サッカー

2022/01/22

なでしこvsミャンマー 後半に改善

AFC女子アジアカップインド2022グループC、なでしこ5-0ミャンマー!!

W杯予選も兼ねているこの大会、初戦は結果的にはいい形で滑り出しました。

結果的に、と書いたのは、前半は少し問題ありだったからです。ポゼッション率68%、22分に先制点、被シュート0というところはよかったのですが、シュート数19本で枠内は3本、それで1得点というのはシュート精度にちょっと難ありな感じ。

サッカーはもともと点が入りづらく、力関係と結果がひっくり返りやすいので、決められる時に決めておかないと怖いのです。

けれど、その点は後半に改善されました。開始早々にさくさくっと追加点を重ね、シュート19本、枠内8本、精度が改善された結果4得点。被シュートも前半に引き続き0本と文句なし。

いい形の得点ばかりでしたし、代表初ゴールもポンポン生まれてますし、とてもよかった。

エース岩渕選手がコロナ陽性で隔離されているそうなのですが、無症状なので期間明けの復帰は可能。グループリーグはこの調子で勝ち進んでいって、復帰を迎えたいですね。

| | コメント (0)

2022/01/16

移籍動向その5 とりあえず

レイソルの移籍動向まとめ第5弾。新体制発表会があったので、これでとりあえず今季スタートですね。

山下さん、セレッソ大阪へ移籍。

山下さんは古巣に復帰。こうして呼び戻してもらえるのは、良好な関係が築けていたということでしょうね。いいことだ。

対人の強さとベテランらしい落ち着き。とても頼りになりました。対戦することがあったら、お手柔らかにお願いします。

鎌田さん、SC相模原に移籍。

レンタルだった鎌田さんは買取で相模原に完全移籍です。

今年の相模原は注目です。山口から田中陸くんと沖田くんも移籍してきています。レイソルゆかりの選手が多く集まってきました。多分結構チェックすると思います。がんばって!

菊池さんはFC岐阜へ移籍。

菊池さんの移籍先も決まりました。よかった。

岐阜にも結構ゆかりの選手が集まっているので、みんな活躍してほしいです。がんばれ!

| | コメント (0)

2022/01/12

移籍動向その4 年明けから

年明けからの移籍動向まとめです。スケジュールとしてはそろそろチームが始動するので、補強はだいたい打ち止めでしょうか。

イッペイ君、アルビレックス新潟に期限付き移籍。

大宮での様子を見ていたら、大活躍するんじゃないかなと期待していたのですが、いまひとつフィットしきれず一年過ぎてしまいました。残念。地元選手なのも期待値大きかったのになあ。

能力的には十分だと思うので、ぜひ新潟でがんばってください!

菊池さん、栃木SCへの期限付き移籍終了。

菊池さんは福岡、栃木とレンタルで出していたのですが、いまひとつ活躍しきれてません。

力は充分にある選手だと思うのですが。次はどこかな。

田上さん、アルビレックス新潟へ移籍。

レンタルの形で出ていた田上さんが完全移籍になりました。新潟では昨年はちょっと出番を減らしましたが、重要な戦力として認めてもらえているということですね。

今年もがんばってください!

杉井君、AC長野パルセイロへ移籍。

レンタル終了後、契約更新がなかった杉井君ですが、次のチームが決まりました。よかった。

長野はイメージ的にポゼッション寄りで、タイプ的に合っていると思われ。うまくフィットするといいな。

桐畑さん、FC岐阜への期限付き移籍延長。

桐畑さんのレンタルは続行。

岐阜ではしっかりポジションを取っていました。今年もがんばって!

J2、J3の試合を今年も見ると思うんですけれども、誰かを武者修行で出すというのはもうないのかな。

| | コメント (0)

2022/01/03

移籍動向その3 去年の分

本日は、年末ばたばたしていたのでまとめ切れていなかった、移籍動向の残りです。

まずは続報。

峻希さん、V・ファーレン長崎へ移籍。

契約満了のリリースが出ていた峻希さんの次のチームが、長崎に決まりました。よかった。

クリスティアーノさんといっしょなので、また右サイドでコンビを組むかもしれませんね。がんばって!

お次は年末のレイソル振り返り記事でも触れました。瀬川君、湘南ベルマーレへ移籍。

うそやろ!?とこのオフは何度言ったか。

ほんと、前線を担っていた人たちが片っ端から移籍していってて、めっちゃ心配なのです。まじで攻撃は一から構築になりそう。

さて、そんな状態のときにやってきてくれたのがドウグラスさん。神戸から移籍加入。

前線の人たちがどんどんいなくなる中、実績十分の人がやってきてくれました。攻撃陣の軸になる存在です。

偵察していて、特にクロスに対するヘディングの強さが印象に残っています。サイド攻撃に活路を見出す作戦かな?

そしてそこに小屋松さんが鳥栖より移籍加入。

左サイドのスピードスターがやってきました。スピード生かしてカウンターの先鋒となり、サイド突破もできるタイプ。

ドウグラスさんとかみ合ってくれたら、すごい武器になるはず。がんばって!

さて、年明けまして、この後もあるのかな?

| | コメント (0)

2021/12/30

2021年のレイソル

毎年恒例振り返り。いやもう今年はとにかく辛かったですね。

ちょっと良くなるのかなと思ったら、また崩れるの繰り返し。何度も起きたので、メンタルがごりごり削られました。

この記事を書こうとシーズン前の僕の妄想記事を読み返したのですが、期待がことごとくかなってなかった。これまた悲しい。

攻守ともに課題があったのですが、一番問題だと思っていたのが、オルンガさんの抜けた穴。結局埋まりませんでした。

J2で20点以上取っていた呉屋さんはJ1でも2桁いけるはずだと思っていたのですが、どうも微妙なところでフィットせずに、結局大分に移籍。

コロナ禍による入国制限で合流が遅れたハウルさんは、フィットしそうだと思ったところで、噂では監督ともめて、これも移籍。

一人でオルンガさんの28点分を埋めるのはきついので、さらに2シャドーの得点力アップを望んでいたのですが、江坂さんはシーズン途中の移籍。クリスティアーノさんの2桁得点もかなわず。

これだけなかわなかったら、そりゃ苦しい。

オルンガさんという、ロングカウンター最強の人材がいなくなったので、攻撃をもう少しポゼッション寄りに修正しなければいけないという課題は、試合内容を見ているとある程度達成されていました。終盤のゲームでは結構いい形の崩しも。やっぱりフィニッシャーの問題。

さらにシーズン後、攻撃をになっていたクリスティアーノさん、仲間君、神谷君がそろって移籍。移籍のまとめ記事は今度になりますが、瀬川君の移籍も発表されました。結果にはまだつながっていないけど積み上げてはいた、そんな分もなくなった。今年分の積み上げはご破算で、来年またゼロから。本当にめっちゃつらい。

来年どうなるのかなあ。

| | コメント (0)

2021/12/27

移籍動向その2 入れ替わり

移籍や新加入の発表が続いています。来年のチームはどうなるのか、ドキドキしながら発表を送っています。

筑波大学から森君が新加入内定。

アカデミー卒の森君が筑波大学を経ての帰還です。めでたい(^^)/

ちょっと驚いたのが、まだ3年生だということ。今季の関東大学リーグで22試合14得点と、得点ランキングトップタイという活躍。それで1年早い加入となった模様です。めっちゃ期待感はありますね。

滝本君、FC今治に期限付き移籍。

猿田君、柏レイソルに復帰。

修行に出ていたGK猿田君が帰ってきて、入れ替わりでGK滝本君が修行に出るという展開。

滝本君が出てたら今治の試合を見るので、ぜひポジション取ってください!

猿田君は怪我があったりで、あまり試合経験を積めなかった感じ。レイソル帰還ということで、ここでがんばってほしいと思います。

神谷君、清水エスパルスへ移籍。

このニュースを見たときには、嘘でしょうとびっくりしました。仲間君がすでに発表されていたので、攻撃的ミッドフィルダーが2枚もいなくなる。

二人とも試合にはしっかり出ていたので、ポジション的に手薄になってしまうのではないかと心配していたところ、次の発表が。

中村慶太選手、移籍加入のお知らせ。

ポジション同じで、交換トレードという形になりました。清水の偵察で見ていて、いいドリブルを持っていた印象。

千葉県出身で、通っていたクラブを見ると大網白里市。高校は流通経済大学付属柏ということで、ご当地選手強化という流れになっています。それは大歓迎。ぜひぜひ活躍してほしいです!

さて、この記事の最後はどでかいやつ。

クリスティアーノさんがV・ファーレン長崎へ移籍。

最終節の試合後涙していたので、覚悟はしていたのですが、やっぱり寂しい……。

前線を大きく入れ替えることになったわけですけれども、大丈夫かなあ。

| | コメント (0)

2021/12/20

移籍動向その1 めっちゃ悲しい

冬は別れと出会いの季節。オフシーズンになりまして、選手の移籍の話がニュースになっております。第1弾は、悲しいお知らせが多かった感じです。

杉井君、契約満了。

去年今年と、武者修行の様子をずっと追ってたので、とても悲しい。やっぱり、ポジションを取り切れないと難しいですね。

性格的にはポジティブだし、めげないし、しかもそれがプレーによく出ていてわかりやすく、とても応援したくなるタイプなのですが。

どこか別のチームに決まるといいな。

峻希さん、契約満了。

大南くんの右サイドへのコンバートが、かなりいい感じだったので、右SBがちょっとだぶつき気味になったのはどうするのかな、とは思っていました。

まだまだ働けると思うので、こちらもぜひ次のチームが決まってほしいです。

ヒシャさんはセアラーへ完全移籍。

ヒシャさんは契約満了から古巣に復帰です。

ものすごい献身性と強烈なボールハンティング。最初は日本の判定基準に苦しんでいましたが、それにも対応。中盤で本当に頼れる存在でした。

お世話になりました。さみしくなるなあ。

仲間君、鹿島へ完全移籍。

うそやろ!?

酒井君が浦和とか、仲間君が鹿島とか、アカデミー卒の選手の活躍が見たいのにライバルチームに取られてしまうの、めっちゃ悲しい。

つらい。

岩下航選手、熊本から完全移籍加入。

すっかり悲しくなっていたところで、ようやく新加入のお知らせです。いらっしゃいませ!

左SBということで、チーム事情に合ったいい補強ではないかと思います。古賀君がすっかりCBに定着したので、左SBが三丸さんと大嶽君だけになり、ちょっと手薄感が出ていました。

ぜひぜひ活躍してください!

他の人はどうなのかな。気になってることがあるんですよね。

| | コメント (0)

2021/12/13

最優秀育成クラブ賞

今季のJリーグアウォーズで、柏レイソルが最優秀育成クラブ賞を受賞しました!

湘南ベルマーレと同時受賞。初受賞となります。おめでとうございます!

ただ、受賞の理由に今一つよくわからないところがあります。トップチームに上がった選手の活躍によるみたいなのですが、もっとアカデミー卒の子を中心にチームを作っていた時もあったわけですし、なぜ今年初めてなんだろう? よそのチームに出ている選手の分も考慮しているのでしょうか。それなら酒井君に加え、中谷君が日本代表で試合に出場したりしています。

というふうに、不思議だなあと思う部分もあるのですが、ウチの育成が評価されたのは素直にめでたい(^^)/

ただ最近ちょっと気にしているのは、育成の仕上げの部分です。戦力化する最後のところで、ちょっと工夫が必要なのではないかと思います。

これはよそのチームでも起きていることだと思うのですが、高卒でトップチームに上がった場合、なかなか出番がもらえず伸び悩むケースが見られます。それに対して、高校3年の時の評価ではトップチームに上がる子より下の評価で大学に進学したけれど、そこでしっかりと出場機会を得て能力を伸ばし、大卒でプロ入りして逆転するケースがかなり見られます。

さらに言えば、近年下位カテゴリーからの移籍が活発になり、無名だった選手がJ3、J2で力をつけて、J1でも活躍。古橋選手のように海外でも活躍するようになりました。隠れた才能を広くすくい上げているという点では素晴らしいことですが、ユース代表に選ばれていたような才能あふれる子が簡単に追い抜かれているのは、痛しかゆしです。

やはり、その世代でトップクラスの才能を買ってトップ昇格させた子なのだから、しっかり最後にひと伸びさせて、戦力としたいところ。

うちは観客動員的にはあまり芳しくなく、スポンサー収入は日立グループだからということでもらっている部分が多いので、予算をドカンとつけて飛び抜けて勝つという戦略は望みづらい。それを考えても、育成がしっかり回っていて結果が出ているというのを、もっと生かさなくてはいけないと思うのです。

J3にU-23が参加できるの、いいなあと思ってたんですけど、なくなっちゃったんですよね。代わりにエリートリーグという任意参加の育成の場ができてますが、せめてそれに参加するか。あるいはもっと計画的に武者修行に出すか。来年はどうするのかな。

| | コメント (0)

2021/12/12

J2J3観戦記 来季はどこに

今季最後のJ2J3観戦記です。ちょっと複雑な状況になっております。

まずはずっと追ってきたJ2山口。

監督交代があってから陸君はほとんど出番がありません。週中の開催でターンオーバーを採用したと思われた試合にだけ出場。他はベンチ入りもなし。シーズン終了後に退団が発表されました。監督により選手起用の基準は違うとはいえ、その前までは順調に出場を重ねていたので、ここまで極端なのはなかなか見ない。いったい何があったのでしょう。

来季はどこに行くのかな。もしかしてがあったら、うれしいけれど。

浮田君もベンチ外が続いたまま終了。2年目は19試合440分2得点にとどまりました。来季は活躍できるでしょうか。

さてJ3鳥取の杉井君はどうなったかというと。チームでは最後にかけていい形で終わりました。

202J3第28節、鳥取2-1今治。

第26節、27節とベンチに入ったけれども出番なく過ごしていた杉井君。この試合から3バックの左CBに入ります。CBですが、わりと高い位置に上がってきてボールを扱うシーンがありました。

7分、上がっていってマイナスのパスをダイレクトミドルシュート。これは惜しくも外れます。

得点に絡んだのが55分。高い位置にフォローに入りボールを受けて前線へ楔のパス。これはカットされて通らなかったのですが、石川選手が奪い返して左へ。魚里選手がえぐってマイナスのクロス、田口選手が決めました。こちらが先制点です。

高い位置にいた分、裏のスペースを取られることもあったのですが、しっかり戻ってきカバー。試合も勝利で終わりました。

第29節、讃岐1-3鳥取。

讃岐にはレイソルのアカデミーから青森山田に移籍した中村駿太君が所属。先輩後輩対決が勃発していました。21分、右サイドに流れてきた駿太君が杉井君の裏を取り、シュートを放ちますが外れます。30分、駿太のターンに裏を取られそうになって、ユニホームを掴んでしまった杉井君。黄紙です。67分、左サイドからクロスが上がり、杉井君の裏を取った駿太君がヘディングシュート。しかしちょっとクロスが長くて体が伸び切ってしまい、ボールが浮いて枠を外れます。

このように直接対決では駿太君の方が目立っていましたが、試合は鳥取が逆転勝ち。後半になるほど鳥取優勢となったので、だんだん杉井君が盛り返していた形。

87分には杉井君が上がっていき、ミドルシュートを放ちます。これは惜しくも枠の上。

さらに、讃岐には仙台大学からの特別指定選手で、レイソルアカデミー出身の鯰田君が在籍しています。この試合では84分に登場ボランチに入りました。来季加入も決まっている模様。がんばってほしいです。

第30節、鳥取3-0八戸。

鳥取は最終節にかけて3連勝で終了し、この試合で八戸を抜いて12位で終了しました。

杉井君も何度か高い位置まで攻め上がって、見せ場を作っていました。

シーズン終了後、杉井君のレンタル終了と、柏との契約満了が発表されています。最後はいい形で終わったけれど、がっちりとシーズン通してレギュラーをつかめていたのではないし、戻ってこれなかったのは仕方ない。でも、杉井君はキャラクター的に見ていて本当に応援したくなるので、ぜひ次のチームを見つけてがんばってほしいです。

さてJ3最終節をもう1試合。福島1-1讃岐。

この試合、駿太君が得点を挙げています。先制されずっと押し込まれたまま進んでいた試合で、83分。すでにピッチ脇には交代が用意されているタイミング。前線へのパスが入り、重松選手がワンタッチでフリック。佐々木選手が横へつないで、駿太君が受けます。ボディフェイントを混ぜてボールを流して相手を外すと、左足シュートを決めました。直後に交代。

駿太くんはアカデミーで未来を嘱望され、ユース代表にも選ばれていた逸材なのですが、正直その後伸び悩んでいる印象。この得点で今季3得点です。

アカデミーでの印象としては、狭いスペースでも裏をとってボールを引き出せ、ゴール前の一瞬で点を取れるストライカーだったのですが、プロ入り後は中盤で起用されていることも多く、持ち味を出せていない感じ。栃木の大島くんもそうなってしまっているし、ウチのサッカーで育ったストライカーが、プロになると持ち味出せていないのはずっと気になっています。

この試合、特別指定選手の鯰田君も先発。ただハーフタイムで交代。

僕はレイソルアカデミーをモデルにして、サッカー小説『太陽のホットライン』を書きまして。レイソルのアカデミーに入れるんだから主人公の名前は太陽君、という安直な名付けをしましたw

それを書いている時に、アカデミーに実際にいた太陽君が、古賀太陽君とこの鯰田太陽君です。リアル太陽君が二人いた。そういう意味で気になる存在なのです。来季プロ入りするなら試合見ようかな。

| | コメント (0)

2021/12/05

vs大分 負けて終了

負けて今シーズン終了。

2021J1第38節、vs大分は2-3。

結局複数失点して終わってしまった。シーズン最後が点も取れない、守れないという形になってしまって、かなりがっかり。

細部を見るとですね、向上している部分はあると思うんですよ。今日は久々の複数得点で一度は追いついたし。得点シーンは人数かけてゴール前に入っていくいい形だったし。サヴィオさんの同点弾はうならせるうまさだったし。

ただ、あっちがいいとこっちがだめになり、という繰り返しで1年終わっちゃった感。

来年に向けて、どうするんでしょうねえ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧