『ツァラトゥストラ』を読んだなら』が、投稿サイト、トークメーカーで掲載しょっぱなからデイリーランキングの一位を争っています。

がんばれー(^^)/

こちらは話題になりました、長い歴史を持つキリスト教専門出版社のキリスト新聞社と組んだライトノベル新人賞に参加している作品でもあります。書籍ラインナップ見るとガチの出版社だけど、どれぐらいのお遊びまで許してくれるのでしょう。そういうところでも興味しんしんです。

トークメーカーには米田さんも『鉄研でいず! 2017年、新たなる旅立ち』を連載していまして、こちらはちょうど先日完結していました。後日談的な何かを書くかもしれないとのこと。星が100個ついてる!

そしてさっきガンズコンビでデイリーランキングのワンツーだった模様! すばらしい!

さらには、にぽっくめいきんぐさんがカクヨムの日帰りファンタジー短編コンテストに挑戦していますね。『ラノベは異世界転移するのに俺は行けないのです。』

にぽさんも次々と作品を発表していて、しかも常に課題を意識し、前進しています。がんばれー!

僕は以前から言っているとおり、ガンズを「そこで完結しているパッケージ」ではなく「ゆるい運動体」だと考えています。作家が集まって作る雑誌なわけだし、雑誌の囲いの中に作家が入るんじゃなくて、作家の一部がガンズなのです。

だからこういうふうに、いろんなところに出て行って、そこで新たな読者層を開拓するのは、大賛成。ここからガンズも読んでくれる人が出るといいなあ。

さて、そしたら人にがんばればっかり言ってないで、自分はどうなのか、ということになるのですが。

みんなとちょっと違うところを考えていて、そちらはウェイティング中。

9月の締め切りは一つ確定。

11月に一つ考えていて、今日はそれの台割りを作ってました。作業日程確認しないと。

みんなに負けず、僕も進みますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/03

二学期とガンズ進捗状況

9月になりまして、いわゆる二学期となりました。

僕の夏休み大作戦は一つ悲しい結果が出てしまいました。けれど、まだまだくじけるわけにはいかないのです。

ということで、色々と仕込みを進めているのですが。

返事待ちの案件が一つあって、なかなか返ってきません。

こちらの準備は万端です。早くGOサイン出ないかな。うずうず。

一学期は仕事に追われて創作活動がさっぱり進まないという事態におちいったので、時間の使い方をうまくして、なんとかしたいと思います。毎月締め切り作るぞ、ぐらいの気合いはあるんですよ。

さて、ガンズの進み具合の方ですが、こちらも諸事情によりパタッと止まっております。一つ動けばすぐ出ると思うので、少々お待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/17

滞っているガンズ進捗状況

このあいだの進捗報告記事は「もうそろそろかもなガンズ進捗状況」でしたが、滞っております。

僕は本日からまた仕事に忙殺される時期になるので、その前に出したかったのですが、間に合いませんでした。

とりあえずできることだけ終わらせておきましたよ。自分が書かなきゃいけないものは終わってるはず。

他にも忙しい人がいて、見通し立っておりません。ううむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/11

表紙描けた

『太陽のホットライン』の表紙を塗ってました。

Taiyo_coverb

ちょっと計画していることがあって、先方に問い合わせを入れたのですが、返事が返ってきません。

もしかして世間はすでにお盆休み……?

実行にはちょっとかかるかも。

ということで、とりあえず単行本化計画がありますよという予告だけしておいて、次の計画に進みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧