日記・コラム・つぶやき

2018/12/07

スマホと餅つき

このあいだ歩きスマホで原稿を書く話を記事にしました。

その後結局、往来の多いところだと、顔が上がっていても危ないのではないかというのと、車の音のせいで入力精度が悪く、家に帰って清書しようとしたら謎の暗号文になっていて、これなら最初から手で打って入力した方が早いという状態になっていたので、場所を考えるようになったのですが。

その結果「歩いてないスマホ音声入力」が、増えました。

直近のブログは、目の前にノートパソコンがあるのに、スマホで音声入力しております。

なんでだろうと考えていて、ふと気づいたのは、リズムがいいこと。

今のスマホは今年になってから代えた二代目で、以前のスマホでもたまに音声入力していたのですが。

それに比べて性能が上がっている。タイムラグが減った。

音声入力した後に、「ぽん」と音が鳴って文章が出てくるのですが、このタイミングが早くなりました。

そしてそれが、臼で餅を突くときの、突き手と返し手のような感じで、「ぽん」「ぽち」「ぽん」「ぽち」と、リズムよく心地いいのです。ということで、タイトル。

以前「時間がないので、有効活用するために音声入力」と書いたのは、結局、「仕方なく」の域を出なかった。「歩きながらアイディアを思いついた時」ぐらいに落ち着いて、小説の本文を思いついた時には、立ち止まり、手書きのメモを取っていました。

反応に間があると、そこで思考が途切れてしまう感じがして、あまり文章が進まなかったのです。

でも、心地よい餅つきリズムは、むしろ、文章が出てくる。しゃべっている間に調子が上がってくる感じがあります。

さらに僕は文章の推敲も嫌いじゃない。というより、だんだんと直って整っていくのが楽しいので、音声入力の多少の精度の悪さも楽しめる。暗号文解読は無理でしたけどw

ということで、今日のこのブログもコタツに入りながらの音声入力からスタートしています。

これは先端テクノロジーの進歩を実感しているという話ではなくて、テクノロジーが成熟した結果普段の生活風景に溶け込んでいるということですね。

六畳和室の仕事部屋で、コタツに座椅子でだらっとしながら音声認識テクノロジーを使う執筆生活。冬本番を迎え、そろそろこれに、みかんもつくよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/05

NovelJam2018秋とパティシエとの比較

2泊3日で小説を書き上げて出版までしてしまうというハードなイベント、ノベルジャム。

しかし前回から、戦いはこで終わらなくなっています。売上実績を加味したグランプリ授賞式がこの後開催されるのです。

さらにその期間も前回より延長。短距離全力疾走の後マラソンをするような、ハードな方向にさらに一皮むけたイベントとなっております。

僕的には、売って読者に届けるというところまで射程に入れたイベントになったことが、すごく重要だと考えています。

旧来の出版は、作家は書くだけで、その後は出版社や書店におまかせだったので、全体像を見る機会というのはそうなかった。出版社の中で行われている販促に至る過程も、外からは見えづらかった。たまにインタビューやセミナーで出てくるぐらい。

それがリアルタイムで、目の前で行われているのです。

前回の経験を踏まえて、今回はますます皆さん張り切っている模様。新たなアイディアがどんどん出てきています。最小ユニットのスモールパブリッシングになっていて小回りが利く利点を最大限に生かしています。

思いついたら即実行。舞台にもなるらしいですよ。

今回はスポンサーにピースオブケイクが入ったことにより、noteでの情報発信が推奨されていて、参戦記もどんどん出ている模様。

ぶっちゃけ前回でもすべては追い切れていなかったのに、今回はなおさら無理。

でも、これくらいガンガン情報発信して盛り上げていくことが大切なんだろうなと思います。

できたら運営側でみんなの取り組みをまとめて、ドキュメンタリー風の一冊の本を作ったら面白いんじゃないかな。セルバブの販促ノウハウバイブルになるよ!

さてノベルジャム自体は、第1回からだんだんと、企業も巻き込み規模も大きくしてきました。実際、売り上げ部数も上がったんじゃないかと思うんですけれど。

ここからが出版の難しいところですよね。

世間一般から見た出版の成功って、めちゃくちゃハードル高いと思うんですよ。

で、その時にふと思ったのが、タイトルのパティシエとの比較です。

なぜかというと、お昼ご飯がエクレアだったからです。

昔、手塚治虫先生が悪書批判にさらされていた頃、マンガは子供のおやつですとおっしゃっていましたが。

パティシエの人たちが、甘いお菓子を作る場合、手作りなので、1個1個日労力を注ぎ込まなければいけません。そして食べると無くなってしまうわけですから、毎日毎日作らないといけない。すると当然、世の中の需要満たすためには、けっこうな数のパティシエさんが必要になります。

うちの近所に有名なお店があるのですが、外から覗くとそこには何人ものパティシエさんが働いています。

甘いものを作っているといえば、和菓子職人さんもいますよね。調べたら、菓子製造業従業員15万人という数字を見つけました。お菓子メーカーの人も含まれてる? とにかく、世のおやつを作るためには、それだけの人手が必要なのです。

それに対して本は、出版にこぎつけるまでにはけっこうかかりますが、1冊増刷する労力はずっと少ない。

電子書籍なんてもっと少ない。

しかも一度食べてもなくならない。

つまり、少数の作家で需要の大部分を満たせるということ。売れてる作家に需要がどっと集中するということなのです。

以前マンガで計算したことがあるのですが。その年にデビューした人が100人ちょっと。それから10数年経っていますが、多分そのうち残ってるのは1人2人。デビューする時にも新人賞であれば100人からのライバルを打ち倒しているので、作家としてご飯が食べられるのは1万人に1人とか10万人に1人のレベルになります。

皆できれば自分の作品でご飯を食べて、思う存分使いたいだけの時間を創作に注ぎ込みたいわけですけれども。

そこに至るのがとても難しい。世に広く名が知れているというレベルを成功としたら、さらにハードルは上がり、ほとんどの人が討ち死にするということです。

それでもそこに夢を見て、書き続けている人がいる。

そこに至る道の、何か有益な情報があるのなら、のどから手が出るほど欲しい。

ノベルジャムが売ることについてこういう試みをどんどん進めているのは、ものすごく有益なことだと思います。

この長丁場の勝者は誰だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/04

歩きスマホ

今日の仕事からの帰り道、がっちり歩きスマホしてきたわけですけれども。

画面を見てるのではなくて、口述筆記。

音声入力を使って、歩きながら原稿を書いているのです。

顔は上がっているから、周りは見えている。車がそば通ると、その音で入力精度が落ちるのと、道行く人のそばで女の子のセリフを入力してると、これ聞こえたらやばいおじさんになるなと、びくびくするはめになるのが弱点。

日曜日もがっちり歩き原稿しました。これを繰り返していたら痩せるかもしれない。

歩いている時と風呂に入っている時が、血行がよくなるからかアイディアが湧いてくる時間帯なのです。なので散歩しながら書いてると、けっこう進む。

ちなみにこのブログの下書きも音声入力。

この調子でどれぐらい進められるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/03

オペレーション・ラムダ

作戦名に深い意味はありません。あしからず。

こないだの締め切りの山を突破して、さて、次何やろうかなというタイミングで、ちょっと作戦をしっかり考えなければと考えていたところ、ちょうど思いつきましたよ、というのが本日のお話。

一つやることが終わったので、ふわふわと方向性を見失っていたのです。できること、思いつくことはたくさんあっても、体は一つ。さらにお勤めもあるので、使える時間はほんとに限られている。

ビシッと一本、筋の通った活動しないと、効果が上がらない。で、書きたい意欲が空回りしてうずうずと落ち着かない気分の中、それをなだめて、何を書くべきか考えていました。

何を書くべきか、という話をしていると、そんなことより好きなものを全力で書くべき、みたいな流れになるのですが。

そういう二者択一じゃないと思うんですよね。

やり始めの最初の頃は「好きなものを全力」で構わないと思うのです。それでうまくいくなら、それが一番いい。

問題は、それでうまくいかなかったとき。

需要と供給がかみ合ってないのではないかということについて、ちゃんと考えなければいけない。

実際、打ち合わせで最初に、「好きなように描いてください」と言われて、描いていったら「こういうのじゃないんですよね」と言われた経験が何度もあるわけで。

僕は、創作には人に見せる以上、コミュニケーションの側面があるのではないかと考えているのですが、そこで例えば人との会話の場合、相手が全く興味ない自分の趣味を、相手をおもんばかることなく、好き勝手に延々としゃべっていたら場が盛り上がらない。

ここで難しいのが、じゃあ需要だけを考えて書けばいいのか、というところです。

会話の例えで言えば、よく知りもしないのに相手の話に合わせて知ったかぶりをしていると、やはり場が白けて盛り下がる。

ちょうどうまいこと、かみ合うところを見つけないといけない。

僕はそういうところで、ずっと苦労している感じがします。

なので今度こそ、かみ合うところに行きたいなと、今回はまず、世の中ではっきりしているクラスターを考えて、世間で求められているものを割り出し。さらに要素を抽出。

今度は、自分が今できること、得意なことを棚卸しして。

接点ありそうなところを考えて、一つプランを立てました。

それがオペレーション・ラムダ!(今考えた)

近日中にお目見えすると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/27

NovelJam2018秋

先週末の3連休に、『NovelJam2018秋』が開催されていました。

僕は参加していませんでしたけれども、ガンズ関連では、恒例の米田さんと波野さんが参加だということで、注目しておりました。波野さん担当作が受賞している! おめでとうございます! 参加作品の販売ページはこちら。

ノベルジャムは、回を重ねるごとにイベントとして内容が充実していっている印象です。今回は、文学YouTuberベルさんをお呼びして番組を作るなど、動画配信にも力を入れていました。ウチではエラーが出て、見られなかったのですけれども。なぜだ。残念。

さて3日間で本を形にするという過酷なイベントが終わりましたが。前回から、ここからが本番の様相を呈しています。売り上げを含めて評価される、グランプリ授賞式がこの後にあるからです。今回は来年2/1。グランプリ受賞まで、一生懸命作った本を売らなければなりません。

日本独立作家同盟では、「出版を革新しよう!」というスローガンを掲げています。ノベルジャムでは、作家、編集、デザイナーという、出版に必要な最小単位を定義し、スモールパブリッシングを実践。

そこで「売る」ということが大きなテーマになっているのは、出版のこれからの方向性を考える上で、示唆に富んでいると思います。

本を作るのは、ぶっちゃけデザインも編集も全部自分でやって、セルフパブリッシングで出せる時代になっているわけですけれども。

それでも「いかに売るか」という問題からは逃れられない。ちょうど今、締め切りの山を越して、次の戦略考えているところ。なので自分にとってもタイムリーな問題。

前回はここでたくさんの試みが見受けられました。今回はどんなアイディアが飛び出してくるのか、とても注目しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/20

次の目標

締め切り一つこなしまして。

さあ、次弾装填。次の目標はどうするかというところ。

ガンズ6号の準備。

その他が難しい。

隣の芝が青く見えるリスクは、常に付きまとっています。ここが一番ブレブレになりやすいタイミングです。

自分にできること。その中で自分にしかできないこと。そしてそれを待っている人のところへ届けること。これでうまく回せればベスト。

でも、つい一番わかりやすく需要の大きいところに惹かれてしまう。その誘惑。

偽物に需要なんてないというのに。

よく考えて、少ないリソースを無駄にしないように。

次の目標どうしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/16

一人ピザパーティ

仕事帰りにピザ買って、晩御飯兼打ち上げ。一仕事終えましたよ。

土曜日からまた忙しいんだけど、つかの間の憩いのひと時。

漫画読んでだらだらするんやで。

至福。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/15

締め切りピンチ終了

最後まで順調ではなかったけれど、何とか終了。

久々に長いネーム切ったら、30pちょいのつもりが54p。病は治っていなかった。

ただ、漫画のネーム切るの、やっぱり楽しい。

他にもやってみようかな。

明日はお勤めの研修があるので、さて寝よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/14

締め切りピンチ3

あと、もうちょっと……。

もうちょっと……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/13

締め切りピンチ2

ピンチは続くよどこまでも。

30p、せいぜい40pぐらいかなと思って始めたら、54pまで行くことが判明。

やばい。

あと20p。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧