サッカー

2018/01/24

柏U-17vsトッテナム 何とか逃げ切り

アルカス・インターナショナル杯2018、柏U-17vsトッテナムは3-2!!

今年もやってまいりました、カタール、アスパイアアカデミーでの国際大会。ネット放送で観戦できるのです。英語解説ですが、レイソルのサッカーをすばらしいとほめてくれてるっぽいです。

昨年もいた、現地日本人と思われる子供たちのかわいい応援団も健在です。

ネット時代だなあと思うのは、「柏から世界へ」の手作りうちわを持って応援してくれていること。チャントもいくつか覚えてくれているようです。僕は子供のころ一時期クウェイトに住んでいましたが、日本の情報なんて何日か遅れでやってくる新聞と、何冊かの雑誌ぐらいしかなかったよ。テクノロジーの進歩が世界と人を密接にしているなと実感します。

さて試合のほうは、まず序盤、いきなりの圧力にさらされます。相手左サイドの14番のドリブルがぜんぜん止められません。背番号が新しくなっているのでHPのプロフィールと違うのですが、どうも後ろ半分には新高1が多い模様。つまり現状中学生。やばい。

何とかそれをしのいでいると、序盤ちんちんにやられていた右SBの前田君が大仕事をやってのけます。鋭いアーリークロスをゴール前に送ると、これがハンドを誘発。PK獲得!

これを右サイドの細谷君が決めました。引っ張りそうなフォームで逆に蹴るの、けっこう高等技術では?

ウチが先制すると、トッテナムはさらに攻勢を強めます。囲んでいるのに相手10番に一瞬の隙からポスト直撃のきわどいシュート打たれ、ひやっとしたかと思いきや。やっぱり囲んでいるのに、8番に打たれたシュートが足に当たってコースが変わり、同点。しょんぼり。

後半に入って、やはり相手の攻撃をしのいでいると、すばらしい追加点が生まれます。うまく抜け出した中盤の清水君が、足元に飛び込んでくるGKをふわりと浮かしてかわすビューティフルゴール!

しかしここからがいただけません。せっかく後方でのビルドアップを鍛えに鍛えているのだから、ここが出番のはず。じらすように回して、相手の疲労を誘えばいいのに、余裕なくどんどん蹴ってしまいます。結果片っ端から引っかかり、逆襲を受ける展開に。

しかも後半開始からちょっと気になっていたのが、少しふわっと入っていたこと。前半よく走っているなと思った中盤が、若干プレスバックが緩くなっていました。懸念は当たり、中盤が空いているのに一発アタック、かわされてバイタルががら空きに。

すいすいと運ばれると、防波堤を失ったバックラインはずるずると後退、プレッシャーがまったくかけられず、スルーパスを通されます。追いつかれたー。

やばい、このまま逆転されるのかと真っ青な状態を救ったのは、交代で右サイドからトップに入っていた、先制点を決めた細谷君でした。

ゴール前で細かくつなぎ、ペナルティエリア内でボールがこぼれます。細谷君はこれをかっさらって、右へ流れながらGKをよく見て逆サイドへ! 決勝点!

このあとゴール前大ピンチが続き、アディショナルタイム長げーよ! はよ、笛吹け! と冷や汗たらす展開をしのいで、逃げ切り成功です(^^)/

次は中一日でパリ・サンジェルマン。ここも勝ちたいですねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/22

2018年レイソル妄想

恒例の今シーズンの妄想をする時期がやってまいりました。

しかし今年はですね、ACLプレーオフに向けて、もうキャンプに入っていて、紅白戦もこなしており、妄想度合いとしては少なめなのであります。

ということでまずは並べてみましょう。

どん!

     クリスティアーノ
        (瀬川)

ハモン     中川     伊東
(山崎)    (江坂)    (澤)

    ボギョン    大谷
    (栗澤)    (細貝)

ソギョン  中山  中谷  小池
(亀川)(ジョンス) (鎌田) (今井)

         中村
        (桐畑)

とりあえず去年のメンバー優先でスタメンを組む、ACLプレーオフ向けの予想です。やり方わかってるメンバーで組むことは可能。ちょっと安心。

そしてプレーオフを勝ち切ると、超過密日程が待っています。W杯もあるから、ぎっちぎちになるのです。ここでどんどん選手を入れ替えて、疲労を最小限に抑えたい。そのためには新メンバーがすばやくフィットしてくれることが重要です。大丈夫だろうか。

選手補強が新潟&大宮からが多いのは、新潟は一昨年吉田サッカーを経験していること、大宮は昨年伊藤監督がパスサッカーをしようとしていたということで、比較的フィットしやすいからだという説がありますが、ほんと、そうなってほしい。

ということで、各ポジションを見ていきましょう。

まずはFW。

クリスティアーノさんが、得点王を取りたいと言っている記事を読みました。ぜひ! ぜひとも取ってください!

江坂さんが昨年大宮でこのポジションを務めていたので、こちらで出番があるかもしれません。というか、一応去年の形で並べたんだけど、紅白戦を見てると、もしかして今年は2トップ?

攻撃的MF。

今年一番の問題は、武富君の穴を埋められるかどうかだと思うんですよ。

昨年の妄想記事を見ると、インサイドハーフに得点力がほしいと書いていて。それを武富君が実現してくれました。終盤の怪我がなかったら二桁得点濃厚の活躍。ポジショニングよく狭いスペースでボールを引き出しターンができて、運動量多く、そして得点力までついた。脂の乗る年齢になってさあこれからが楽しみという時に、浦和に強奪された。

今年は更なる得点を求め60点が目標となれば、当然この穴は埋めないといけない。

その一番手が江坂さんです。予想では中川君を書きましたが、紅白戦ではすでにスタメン組で出ていて、ポジション取りそうな勢い。大宮で過去2シーズン8点7点と取っているから、フィットさえしてくれたら計算立つし、二桁は十分いける。

もちろん中川君がもうひと化けしてくれてもいいのです。昨年の中川君を見ていて、すごくうまくなった印象があります。後は点取るだけだ! がんばれ!

そして澤さんの活躍が楽しみ。ベテランのひと化けはあるか!?

山崎さんも実績としては移籍組の中では一番なので、とにかくフィットしてくれれば。

あと紅白戦の記事を見ていて気がついたのですが、一本伊東君とハモンさんの並びを左右逆にしたセットがある。中に切れ込んで利き足でシュートが打てる並びで、これはちょっと面白そう。

ボランチ。

まずは計算できる人だけで並べてあるのですが。

小泉君が結構評価高そう。

そして、復帰してくる手塚君がポジション取り返せるかどうか。ここはすごく重要です。手塚君がここに納まれば、ボギョンさんを一列前で使えます。怪我の可能性など考えると、前に若干手薄感があるので、早く戻ってきてほしいです。

DF。

昨年の妄想記事で、右SBが「?」になっていて、僕が不安を吐露していますが、それは小池君がばっちり埋めてくれました。今年は更なる進化を期待しています!

今年は左SBが注目で、亀川君はフィットしたらソギョンさんと激しい競争になるのではないでしょうか。

そしてさらに注目はCBです。一応中谷君をスタメンに入れましたが、昨年終盤の鎌田君の活躍はすばらしかった。ベテランになっても新しいサッカーにフィットできるんだという意地を見せてくれて、感動さえ覚えました。ここの競争に注目です。

GK。

中村君で磐石なのですけれども。

今年の大注目は、中村君がロシアW杯に行けるかどうか。そしてそこでピッチに立てるかどうか。このあいだのE-1選手権で、三番手キーパーまでは行けたんじゃないかと思うんですよ。そのさらに先。ピッチに立ちたい。序列をひっくり返したい。

そのためにはシーズン序盤に目の覚めるような大活躍が必要です。まずはACLフレーオフです。がんばってー!

とにかく今シーズンは、まずはACLプレーオフ。そして勝ったらやってくる、W杯と合わせた超過密日程。とにかくフィットをすばやくしたいのと、体力作りもそこそこにすぐに戦術練習に入ったことによる息切れ不安を、うまくマネージメントしていかなくては。

困難を乗り越えた先に、連続ACLとか、Jリーグ優勝とか、さらにはACL優勝とか、結果がついてきたら最高です。

ぜひ見たい! よろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/20

U-21vsウズベキスタン 大惨敗

AFC U-23選手権2018中国準々決勝、U-21日本代表vsウズベキスタン代表は0-4。

大惨敗です。前半シュート一本も打ててないんですよ。

U-23の大会にU-21で出ているというのはあるんだけど、それでも残念な結果です。

古賀君が先発だったので、大喜びで見始めたのですが。

古賀君もいいプレーもあったけど、対面の選手にやられて失点しているし、むむー。

この経験を糧に成長するしかないですね。がんばって!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/18

U-21vs北朝鮮 一位で突破

AFC U-23選手権2018中国、U-21日本代表vs北朝鮮は3-1!!

グループリーグ一位突破!!

二連勝で突破は決めていての三戦目。日本はコンディショニングも考えて、メンバーがらっと変えてきました。

古賀君が左CBでフルタイム出場ですよ!!

守備はそつなくこなしていたと思うんだけど、二点先行して迎えた後半、相手の圧力にチーム全体がばたばたしてしまい、それもあってウチの売りであるはずのビルドアップで引っかかってしまっていたのは残念。

そこから失点したし。ただ、あれはオフサイドではないのか。

チーム全体としては、試合運びには若さを見せて、そこは課題です。でもメンバー換えしてもしっかり勝ち切れたのはいいこと。

この後はトーナメント。過密日程では層の厚さも重要で、チーム力で勝ち上がっていきたいところ。

古賀君にもまた出番がほしいなー。ほしいなー。(大切なので二度言う)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/15

U-21vsタイ グループリーグ突破

AFC U-23選手権中国2018、U-21日本代表vsタイは1-0。

展開的には前節同様。ポゼッションするけれども、立ち上げ間もないチームは連携不足で、シュートはあまり増えずに、カウンターを食う。

ただ、積極性という点ではだいぶ改善されていて、この試合は先発となった1トップ田川選手、左アウトサイド遠藤選手、そして後半になると右アウトサイドの藤谷選手の仕掛けが目立ちました。

でもやはり、得点が取れないといやな雰囲気。そこで決勝点を決めたのは、板倉選手。二試合連続の殊勲です。

これで日本は二連勝。内容的には課題が多いのですが、グループリーグ突破を決めました。

これで次、古賀君に出番あるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/12

U-21vsパレスチナ とりあえず勝ったけど

AFC U-23選手権中国2018、U-21日本代表vsパレスチナは1-0!!

しかし勝ったけれども、結成間もないチームは課題山積みな感じでした。

前半は完全にポゼッションで支配。先制点は川崎の板倉選手。CBでしたが、するすると持ち上がると、パスを出しリターンを受け、そのままミドルシュート。マークのずれに相手が対応し切れていない隙を見逃しませんでした。ナイスプレーです。

しかし他は低調。楔のパスが少なく、裏走りも少なく、推進力が出ないのでシュートの本数が増えません。

後半になるとむしろパレスチナのチャンスのほうが増え、「ポゼッションはしてるけど」な、よくないパターンの試合となりました。

そんな中、後半途中から入った鳥栖の田川選手は、裏を取る意識があり積極的で目立っていました。アピールで一歩リード。

さて、ウチから選ばれてる古賀君は、この試合、出番はなかったのですが。

見ててふと思ったのがシステムについて。

森保監督は広島でも使っていた3-4-2-1を採用。これ、いいと思うんですよね。ペトロヴィッチ監督が広島で披露して以来、日本では結構はやってて、慣れてる選手は多い。それに対して世界ではそんなに見かけない印象なので、ギャップを突けるのでは。

そのときに、この試合は、普通の3バックでビルドアップしていたのですが。広島式に攻撃時ボランチ落とし4バックはしないのかな? もっとギャップが作れますよ。

何が言いたいかというと、あれをやるためには攻撃力のあるCBが左右に必要なんですけど、ほら、古賀君が! 古賀君がCB、SB両方できますよ!

さらに言うと、現在はJリーグでお疲れの選手を呼んでいないのですが。

フルメンバーになったら、当然中山君も呼ばれると思われるのですが、中山君も! 中山君もCB、SB両方できますよ! しかも左利き!

さらにさらに言うと、落ちるボランチは、板倉選手がCB、ボランチ両方できるではないですか。今呼ばれてないけど、福岡から海外移籍した冨安選手もできるし。

というわけで、ぜひとも試してみてください。お願いします<(_ _)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/10

移籍いろいろ 7 さらに加入

移籍加入のお知らせが続々と。

大宮から瀬川選手の完全移籍加入。

群馬→大宮→柏の流れは江坂さんと同じですね。

昨シーズン、ウチとの対戦で得点しています。これが評価されたのでしょうか。

ぜひがんばってほしいです。

新潟から山崎選手が完全移籍加入。

実績は十分、かねてからいい選手だなーと思っていました。いらっしゃいませー!

ぜひ活躍してください!

ここまで加入を見ていると、運動量とスピードのある選手が多い感じですね。2018年型レイソルはどんなふうになるのでしょうか。

とにかく、フィットの素早さが重要です。みんながんばってー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/08

移籍いろいろ 6 加入もあります

出ていく話が続きましたが、移籍加入もあります。

亀川君が福岡から完全移籍加入。

輪湖君と交換トレード? 

リオ五輪代表左サイドバックでした。ドリブル突破が魅力です。

J2の試合を見たときも、いい働きをしていました。ぜひ頑張ってほしいです。

江坂さんが大宮から完全移籍加入。

噂を知ったのが大津君移籍と前後してほぼ同時だったので、どっちの話が先かはわからないけど、そこで入れ替わるのかと納得してたのです。

大宮では今年CFでしたが、運動量があってどちらかというとサイドタイプではないかと思うので、タイプ的にも納得。がんばってください!

パク・ジョンス選手がマリノスから完全移籍加入。

ついこの間も対戦しました、188cmの大型CB。クリスティアーノさんとやりあってましたね。

今年正直CBに手薄感はあったので、ACLを控えて、頼もしい補強だと思います。

ただ、ウチの場合、後方からのビルドアップにフィットできるかどうかが鍵。さあ、どうか。

ということで、出ていった分、補強で入ってきたのですが、とにかく心配は、ACLプレーオフがあるために準備期間が短く、チームにフィットするのが大変だろうということ。ただでさえ手間のかかるサッカーをしているので。

すばやくフィットしてほしいです。ここが今シーズンを左右するポイントだと思うな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/06

移籍いろいろ 5 武富君まで

武富君が浦和へ移籍。

これは全然納得していないですよ。

レンタルから帰ってこれるのか、かえってこれないのか、やきもきとしながらずっと気にしていて。

ようやく帰ってきて活躍し、今年は怪我がなければ二桁いってたんじゃないかという脂ののったこの時に。

こんな唐突な最期?

まったく納得できていません。

本当にがっかり。

あと本格的に心配になってきたのが。

うちのコンセプト、トップアカデミー貫体制は、要するに時間を味方につけて成熟を武器としようということで。なのにACLプレーオフがあって、キャンプの期間が短く新戦力を融合させる時間がない状態で、こんなに入れ替わりが激しい。もう一人抜けたらヤバいと思う。

という気分だったので、えー、これで今日ブログ書くのと、テンションかなりのがた落ちだったのですが。

ちょっといいニュースもありました。

加藤望氏ヘッドコーチ就任!

望さんが帰ってきたよ!

僕のようなオールドファンにはとても懐かしい名前です! お帰りなさい!

こういう人の縁がうれしいんですよね。

というわけで、なんとかブログを書くモチベーションを上げてここまで書いて、今日はおしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/05

移籍いろいろ 4 ACLは大丈夫?

大津君がマリノスに移籍。

ディエゴさんの時と同様で、こちらも噂を知った時に仕方がないかもなと思っていたのです。出番が少なかったから。

期待されて復帰して、でもなかなかコンディションが上がらず、せっかくポジションを取ったと思ったら怪我など不運続き。あまり活躍せず去ることになってしまって、とても残念です。

天皇杯ではさすがに疲労がたまっている伊東君と交代、そこで出てきてさすがの切れ味。やっぱり力あるな、伊東君が疲れているなら先発でも良かったかなと思わせました。マルティノス選手が引き抜かれるという話のマリノスが、目をつけるのは納得。

しかし、ACLが元旦まで決まらなかった結果、ディエゴさん、大津君と先発でもおかしくない二人を失った前線はちょっと手薄感が出てきました。まだある噂がどうなるか。他にも補強くるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧