サッカー

2017/02/23

2017J1展望 その3

さあ、展望の最後は昨年上位のチームです。当然優勝争いに加わってくるだろうチームなので、ここを食いたい!

年間6位、広島。

何がショックかって、工藤君がウチに帰ってこなくて、広島行っちゃったということですよ。冷静に見れる自信ない……。

ただ、単独で何とかするタイプじゃないので、そこでかみ合うかがポイントと思われます。練習試合などではまだ無得点? アシストはある模様。

そして例年の通りに、手堅く目的のはっきりしたいい補強。今年も強そうです。

ちょっと怪我人がいるようだから、出だしはどうかな?

年間5位、大宮。

広島に続き、複雑な気持ちで見るチーム。ウチから茨田君が、ボランチをやりたいと移籍。しかし、どうも今年はダブルボランチの試合が増えそうで、そしたら移籍しなくてもよかったのでは? と思ってしまうわけですよ。

大宮は昨年好成績を収めましたが、攻撃の中心家長選手が移籍。その穴を埋められるかどうか。とりあえず預けとけみたいなところがあったので、そこが急務です。

清水から来た大前選手はタイプとしては違っていて、よりゴール前で強い選手。はまれば得点力は上がりそうです。

ゲームを作る部分で期待されているのが、茨田君と長谷川選手です。後方でパスを繰る茨田君と、フィニッシュに絡むところに強い長谷川選手。

こうしてみると狙いのはっきりした補強。大宮は堅守速攻の伝統があり、そこからポゼッションへというのはずっとトライしている印象ですが、守備のよさを消さずにそれを足すことができるかどうか。新加入選手のフィット具合に注目です。

年間4位、G大阪。

派手な選手じゃないけれど、阿部、大森という二人は、実は長谷川G大阪の象徴的な選手だったのではないかと思うのです。ハードワークできる攻撃的MF。長谷川監督は基本は守備から入るので、あのポジションは負担が大きくなる。

その二人が移籍した今季は、結構ターニングポイントとなるのではないでしょうか。システム的にも遠藤選手を中盤の底に置く形が基本となる模様。今度はサイドMFに置かれた今野、井手口選手の働きが肝?

ACLがあってハードスケジュールなのにFWの層が薄いのも懸念材料です。どう出るか。

年間3位、しかしチャンピオンシップで逆転優勝、鹿島。

一二を争う積極補強の鹿島。キャンプからこちらも順調の様子。そうなると一番注目しているのは、これでACLを戦えるチームになったのかです。

僕の鹿島のイメージは「内弁慶」の一言。国内で対戦している時にはいやらしいぐらいの勝負強さなのに、日本代表のチームとして応援しようとすると、別チームのように崩れてあっさり負けてしまう。

クラブW杯は活躍したけど、ホームだったからまだ信じられてないのです。

これだけ本気度を感じたら、さすがに今年は何とかなる? いや、何とかしてほしいです。日本て弱いと思われるのはいやなのです。チャンピオンなんだから! 頼むよ!

年間2位、川崎。

補強はとても積極的。特に家長選手の獲得はとても大きいと思います。ただ大久保選手とはタイプが違うだけに、そこの穴が埋まるのかどうか。小林選手に次ぐ得点源が出てくるかがポイントです。

そして監督が代わって、あの徹底したパスサッカーを維持できるのか、それとも変えてくるのかにも注目。

ACLもあるのでスタートが肝心ではないでしょうか。

年間1位、浦和。

3位からの逆転優勝で勝負強さを見せた鹿島と対照的に、浦和はやっぱりここ一番で勝ち切れない。徐々に近づいているのに、まだ届かない。他サポの立場から見ても、厳しい展開だなあと思います。

今季補強の目玉は新潟からラファエル・シルバ選手。他は若い選手中心。若手が突き上げ競争を生むことで、チームのそういう弱さが払拭できるか。

前から行く守備を強めている模様で、圧倒できるかどうか。そこに注目です。

さあ、迫ってきましたよ! あ、DAZNをまだつないでないや。急がないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/22

2017J1展望 その2

J1展望二日目は、中位チームです。我がレイソルもいるよ!!

昨年、年間12位、仙台。

この辺のクラブは引き抜きで戦力変わっちゃうのが難しいところなのですが。

ウチがチーム得点王ハモンさんを引っこ抜きました、すいません。

そしてシステムを変えて、3-4-2-1にする模様です。守備は形になっているようですが、攻撃がどうなるか。前線の顔ぶれに変化があることも含め、ここがポイントと思われます。

昨年、年間11位、鳥栖。

去年後半にぐっと調子を上げた鳥栖。今年はそこから積み上げられるので、更なる躍進が期待できます。

地方小クラブのハンデがある分、フロントはしっかりしているなあというのが毎年の感想。今年は積極的に動いて、結果としてはやはりしっかり補強できた様子。なかなか実力者がそろっています。

後はその選手たちをチームにフィットさせられるかどうか。今年も要注意のチームだと思います。

昨年、年間10位、マリノス。

悪い方の意味で注目のチーム。もし斉藤選手が抜けていたら、やらかすチーム候補の一番手でした。阿吽の呼吸でやっていたベテランたちが多く抜け、さて、その穴を埋められるのかどうか。

斉藤&マルティネスの両サイドは強力です。後はそれを押し込めるかどうか。新加入のウーゴ・ヴィエイラ選手がフィットするかどうか。

中村俊輔選手の穴が埋まるかどうか。ゲームメイクだけではなくて、セットプレーが大きな得点源でした。かなり大きそう。

DFラインの顔ぶれも変わります。なんだかんだで大崩れしなかったのは、ここの働きが大きかった。新CBデゲネク選手は評判よさげ。山中君はポジション取れるかな。

昨年、年間9位、FC東京。

大型補強でオフをにぎわしたFC東京。その顔ぶれは豪華です。あとはそれがきちんとはまるかどうか。

世間の注目筆頭は大久保選手だと思うのですが、僕の注目は永井選手です。クラブの色って大切だと思うんですけど、昔、石川選手がそのスピードでかもし出していたイケイケな感じを、再現できそうな気がするからです。攻めっ気の多い中島選手もいるし、見てて楽しいサッカーは復活するでしょうか。

怪我人もいて手薄になっていたボランチのところには、高萩選手を補強して万全の体制。はまれば本当に優勝もありそうです。

昨年、年間8位、柏!!!!

正直言うと、補強は満点ではなく、そこがどうなるのかがポイントだと思われます。

田中君が神戸に行ってしまい、せっかくフィットしてきたのにと嘆いていた穴は、ハモンさんで埋められそう。前線は、少なくとも昨年並みは維持できているので、そんなに心配していないのですが。

問題はボランチから後ろ。何か今年は4-4-2で行きそうな気配。ダブルボランチにするなら、茨田、秋野と二人出したのは誤算。

DFラインの手薄感もあり、とても心配です。

そこをどうマネジメントしていくのか、下平監督の手腕。そして、その不安を払拭してくれる若手の成長に期待しています。

みんな、がんばってー!!!!

昨年、年間7位、神戸。

前述の通り、TJ砲を獲られてしまい。

そしてずいぶん黄色い感じになってますよ。直接で二人、田中&レアンドロ。間接的に二人、橋本&渡部。むしろ懐かしくて応援したくなる感じ。選手に信頼されてる監督を放出すると、これがあるんですよねー。

補強はものすごい分厚いです。普通これだけだぶつかせると、使い切れなかったりするんだけど、ネルシーニョ監督は競争させるのうまいからなー。

昨年以上は当然で、優勝争いの候補です。要注意です。

という昨年中位チームの展望でした。明日は上位チーム。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/21

2017J1展望 その1

差し迫ってきましたJリーグ開幕。

今年はまた1シーズン制に戻ったり、放送形式が変わったり、いろいろと変化の年です。楽しみですね!

ということで、今年も勝手な展望記事をお送りします。

まず本日は昨シーズン下位のチーム。

昨年、J2・4位、C大阪。

プレーオフ上がりのチームがJ1のレベルでは全く勝負にならず、速攻でJ2に帰るケースはかなり多いのですが。

C大阪なら日本代表級のタレントがいるし、勝負になるのではないかと思われます。

クラブOBのユン・ジョンファン氏が新監督です。鳥栖での実績もあり、手腕は確か。まず守備の構築から入った模様。

しかも、清武選手の復帰も決まりました。前線に柿谷、杉本、水沼、清武。これはかなり強力な布陣。旋風を巻き起こしそうな気がします。

昨年、J2・2位、清水。

一年でのJ1復帰に成功した清水。しかし前途多難の模様です。

補強で完全に出遅れ感があります。エースの大前選手を大宮にぶっこ抜かれました。J1でも実績十分のFWの流出は痛手です。この穴を埋められるかどうか。

降格時には守備が崩壊していたのですが、昨年一年でどれだけ堅くなっているのかもポイント。

昨年、J2優勝、札幌。

ウチやG大阪が昇格即優勝を果たしたように、J2優勝チームの成績は悪くなく、即降格したチームもないそうです。予算規模としては大きくないクラブですが、どこまでがんばれるか。

そこを踏まえて、渋めのハードワーカーをたくさん補強した模様です。我慢する展開を想定してるんだろうなと想像できる、手堅い補強。

小野選手や稲本選手など、大ベテランがJ1でまた活躍できるのかも見所です。

昨年、年間15位、新潟。

三浦新監督を迎えた新潟。そして毎年のことですが、主力選手ぶっこ抜きも発生。チームは作り直しです。

スタイル的には、まず堅守速攻に戻す模様。現実的な判断。

問題は、ラファエル&レオのWシルバがぶっこ抜かれてしまったことです。大黒柱がいなくなった。新外国人選手が、まずここの穴を埋められるかどうかが、最初の注目点です。

昨年、年間14位、甲府。

一番の注目は、新監督の吉田さんです。

吉田監督のビルドアップ論は、プロの目から見た時に、よほど評価が高いんだろうなと思います。じゃなきゃ、二年連続解任だというのに、どちらもすぐに次の仕事が決まるなんてない。

だけど、素人目に見ても、守備は緩かった。ネルシーニョ監督の時の強度はあっという間になくなったし、新潟の堅守も消え失せた。しかも攻撃も、最後の所は詰め切れておらず、そのメリットが守備の弱体化を補ってない。

ただ人間は成長するものなので、吉田さんが二度の失敗をどう捕らえているか。甲府では、FC東京で理想を追うロマンチストだった城福監督がリアリストに転向して成功した例があります。さっそく守備の仕方には手を入れた模様。どう出るか。

正直、新潟の時よりパスサッカー向きの人材が少ないと思われるので、現実との折り合いをつけることに失敗した場合は、降格一直線の危険大。そこのところに注目です。

昨年、年間13位、磐田。

なんといっても最大の話題は中村俊輔選手の移籍加入です。

昨年の磐田はシーズン途中の小林選手の移籍以降、苦戦していた印象がありますが、そこを十二分に補える補強。年齢が取りざたされますが、データを見てもまだまだ全然走れていますし、能力的には全く申し分なしです。

あとは近年ちょっと続いている怪我や体調不良での欠場。コンディショニングに成功するかが大きな鍵だと思います。

もう一つの鍵はジェイ選手の退団を川又選手の補強で補えるかどうか。昨季14得点分は、うまくはまれば取り返せるけれど、そこに注目。

サイドアタッカーのいるチームに、中村選手も川又選手もタイプ的にははまりそうです。いい補強と思われるので、懸念が払拭されれば、上位進出もあるかも。

ということで昇格組と昨年下位チームの展望でした。明日は、中位チーム。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017J1展望 その1

差し迫ってきましたJリーグ開幕。

今年はまた1シーズン制に戻ったり、放送形式が変わったり、いろいろと変化の年です。楽しみですね!

ということで、今年も勝手な展望記事をお送りします。

まず本日は昨シーズン下位のチーム。

昨年、J2・4位、C大阪。

プレーオフ上がりのチームがJ1のレベルでは全く勝負にならず、速攻でJ2に帰るケースはかなり多いのですが。

C大阪なら日本代表級のタレントがいるし、勝負になるのではないかと思われます。

クラブOBのユン・ジョンファン氏が新監督です。鳥栖での実績もあり、手腕は確か。まず守備の構築から入った模様。

しかも、清武選手の復帰も決まりました。前線に柿谷、杉本、水沼、清武。これはかなり強力な布陣。旋風を巻き起こしそうな気がします。

昨年、J2・2位、清水。

一年でのJ1復帰に成功した清水。しかし前途多難の模様です。

補強で完全に出遅れ感があります。エースの大前選手を大宮にぶっこ抜かれました。J1でも実績十分のFWの流出は痛手です。この穴を埋められるかどうか。

降格時には守備が崩壊していたのですが、昨年一年でどれだけ堅くなっているのかもポイント。

昨年、J2優勝、札幌。

ウチやG大阪が昇格即優勝を果たしたように、J2優勝チームの成績は悪くなく、即降格したチームもないそうです。予算規模としては大きくないクラブですが、どこまでがんばれるか。

そこを踏まえて、渋めのハードワーカーをたくさん補強した模様です。我慢する展開を想定してるんだろうなと想像できる、手堅い補強。

小野選手や稲本選手など、大ベテランがJ1でまた活躍できるのかも見所です。

昨年、年間15位、新潟。

三浦新監督を迎えた新潟。そして毎年のことですが、主力選手ぶっこ抜きも発生。チームは作り直しです。

スタイル的には、まず堅守速攻に戻す模様。現実的な判断。

問題は、ラファエル&レオのWシルバがぶっこ抜かれてしまったことです。大黒柱がいなくなった。新外国人選手が、まずここの穴を埋められるかどうかが、最初の注目点です。

昨年、年間14位、甲府。

一番の注目は、新監督の吉田さんです。

吉田監督のビルドアップ論は、プロの目から見た時に、よほど評価が高いんだろうなと思います。じゃなきゃ、二年連続解任だというのに、どちらもすぐに次の仕事が決まるなんてない。

だけど、素人目に見ても、守備は緩かった。ネルシーニョ監督の時の強度はあっという間になくなったし、新潟の堅守も消え失せた。しかも攻撃も、最後の所は詰め切れておらず、そのメリットが守備の弱体化を補ってない。

ただ人間は成長するものなので、吉田さんが二度の失敗をどう捕らえているか。甲府では、FC東京で理想を追うロマンチストだった城福監督がリアリストに転向して成功した例があります。さっそく守備の仕方には手を入れた模様。どう出るか。

正直、新潟の時よりパスサッカー向きの人材が少ないと思われるので、現実との折り合いをつけることに失敗した場合は、降格一直線の危険大。そこのところに注目です。

昨年、年間13位、磐田。

なんといっても最大の話題は中村俊輔選手の移籍加入です。

昨年の磐田はシーズン途中の小林選手の移籍以降、苦戦していた印象がありますが、そこを十二分に補える補強。年齢が取りざたされますが、データを見てもまだまだ全然走れていますし、能力的には全く申し分なしです。

あとは近年ちょっと続いている怪我や体調不良での欠場。コンディショニングに成功するかが大きな鍵だと思います。

もう一つの鍵はジェイ選手の退団を川又選手の補強で補えるかどうか。昨季14得点分は、うまくはまれば取り返せるけれど、そこに注目。

サイドアタッカーのいるチームに、中村選手も川又選手もタイプ的にははまりそうです。いい補強と思われるので、懸念が払拭されれば、上位進出もあるかも。

ということで昇格組と昨年下位チームの展望でした。明日は、中位チーム。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/14

TMvsY.S.C.C.横浜 今季注目

練習試合vsY.S.C.C.横浜は1-0。

得点者は手塚君。

ちばぎん杯の記事でも書きましたが、快速前線を形成するなら、ボランチの展開力がほしいのに、そのタイプの茨田君、秋野君は出てってしまっていて。

そうすると手塚君、安西君の成長が待たれるわけですよ。

さらに左利きのキッカー、山中、田中、秋野といなくなっているので、手塚君は大チャンス。今季注目なのです。がんばって!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/13

U-18日本代表コパ・デル・アトランティコ優勝!!

U-18日本代表が、スペイン遠征。U-18 International Tournament "Copa del Atlantico"に参加していたのですが。

三戦全勝で優勝!!

カナリア諸島代表に2-1、ベルギー代表に2-1、スペイン代表に2-0と、対戦相手もなかなかですよ!

うちからは中川創君と、田中陸君が呼ばれていました。中川君は一戦目と三戦目で先発フル出場。田中君はMF、SBといろんなポジションで三戦全部先発、なんと大会MVPに選ばれる大活躍だった模様です! すごい!

中川君は今季二種登録されて、この遠征の前にはキャンプに帯同、練習試合にも出ていました。将来楽しみですねえ。

この代は上の代と共に、東京五輪を目指す世代です。いい経験つんで、大きく育ってほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/12

ちばぎん杯vs千葉 完封勝ち!!

第22回ちばぎん杯、vs千葉は2-0!!

今季初公式戦。練習試合とはいえ、連敗してたので、完封勝ちできてよかった(^^)/

ブラジルトリオに伊東君を加えるという、めっちゃ推進力のある前線。結構オフサイドとられたみたいだけど、呼吸があってきたら面白い。一度縦を見せれば、ホゼッションも押し込んだ状態でできる。

注目の右SBは今井君が先発。だんだん固まってきたのかな。

安西君が途中交代で公式戦初出場。快速前線を形成するならボランチの展開力がほしいところ。手塚君、安西君の成長が期待されます。

だんだん近づいてきましたねえ、開幕。ポジション争いはどうなるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/06

TMvs清水 課題あり

練習試合、40分×4、vs清水は1-3。

負けてしまったー。

サイドからのクロスで失点というのが気になりますなあ。昨年からずっと課題。修正してほしい。

外国人選手3トップが不発は、シモさんもコメントしていましたが、あまり気になっていません。いきなり合わなくても、この日唯一の得点の伊東君が気を吐いていて、昨年並は担保されているので。

守備のところで、中川君が入った方がよかったのも、昨年同様。ハモンさんがあれができるようになれば解決。仙台は守備から入るチームだし、そこでサボっていた印象もないし、うまくつかんでくれたらいいなあ。

逆に中川君が外国人選手並みに決定力を向上させるでも可。がんばってー!

気になっている右SB争いは、小池君初登場。右サイドで伊東君とのコンビはなかなかよかった模様です。

右SBは左と違って、ウチでの実績がない人たちばかり。誰が自分の力を証明して見せるか。目が離せません。

次はちばぎん杯かー。勝ちたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/03

TMvs鹿屋体大と二種登録

練習試合、20分×4本、vs鹿屋体育大学は2-4。

ありゃ、負けてしまった。

前日の練習が、かなり負荷が高かったということだったので、苦戦はするだろうなあとは思ってたのですが。

そういうところでガタガタッときてしまうのは、課題ですよねえ。

吉田監督の時も、そして現在の下平監督も、守備のオーガナイズで何とかしようとしていますが、コンディションばっちりで頭の中もクリアな時はいいとして、うまくいかない時にも粘れないとシーズン通しての失点は減らせない。がんばってほしいです。

さて、注目の右SB。古賀君がJリーグの新人研修のこの試合、伊東君が入っていたようです。やっぱりあるかもしれない、SB再挑戦。どうなるでしょう。

そしてこの試合もう一つ注目は、二種登録選手。中川創君と猿田君が登録され、さっそく出番がありました。

中川創君は、U-18日本代表にも呼ばれているCB。184cmと大型で、うちの子だから当然足元しっかり。アカデミーは20番をエースCBの番号としていますが、二年から着けていた期待の星です。

大型で対人しっかりしていて足元も上手くてとなると要求多くて、なかなか見つからないと思うのですが、そこを自前で育てられるようになると、長期的に見てとても頼もしい。大きく育ってほしいです。

大型ということでは猿田君。190cmのGK。

最近「代表のGKは190cmほしい論」が出ていますが、ウチはすごいよ。滝本君も190cm、キリが187cm。中村君の184cmが一番小さいのです。

さらに言うとこのあいだアル・カス杯に出ていたブライアン君もすでに190cmあります。昨年U-16日本代表に呼ばれていた期待の選手です。

GK王国の予感! いい競争を繰り広げてほしいです。

さて、次の試合は清水戦。ここで建て直しを希望です。がんばって!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/31

柏U-17vsパリSG 逆転勝ちで5位

帰ってきてご飯食べながらサッカー観戦。

やばい失点した。

終わったら追記します。

・・・・・・

アル・カス インターナショナル杯2017、5、6位決定戦、vsパリ・サンジェルマンは2-1!!

この試合までいいプレーを続けていたGK千綿君が、CKの目測を誤って、相手に押し込まれて失点。

せっかくいい感じの入りだったのになあと思っていたら。

後半、左サイドを突破した吉田君が、GKとDFの間にきわどいクロス。それを森君がうまく合わせる、ファンタスティックな(解説さん談)ゴール。

今日の左サイド、吉田君と正田君のコンビは、冴え渡っていましたね。

決勝戦は一転して泥臭いゴール。前線からチェイスしていた堤君が、バックパスも追いかけてGKにもプレッシャー。逆を取ろうとしたGKに足を出して、そのボールを弾いたらきれいにゴールへ。足を止めずにがんばったごほうびです。

その後押し込まれるシーンもあったけれど、がんばって逃げ切り、5位を勝ち取りました。

いい大会だった。堪能した。

あと、現地に赴任してると思われる日本人の子供たちが、かわいい応援団を作ってて、一生懸命レイソル応援しててくれたのに、ほっこりしてました。応援ありがとう(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧