日記・コラム・つぶやき

2019/06/25

そろそろ半年と働き方改革

さて、今年もそろそろ半年過ぎますよ。

やばい、もう死ぬ。

これは若い時からの口癖で、「やることが進んでいないのに時間が過ぎていく→このまま何もできないまま年取って死んでしまう」という考えすぎな連想の短縮形。よく仕事場で口にしていたのですが。

最近年齢的に、考え過ぎじゃなくてリアルな感じが出てきて怖い。

ということで、やることを進めなくてはいけません。

……いまいち進んでないな。

働き方改革したんですけどねえ。

やることははっきりしているんですよね。近年の出版環境を鑑みて、とにかく自分で数字を作らないとだめだと覚悟しているのです。ここまで並行してやってきたけど、もう個人出版が先。

投稿サイトから新人賞応募という形も増えているじゃないですか。まず先に発表して、面白いんだということを確定させないと。まだ出版社側は自分で発掘ということにこだわりがある人がいそうだけど、大勢の目でチェックされていることの方が説得力があるのは自明なので、このままこの傾向が強まっていくと思います。ジャンルによって濃淡ありますけど。

そうすると次の焦点は「大勢の目にチェックされる」ことです。人目に触れないと評価されようがないので。

そう考えると、接触回数増やさないとだめだなあとなって、量が必要だなとなって。

間の思考過程は中略ですけれども、1年で5冊分ぐらい文章書いて、落書きでいいから世界観が伝わる絵を毎日上げたらいいんじゃないか、という結論に至りました。が。

全然足りてないですね(+_+)

ということでさらなる働き方改革が必要です。使える時間は増やせたので、次は主に、いかに脳みそフレッシュな時間にたくさん文章を書くか。がんばらないと。

| | コメント (0)

2019/05/29

暑さで生存限界

大陸からやってきた熱波がものすごいことになっていた週末から週頭。

サッカー見てたら日立台が36℃でサポーターが倒れたと言っているし、北海道では39℃超を記録しているし、とんでもないですね。

人間は体温が42℃になると死んでしまいます。電子式ではない、水銀の体温計にそこまでの温度表記しかないのはそのためです。そうならないように、汗をかいたりして体温を下げる機能があるのですが、こちらも限界があります。空気が湿っていると汗が蒸発しにくくなるため、それを考慮した湿球温度で、35℃を超えるとやばいそうです。例えば気温38℃、湿度85%。ただ気温が上がると湿度は下がるため、今のところはまだなんとか平気。昨年東京で気温37℃を記録した時は湿度40%ぐらいだった模様。

けれど温暖化が進んでいるので将来はまずい。こういう予測が出ていますよ。2100年、酷暑でアジアの一部が居住不能に(ナショナルジオグラフィック) 中国・華北平原の暑さ、2070年には生存の限界に達する恐れ(CNN)

もう外出たらダメだね! 仕事も在宅だね!

作家専業になれば外に出なくていいので、一石二鳥ですな。がんばろう。

| | コメント (0)

2019/05/21

持ち込み新企画とガンズ新企画と幻冬社騒動

いつも午前中は寝ていて仕事も午後からの夜型人間として生きているので、先週、先々週に午前の仕事が入ったら時差ぼけが発生。どうも頭の回転がよろしくない月曜日。

なのでとりとめない雑記など。

★今月から新しい企画で持ち込みに行っています。

完全に今までとは畑違いのチャレンジなのですが。

漫画家にはどうしてもなりたかったので、人生狂わせるレベルの行動をしましたし、そこから小説家への転身は、自分が一番守りたいものは何かという深刻な問いかけと共にあったのですが。

今回は「これをやったら面白そう」という、かなり軽い気持ちでスタートしているので、なんか自分自身がとても頼りないのです。真面目にはやるけれど、いつも自分の隣にあった決死の覚悟がないよね。

まあ出来上がったものが面白いかどうかだけが重要なので、むしろ重しがない方がいいかもしれない。

★『銃と宇宙 GUNS&UNIVERSE06』発売しております。

そろそろBCCKS以外のネット書店にも並ぶのではないでしょうか。

07をどうするかという話がスタートしており、さらに別の企画も考えなければいけないところ。そもそもの発刊の意義など、いろいろ考えて策を練っています。

★ほんのちょっとだけ関連してるなと思った幻冬社騒動。

社長と作家さんの間のトラブルがネット上で騒がれていましたが。

いつもだったら作家の側に立って、わーっと怒ってる自分が、さっぱり興味を持たずにいるのが不思議でした。でも気づいたのは。

あの批判の根底には、「作家と出版社は二人三脚で、出版文化を作り上げていく同志である。文化的な活動なのだから、金の話が前面に出てくるのは下品である」という感じのフレームがあると思うんですよ。

僕が、それをもう信じてません。なので、遠い世界の出来事のように見えていた。

電子化が進むと、取次の果たしていた金融機能がなくなるので、いつか出るかもしれないヒット作を待つ自転車操業は厳しくなります。出版社の経営が厳しくなれば、よりシビアに作家も見られるはず。売れる作家が重宝され、売れない作家が切られるのはいまでも当たり前だけど、もっと露骨になっても仕方ない。今回の話はこの辺が発端かなと。

なので、自分で自分が売れる作家であるという証明をしなければいけない。そのためにはセルフ・パブリッシングが重要。ということで、ガンズでいろいろ工夫を凝らさなければという話につながっています。がんばらないとね。

さらに話がとりとめなくなってきたので、本日はこの辺で。

| | コメント (0)

2019/04/26

もういくつ寝るとGW

もういくつ寝ると、ゴールデンウィークであります。原稿書きにいそしむ予定です。

仕事場で「GWずっと原稿なの? 大変だねえ」と言われたのですが、まあ確かにこんをつめると、ひどい肩こりとか首こりとか腰痛とかになりますし、ずっと座ってると内蔵圧迫されてだんだんぐったりしてきたりするのですが。

結局好きなことだから、体ボロボロになっても心は晴れやか。特に僕は切り替え下手で、いつも「予定ほど進まなかった……」というストレス抱えているので、存分に書けるまとまった休みうれしい。

やりたいことはたくさんあって。打ち合わせ用に企画案を一つ。さらに次の企画のプロットを固めたい。『マルくん』も2話ほど出したい。挿絵描いて、単行本作りたい。

……10連休じゃ足りなくない?

| | コメント (0)

2019/04/23

書くための勇気

日本独立作家同盟改め、HON.jp主催のイベント「『書くための勇気-「見方」が変わる文章術』(晶文社)出版記念セミナー」に、お手伝いにいってきました。


川崎昌平さんの出版記念トークイベントです。川崎さんのトークは、まさに立て板に水というかマシンガントークというか、全くよどむことなく、とても面白く、とてもわかりやすいお話でした。


書き続けるためには色々と勇気が必要だという内容。例えば今、川崎さんは漫画も書かれているのですが、お勤めをしながら描くためには、もう思い切って線を減らす勇気が必要だと割り切った絵柄で描かれています。例として、しっかりした描き込みの漫画とご自身の絵を並べてお話ししていましたが、僕は現場にいただけに、そこに突っ込まれた労力がよくわかります。世の中にはすごい速度で超高画質のスーパーアシさんがいるけれど、僕だったら確実に、一コマに一日かかる。


そこを割り切らなければ、確かに書き続けることはできません。実際僕が、漫画の同人誌も描かなくなっているのは、他の仕事しながら、かつ商業チャレンジの小説の原稿書きながら、見れるレベルの原稿描こうとすると全然進まない、という状態だからですしね。おまけ漫画ですら、GWの連休頼りなんだよ(^^;;)


また書き続けるためのモチベーション維持のために、主導権を自分でしっかりキープすることについて力説されていたのも印象的でした。これまた僕は、漫画で、主導権を手放さなければいけなくなってしまう現場を見ているだけに、共感できるポイントでした。


このたび出版されたのがこちらです。



会場で大人気で持ち込んだ本が、あっという間にはけていました。すごい。

| | コメント (0)

2019/04/19

文章の馬力=引き込む力

自分の書く文章の馬力を、もっともっと上げないといけないなと思っているのです。

僕が漫画家から小説家に転身した一番大きな理由は、1話ごとのアンケートで存続を検討される連載漫画だと、伏線を張るとアンケート結果が下がって致命傷になる場合があり、そういう話を作るのに度胸がいる。だったら最初から、もっと大きな塊で物語を読んでほしいなと思ったからです。小説は書き下ろしが多いので、それができると思った。

でもですね。

完全にそこから解き放たれるというわけには、なかなかいかないなあというのが、最近の僕の感想です。

途中途中のアンケート投票がなかったとしても、忙しい現代人には、面白いのか面白くないのかわからないものにダラダラと付き合ってる暇はない。面白いよということを、冒頭からずっと提示し続けなければいけない。

特に最近はコンテンツが世に満ちあふれ、余暇時間の奪い合いになっているので、この重要性はどんどん強まっています。

ただ、ここで、PV至上主義みたいになって、インパクトを追い求めるばかりになるのも、嫌なので。

では何ができるかなと考えると。ここで冒頭に帰って。

文章の馬力を上げて、読むことそのものが楽しいという状態を作り、一度読み始めた読者さんをずーっと引っ張り続けられるようになりたい。

そのためには、まだまだ精進が足りません。がんばろう。

| | コメント (0)

2019/04/18

文章の馬力と絵の魅力

進捗状況報告ですよ。「スケジュールいじったわりに進まない」と嘆いていましたが、少しスピードアップしてきましたよ。

『マルくんのおことわり』執筆中であります。ネーム版がこちら。セルフノベライズの第1話がこちら。

3話で一区切りなので、そこまでは一気に書きたいのだけれど、苦戦中。

昨日ちらりと書きましたが、肉付けのところ。僕は生粋の文筆家じゃなくて、漫画家経由だから、最初に思いついた時、映像込みのシーンとして頭の中で動いてるんですよね。今回の『マルくんのおことわり』は、一度ネームにしたものをセルフノベライズしているのですが、頭の中は普段からその状態。そうすると、初稿はどこかセリフや状況のメモみたいに箇条書きみたいになっていて。足していかないと文章にならない。

その時に、もっともっと引き込める、力のある文章を書きたいなと思ったのです。ただ、昨日みたいに疲れていると、頭が煮える気分になって、「何も出てこない……」となります。一応昨日も、がんばってちょこっと進めました。

『アンナ・アップルトンの冒険』単行本化計画も進めています。こちらは本文はもうnoteに載せているので、挿絵、というか挿し漫画。

もう商業漫画家として仕事することはないだろうと思うのですが、セルフパブリッシャーとして、使えるスキルは全部使うよ! ということで、おまけ漫画的なものを幕間に。ネーム描いてる時が一番楽しい。

こちらも、引きこめる、力のある絵を描きたいなと。絵の魅力はあればあるほどよい。

そろそろGWで連休になるから、がんばって進めます。

| | コメント (0)

2019/04/17

エンジンかからず

本日はずっと原稿書いていていい日だったのですが。

創作エンジンがかからず、PCをぼんやり眺めていたら、4時間過ぎた。

PCでの執筆は、すぐに逃避できるからよくない。読むものがこんなに世にあふれてるのもよくない。

どうせ4時間、何かを読んでいるんだったら、積まれてる資料本読めばよかったな。

エンジンがかからない理由は、ちょいと難しいところに差し掛かっているからです。

一通り文章は書いてあって、ただまだお話の骨格でしかないので、ここに肉をつけていかなくてはいけない。

そうすると、ちょいとよさげな文章が欲しいのだけれど、お疲れ気味の脳みそだと、なんにも出てこないのです。

ちなみにこの記事はそんな諦念の果てに、とりあえず何か文字を打ってたら頭の回転数上がるかもと、日が傾き始めた昼下がり、今日は天気いいなあと窓の外を眺めつつ書かれています。

これでだめなら、今日はもう切り替えて、明日からの仕事の準備を先にしちゃおう。

| | コメント (0)

2019/04/16

選挙戦

地方選挙が今週末。

ということで、選挙カーが走っているのですが。

仕事行く前に家で原稿書いていると、これがめっちゃ腹立つわけですよ、うるさくて。

特にひたすら名前を連呼するやつ。むしろあれは僕に対しては逆効果で、「名前さえ覚えさせれば政策なんかどうでもいいという貴様にだけは入れん!」という気分になるのですが。

じゃあ政策唱えてれば好感度高いのかというと、「聞き心地のいいことばかりで実現性の薄いこと言ってるお前は、それで騙せると俺の事をバカにしてるから入れない。とりわけ地方選挙で、安倍政権の独裁がーと叫んでいる奴は、パワーワードさえ入れとけば騙せると思っているから、絶対にない!」ということになるので、まあめんどくさい人なわけです。

ただ、思うにですね、そんな選挙戦がまかり通るのは、それが結局効果があるからですよね。

自分自身を振り返っても、せいぜい直前にちょっと調べて、あとは選挙公報で比べるぐらい。

そういうことではちゃんとフィルターかからないよなあと思うのだけれど、今度の日曜は用事があるので、やっぱり朝にちょっとだけ調べて出かける前に投票するんだろうなと。

でも、選挙カーうるさい(引き続きめんどくさい人)

| | コメント (0)

2019/04/02

新元号と新年度

新元号『令和』の話題が巷にあふれた本日。

その裏でひっそりと重大なことが起きていました。

なんと今年の4分の1が終わったのです!

やばいよ! 新年度だよ!

何にも表に出せないまま4分の1が過ぎてしまったわけですけれども。

仕掛品が多いんですよね。並行作業をしていて、みんな途中なのです。

ガンズはもうちょっと。

自分の作品で、挿絵を描いているのが1つ。連載形式で書いているのがあって、第一話校正待ち、第二話推敲中、第三話荒書き終わったところ。

がんばれば、とととっと全部出せそうですけれど。今週はまたちょっと忙しい。

早く出したいですねー。

今年の目標として、どんどん外に出していって、接触率を増加させることを掲げていたのですが、まだうまくこなせていません。

なんとかせねば。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧