サッカー

2019/03/24

vs岡山 リーグ初黒星

2019J2第5節、vs岡山は0-1。

負けてしまった。

次から次へと、困難が襲い掛かってくる展開でした。

まず試合前から分かっていた部分で言うと、日本代表への中村君の召集。J1であればスケジュールが考慮されていますが、J2ではそれがなく、試合欠場決定。しかしここは桐畑君が出場し、特に破綻なくカバー。

次にヒシャルジソンさんの累積警告による出場停止。これはボランチに手塚君が下がり、前線には代わりに、帰ってきた江坂さんが入って対応。

ここまでは事前にわかっている困難でしたが、この試合はそれで終わらなかった。試合開始前にびっくりしたのが、先発どころかベンチにも鎌田さんがいないこと。まさか怪我でしょうか。山崎さん、オルンガさん、村田さんと怪我人が続いています。大事ではないといいんですが。

ここでネルシーニョ監督は3バックを選択。上島君がリーグ戦初出場です。困難続きのここで、チャンスが巡ってきた上島君。大活躍を見せます。

イ・ヨンジェ選手に空中戦で勝ち、鋭いフィードをバシバシ通し。放送ではもうべた褒めです。僕もウキウキで見ていました。

ところが後半のコーナーキック時。上島君が高い打点でヘディングシュート、これがポストをたたき、詰めた上島君はゴールキーパーと交錯。傷んでしまって負傷交代となってしまいます。さらに直後、染谷さんも傷んでいったんピッチ外へ。そこでの相手コーナーキックは、これだけ色々起こると中でのマークも混乱していたのか、混戦の中、イ・ヨンジェ選手にゴールを決められました。困難に次ぐ困難の前に力尽きた感。

こちらのシュートはバーとポストに三度も嫌われましたしねえ。どれか決まってたらなあ。

少し気になったのは攻撃面。3バックにした結果、両サイドが大きく外へ開き、少し距離が遠くなってしまった感じがありました。クリス&瀬川&江坂の1トップ2シャドーはちょっと前にかかりすぎて、特にサイドにボールが入った時に、中にコースを作れていなかった。そういう組み立ての部分に関しては、まだまだ改善の余地があるなと思ったのでした。

とにかく上島君の負傷が、たいしたことないといいんですけど。

| | コメント (0)

2019/03/23

偵察岡山vs岐阜・福岡と岡山戦展望

今節は岡山と対決。元レイソルの有馬監督に、アカデミー卒の仲間君とゆかりのある人がいます。まずは偵察。

2019J2第3節、岐阜vs岡山は2-1。

岐阜の先発に会津君、岡山の先発には仲間君。レイソルアカデミー卒の先輩後輩対決です。会津君はアンダー代表に呼ばれていたけれど、トップ昇格ならずに筑波大へ進学、今シーズンプロ入り。右ウィングが本職なのですが、この試合は左SBと、ウチのアカデミーっ子の戦術理解の高さを見せていました。

先制点は岐阜30分。岡山左SBがロングボール対応時に中途半端なバックパス。これを岐阜の山岸選手がさらってクロス、GKも中途半端な飛び出しをしていて、ゴール前ががら空き。デ・フリース選手にヘディングで決められました。

岡山の同点弾は53分、イ・ヨンジュ選手にパスが入ったところから。ダイレクトでゴール前へのパスを岐阜がクリアしますが味方に当たり戻ってきてしまいます。これを上田選手が丁寧に落として、イ・ヨンジュ選手が決めました。

しかしせっかくの同点弾もふいに。66分、岐阜・山岸選手がまた高い位置でさらってクロス、デ・フリース選手がもつれるように突っ込んでいって、岡山DFオウンゴールの決勝弾。

会津君は密集のパス交換の中で高い技術を見せ、仲間君は縦横無尽に走ってボールを受けて活躍。個人としては二人ともいいところを見せていた、そんな先輩後輩対決は、チームのミスが響いて後輩に軍配となりました。

第4節、岡山vs福岡は2-1。

この試合もアカデミー卒先輩後輩対決です。福岡の左SBが輪湖君です。ぶっちゃけ僕、輪湖君放出されたのいまだに納得いってないんですよね。結局左SBの後釜、定着してないですからね。

さて、試合は岡山が先制、15分。上田選手のFKが、逆風を切り裂いて鮮やかに決まります。前半はプレスがはまり岡山ペース。

後半になって福岡も盛り返し、53分、同点弾。左から松田選手のクロス、ヤン・ドンヒョン選手がボレーで決めます。

そこで試合を決めたのが、この試合も縦横無尽の活躍をしていた仲間君。65分、ボールキープからライン裏へのスルーパス、これをイ・ヨンジェ選手がシュート、跳ね返りを仲間君が詰めました。

2戦続いてのアカデミー卒先輩後輩対決は、この試合も後輩の勝利でした。

さて、これを踏まえて岡山戦の展望ですが。

ウチの方にいくつか問題が。代表ウィークなのですが、J2からは代表選手出ないでしょという感じでスケジュールが考慮されていません。そこで中村君が招集されて、欠場決定。そして、来日以来、抜群のボールハント能力を披露していたヒシャルジソンさんが、勢い余って毎試合黄紙コレクションで最短の累積警告欠場。さらにオルンガさんが負傷欠場です。前線は山崎さんに加え、村田さんも離脱したそうで、人手不足気味。

チームの層の厚さが試されています。みんながんばってー!

守備では。

岡山は長らく堅守速攻のイメージなのですが、その土台は生きています。2トップ先発はイ・ヨンジェ選手を中心に、齋藤選手かレオ・ミネイロ選手か。さらにベテラン赤嶺選手も控えています。みんなパワーとスピードのある、ロングボールを生かせる選手。まずここをしっかり潰したい。

そして仲間君です。アカデミー卒の選手と対戦する場合、ウチから外へ出た人との対戦が多く、そういう場合は複雑な気持ちなのですが。仲間君はトップ昇格はできず、熊本でプロデビュー。讃岐、岡山とJ2を渡り歩いてキャリアを積んできました。

そんな仲間君は、現在岡山の攻撃のカギとなっていると言っても過言ではない。引いて守備に貢献したかと思えば、ライン裏に飛び出し、左右にも幅広く動いてボールを引き出しています。巧みなボールキープでためを作り、パスを出し、さらにはゴール前に飛び込んでシュート。ほんとに縦横無尽の活躍で、とても厄介な選手に成長しています。

こつこつがんばったんだなあと、とても感慨深い。そんな仲間君は日立台初凱旋だそうです。感慨深いけど、恩返し弾は嫌だ。この試合、バイタルをカバーするウチのダブルボランチが、大谷&手塚か大谷&小林が予想されていて、とにかくアカデミー卒直接対決です。負けないでええええ!

さらに上田選手のセットプレーのキックは質が高く、要注意です。

攻撃では。

記事を眺めていると、前線三枚の並びは前節と同じ予想なのですが。

右に入った瀬川君が今一つ持ち味出ていなかったので、並びを変える選択肢はないのかな。右サイド攻略が一つ鍵ではないかと思っています。

誰が入るにしろ小池君との連携で崩して、クロスをドッカンという形を希望!

前節に引き続き、セットプレーでも点を取りたいですね!

総力戦だよ!!

勝ちましょう!!

| | コメント (0)

2019/03/18

vs京都 センターバックの日!!!!

2019J2第4節vs京都は1-0!!!!

センターバックの日でした!!!!

前半33分、闘莉王選手からクリスティアーノさんがボールを奪う大チャンス。しかしゴールキーパーとの1対1を外してしまいます。後半23分にも、闘莉王選手に競り勝ってのヘディングシュートがバーに当たり、どうやらこの日はクリスティアーノさんの日ではなかった模様。

その代わりと言ってはなんですが、この日はセンターバックの日でした!

京都3バック中央に入った闘莉王選手は非常に効いていて、何度かいい形でサイドを突破し上げたクロスも、ことごとくヘディングで跳ね返されてしまいます。

それに対してうちも負けてはいません。京都から今年移籍の染谷さん。向こうのサポーターにしてみれば、J1への個人昇格ならともかく、同カテゴリーへの移籍は、心中穏やかではないはず。試合中にはブーイングもありました。

その染谷さんが好ブロック連発。京都の攻撃をしっかりと防ぎます。ナイスディフェンス!

そしてアディショナルタイムに訪れたFKで、本日の主役をかっさらっていったのは、もう一人のCB、鎌田さんです!

クリスティアーノさんが右サイドからのFKを大きく外に振ると、途中交代で入っていたカブリエルさんが中に柔らかく折り返し、それを鎌田さんがヘディングで決めました!

その直前のFKは闘莉王選手に中央で跳ね返されていたので、そこを避けて大外というのもポイントだったと思います。

これでリーグ戦は4連勝!

しかし日本代表に中村君が招集。J2はその辺のスケジュールが考慮されていないので、次回お休み。この日もイエローカードをもらってしまったヒシャルジソンさんも、累積警告で次回お休み。

次節岡山戦も油断できません。がんばれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/17

偵察京都vs鹿児島・福岡と京都戦展望

ルヴァン杯では負けちゃったけれど、リーグの連勝は止めたくない。ということでまずは偵察。

2019J2第2節、京都vs鹿児島は2-1。

試合開始からグイグイと来たのが鹿児島。前からプレスをかけ、奪ったボールをどんどん縦に運びます。前に人数をかけて、非常にアグレッシブなサッカー。

京都はそれに対し、最初少し受け身になりますが、その後地力を発揮して押し返していきます。先制点は23分、京都。ロングボールを左ウイング小屋松選手がキープ、中央の仙頭選手を経由して右ウイング中野選手へと渡り、中に切れ込んでのシュート。バーをたたきはねかえってきたところに宮吉選手が詰めました。

前半のうちに鹿児島同点。38分、左からのクロスを中央で韓選手が競り勝ちます。

ところがすぐに京都が再逆転。40分、縦パスを宮吉選手がアウトサイドで左へ。重廣選手がうまくターンしてシュート。

京都優位で進んでいましたが、後半になってSB富田選手が黄紙2枚目で退場。スローインの時の時間稼ぎを取られたようなのですが、ちょっと厳しい判定。

これで10人と苦しくなった京都ですが、5-3-1に布陣を変更、とにかく守り切る体勢へ。さらに闘莉王選手を3バック中央へ投入、鹿児島・韓選手へのクロスを封じて逃げ切りました。

2019J2第3節、福岡vs京都は0-1。

前半ペースを握ったのは福岡。前からアグレッシブに守備を仕掛け、ボールを奪って攻めたてます。特にワントップに入った石津選手の積極的な仕掛けが目立ちました。

ただ京都はこの試合、前節の最後に使った3バックを採用。守備時には5-4-1でしっかりと人数をかけて、大きな穴を作りません。押し込まれていても攻撃時には闘莉王選手から小屋松選手へのロングフィードなど、長いボールを時折混ぜて対抗します。

この試合唯一の得点は京都で71分。左サイドから中へと切れ込む黒木選手。宮吉選手とのワンツーで裏へ抜けだし、ゴールキーパー脇を抜いてゴールを決めました。

その後、福岡が交代を使い前がかりになっていくのにもしっかり対応。手堅く勝利を奪いました。

これを踏まえて京都戦の展望です。今日とは選手の特徴をしっかり生かしてチームにまとめられている印象。とてもいい状態だと思います。難敵です。

守備では。

前節同様に京都は3-4-3で来るのではないかという予想。

前の三枚、宮吉選手を頂点に、左の小屋松選手、右の中野選手は、高さはないけれど、地上での一発があるユニット。宮吉選手はとにかくうまく、ダイレクトプレーで周りを生かせるタイプ。小屋松選手はとにかく速い。中野選手は左利きで、右からカットインしてのシュートという型を持っています。しっかり対応したいところ。

さらにセットプレーでは闘莉王選手の高さから使えるので、しっかり警戒。

攻撃では。

京都は、守備時には5-4-1で、しっかり人数をかけて守ってくるので、そこをいかに崩すか。

オルンガさんが体調不良だそうで、そうするとセンターフォワードは、クリスティアーノさんか江坂さんかという予想が出ています。

僕的には、クリスティアーノさん右で、小池君とのコンビを継続してほしい。右サイド制圧しちゃってください!

そうすると中央は江坂さんでしょうか。ど真ん中には闘莉王選手が控えているので、上よりも下で行きたいところ。連携から一発ドカンと決めちゃってください!

守備ブロックを崩すには、手塚君のボールさばきもポイントです。さらに、FK一発も見たいな!

難敵続くが負けられぬ!!

勝ちましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/14

ルヴァン杯vs鳥栖 連勝ストップ

2019YBCルヴァン杯、vs鳥栖は0-1。

鳥栖はリーグ戦から引き続きの先発が五名。残りのメンバーにも、豊田、原川、福田と実績のある人を並べた、けっこう強力な布陣。これを流れの中では抑えたDFは収穫。

しかし原川選手にFKを決められました。恐れていた事態が……。

あと攻撃は今一つだった模様。残念ー。

開幕から続いていた連勝がストップしました。

切り替えてまたリーグ戦からやり直し。がんばって!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/13

偵察鳥栖vs神戸・FC東京とルヴァン杯鳥栖戦展望

連勝続く今シーズン。この試合もいただきたいですね! ということでまずは偵察。

2019J1第2節、神戸vs鳥栖は1-0。

神戸はこの試合、新加入ダンクレー選手をすぐに起用。

先発メンバーを見て、ここ最近の急速な変革によりガラッと様変わりした結果、もしかして2年前の選手が1人もいないのではと思いましたが、GKキム・スンギュ選手がいた。けれど、フィールドプレイヤーの一番の古株が一昨年途中加入のポドルスキー選手でした。すごいな。

この試合唯一の得点は、その新加入選手の一人ビジャ選手によるもの。ぶっちゃけ年齢が37歳で、ビックネームだけどどうかなーと思っていました。試合を見てると、まだ全然走れる。守備もちゃんとこなしますし、当然うまいですし、となるとこれは良いお買い物です。

鳥栖も今年、変革を目指してスペイン人のルイス・カレーラス監督を起用。しかしあまりうまくいっているとは言えない感じ。この試合は4-4-1-1を起用。守備の堅さは残っていますが、攻撃の形が完全に崩れてしまっていて、全くつながりがあるように見えません。

金崎選手の悲しい孤軍奮闘が目立った試合でした。

第3節、FC東京vs鳥栖は2-0。

試合序盤はFC東京のペース。ところが16分、アクシデント。怪我で永井選手が交代します。

FC東京のコンセプト、ファストブレイクを遂行するのに重要なのが、FW2人の推進力。交代で入った田川選手もスピードがあるタイプですが、まだ入りたてで回りとタイミングが合っていないのか、効果的な裏へのボールが減ってしまい、FC東京の攻撃はペースダウン。ここから鳥栖が盛り返す展開となりました。

ところが鳥栖の方にもアクシデント。こちらは怪我ではなく、ボランチの高橋秀人選手が黄紙2枚で退場。10人となってしまい、せっかくのペースが乱れます。

そうこうしてるいるうちに、88分、東京右サイドからのクロスがディエゴ、ジャエルとツートップをすり抜け、大外から左SBの小川選手がシュート。ブロックしようと飛び込んだ鳥栖・三丸選手が、これをクリアすることができずにオウンゴール。

さらにアディショナルタイム、FC東京にカウンターが発動。久保選手が左サイドを運び、狙いすましたグラウンダーのパス。これをジャエル選手が押し込んでとどめを刺しました。

鳥栖は前節に比べれば、布陣を4-4-2のツートップにするなどして、攻撃に若干上向きの様子があっただけに、とてももったいない試合となりました。

ということで、これを踏まえまして鳥栖戦の展望です。

正直、ルヴァン杯は、リーグ戦とメンバーを変えるチームが多いので、この偵察がどれぐらい意味があるかというと疑問なのですが。

鳥栖に関して言うと、前回の第1節では、まだチームが未勝利ということもあって勝ちにきており、先発も完全に落としたBチームではなく、半分ほどはリーグ戦引き続きの先発となっていました。そこからさらに連敗が続いている今節はどうなるか。

またウチの方も前回は、ネルシーニョ監督はすでに金曜日からリーグとは別メンバーの起用を決めていたばかりか、その対策も並行して行うという離れ業をとっていたとのこと。今回はどうなるのでしょうか。

守備では。

スペイン人の新監督を読んで、ポゼッションサッカーに舵を切ろうとした鳥栖ですが、正直うまくいっていません。サブ組だけうまくいくはずがないので同様だと思われ。そうすると個の力勝負。

豊田選手の先発が予想されています。ここはがっちり潰したい。特に上島君は、ここで活躍できればエアバトラーとしての力を証明できるので、がんばって!

原川選手は要注意。いいミドルを持っています。そしてセットプレーも高精度。気をつけたい。

攻撃では。

逆に守備はしっかりした土台が残っているので、そこをどう崩すことができるか。

宮本君はいいミドルを持っているので、外からぶち抜いちゃってください!

ケガから復帰の江坂さんとガブリエルさんが、中をひっかきまわしてくれることも希望!

連勝を止めるな!!

勝ちましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/10

vs新潟 新たな武器が

2019J2第3節vs新潟は1-0!!!!

リーグ3連勝!!!! ルヴァン杯も入れたら4連勝です!!!!

J2の中でも結構な難敵が続いているのに、しっかりしぶとく勝っている。素晴らしい!

決勝点はオルンガさん。高さで勝つのではと予想していましたが、実際に効いたのは足の長さでした。相手DFに微妙にかすってコースが変わったボールに、素早く反応。その反応の速さも見事でしたが、一歩の歩幅も効いていました(^^)/

オルンガさんを頂点にクリスティアーノさんの右サイドは、この試合でもクリス→オルンガのヘディングシュートというシーンがあって、かなり効いています。小池君との連携も上々で、伊東君が抜けた右サイドが再構築されて、さらに武器になっていく予感。いい感じです。

新潟は本当に伝統の堅守速攻を取り戻していて、攻撃もとてもスムーズ。最少得点での逃げ切りは、なかなか難しい相手だったのですが、それをしっかり遂行する厳しい守備も見事です。

ただヒシャさんが、この試合で黄紙3枚目になりました。1試合1枚のペース。日本の審判は真面目にファールを取るので、まだその辺の感覚がつかめていないかもしれない。近いうちにお休みになりそうで、そこはちょっと心配。

さあ次はルヴァン杯鳥栖戦です。まだまだ勝ち続けたいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/09

偵察新潟vs京都・千葉と新潟戦展望

ルヴァン杯も逆転勝ちしていい流れで迎えた第3節。しかし新潟は難敵です。まずは偵察。

2019J2第1節、京都vs新潟は0-0。

前半のポゼッション率は、京都が6割超え。

ただ新潟が落ち着いてブロックを作って対応している雰囲気で、あまり崩れていません。伝統の堅守速攻。そこをちょっと崩して降格しちゃったわけですが、取り戻してるんじゃないかな。

京都の方は前線に技術のある選手を並べて、そこを連携で崩していこうと、地上戦狙い。お互いが持ち味を出す展開で進みました。

後半途中からは少しプレスが緩み、どんどん攻め合う展開になります。新潟・矢野、京都・闘莉王と交代で入って、大迫力空中戦もあったけれど、決めきれず。引き分け。

第2節、千葉vs新潟は1-4。

お互いプレッシングを基調とした守備なので、ガツガツとぶつかりあう激しい展開。結果に差がついたのは、攻撃の部分から。

千葉の新外国人FWクレーベ選手は大型で足元もあり、かなりいい感じなのですが、そこへ入れるタイミングや意図がチームで共有できていない。ゴール前で停滞しています。

対する新潟は、走るタイミングや使う意識が共有できていて、大きなチャンスを作ります。非常にスムーズです。

3点目、4点目は、千葉がホームで追い付きたいということがあったのですが、それこそ堅守速攻チームの大好物。新潟が完勝した試合でした。

さて、それを踏まえて新潟戦の展望は。

新潟は昨年J1復帰とならないどころか下位に沈んだのですが、シーズン途中の監督交代から調子を上げ、今シーズンにつなげました。伝統の堅守速攻を取り戻しています。むしろ、吉田監督になる前のJ1のイメージで向かい合うべきです。

守備では。

FW2枚はもちろん、ボランチを含めた中盤4枚も、ボールを運ぶ力のあるタイプです。とにかく切り替えを速くして、速攻を潰したい。

新加入のレオナルド選手は裏抜けを狙っていて、シュート意識も高い。要注意。

レオナルド選手は前線に残り、相方の田中達也選手が降りてきてトップ下の役割も果たす形。ボールの循環がスムーズに。あそこは潰したい。

攻撃では。

新潟はやみくもに全部プレスに行くのではなく、しっかりと4-4-2のブロックを組んでから、メリハリをつけてプレッシャーに行く形。とても安定感があります。これをどう崩すか。

まずはしっかりとしたビルドアップ。プレスを潜り抜けたいところ。パスミス厳禁ですよ!

先発予想が難しいスケジュール。オルンガさんはどうだろう。でも先発、途中投入どちらでも、とにかくドガンと行ってほしい。特に相手新人CB新井選手は173cm。ばねでカバーの身体能力の高いタイプですが、オルンガさんとの20cmのミスマッチは、高校大学ではなかなか体験できない異次元遭遇のはず。うまく突きたい!

そしてブロック組まれてもお構いなしのクリス砲が炸裂してほしい!

目指せ開幕4連勝!!

勝ちましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/08

なでしこvsイングランド 全体としては成功

2019SheBelievesCup、なでしこvsイングランドは0-3。

ここを勝っておけば優勝だったのですが、1勝1敗1分の3位に終わりました。残念。

この試合は、体調不良などでベテラン選手がお休み。特にディフェンス中央部のCBとボランチの守備の要となる部分は、代表キャップ数1桁の、とても若いメンバーとなりました。

それが影響したのか、前半にパタパタパタと3失点。スローインで裏を取られるなど、ちょっとスキを見せてしまったかなという感じです。

その後は後半に入るところで交代もあり、ペースをつかんで押し込む展開。惜しいシーンもたくさんありました。早い時間帯でどれかねじ込めてたらなあ。

ただ大会全体的に見ると、狙いとしていた新戦力の発掘には成功。若年層代表で結果を出している選手たちが、A代表でも十分戦力になるということを証明しました。

さあ、この中から何人が、W杯メンバーに入るのか。注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/07

ルヴァン杯vsFC東京 スーパーゴール!!!!

2019YBCルヴァン杯、vsFC東京は2-1!!!!

オルンガさんが二発逆転!!!!

帰りの電車で得点シーンの動画を見ましたが、クリス→オルンガすごすぎる。スーパーゴール!

オルンガさんはかなりやってくれるのではないかと期待しているのですよ。リーグ戦も楽しみだ。

メンバーを入れ替え、さらに3バックだった模様。ネルシーニョ監督の先発は、本当に読めない。

中央で出た上島君がなかなか評判良さげ。アカデミーっ子の活躍もうれしい。

さあ次は新潟戦!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧