書籍・雑誌

2022/09/13

峠うどん物語

峠うどん物語 (重松清・著)を読みました!

峠うどん物語 上峠うどん物語 下

中学生の野島淑子(のじま・よしこ)は、無口で頑固一徹職人気質の祖父と、おしゃべりで世話焼きでぐいぐいと押しの強い祖母が切り盛りしているうどん屋を、ちょくちょく手伝いに行っている。元は風光明媚な峠のうどん屋だったのだが、目の前に市営斎場が出来てから客層が変わってしまった。葬式帰りに立ち寄るお客さんからは、それぞれの事情が垣間見えて……。

前後編二冊組。亡くなった人と残された人々を書いた作品なのですが、葬儀場本体ではなく、道路一つ隔てたうどん屋、というシチュエーションが絶妙です。

舞台を葬儀場の中にしたり、主人公を寺の住職や医療関係者にしたりと、人の死を直接扱うシチュエーションにすればお話は激情型の悲劇になるのですが、通り向かいのうどん屋さんに来るのは、通夜ぶるまいや精進落としに預かるほど故人と親しくない間柄、しかしさりとてすぐに帰りのバスに乗って山を下りて街に戻るのはちょっと……という感じでうどん屋に立ち寄る、微妙な関係性の人達です。

悲しいは悲しいのだけれども、号泣するほどではない。さりとて、義理で顔を出したというだけでもない。その絶妙な距離感。それが作品全体を貫いていて、人の死、人生の終わりが淡々とした筆致で描かれる。だからこそ逆に、死とはなんだろう、人生とはなんだろうと考えさせるのです。

そうして最後のエピソードでは、そういう人たちを眺めてきた淑子自身が、そういう葬儀に立ち会う立場になる。テーマがすっと通った、とてもいい作品でした。

独立した短編の連作の形式を取っているのですが、前に出たエピソードを伏線として、ちょっとファンタジーな風味で仕上げた『立春大吉』と、近所のみんなに信頼されている町のお医者さんが自分の妻の最後に寄り添う、『本年も又、喪中につき』がとてもよかったです。

重松先生は本当にうまい。

| | コメント (0)

2022/07/24

青い鳥

青い鳥 (重松清・著)を読みました。

青い鳥

千葉知子はしゃべれない。しゃべること自体ができないのではなく、学校に来ると言葉がうまく出なくなる。それは一年生の時に口の悪い自分をクラス全体から糾弾されたから。この学校は過去に自殺者が出ていて、それ以来友情の誓いという戒律があったから。

そんな知子の前に、重度の吃音がありしゃべるのが苦手な国語教師、村内が現れる。みんなにその吃音を馬鹿にされる村内先生は、知子に「間に合ってよかった」と言うのだが……。

学校で問題を抱える子供が主人公の短編集。ただ、全編に村内先生が登場し、全体を貫くテーマを体現していきます。代用教師でしゃべるのが苦手なのに国語教師ということで子供たちには軽んじられている村内先生は、話が進むにつれて子供を救うスペシャリストなのだということがわかってきます。

問題の設定も興味深いものでした。最初のエピソードを読み始めた時に、子供主人公で学校が舞台のお話によくあるいじめがテーマなのかなと思っていたら、ちょっと毛色が違ってきます。単純にいじめられている子ではなく、加害側の子だったりするのです。

さらに加害側というのも単純な話ではなく、交通事故加害者家庭の子とか、一筋縄ではいきません。なかなか見ない視点なので、当然落としどころも予想しづらく、話の行く末が気になるのです。

そして何と言っても素晴らしかったのが、最後のエピソード『カッコウの卵』。それまでずっと学校の生徒のお話だったのが、最後は卒業生。村内先生に救われた子供の未来が描かれていました。

家庭環境に問題のある子供だったので、やはりそういう部分での影響でいろいろ苦労しているんですけれど、それでもがんばって生きている。そして最高のハッピーエンド。

村内先生の救った子供が、さらに他の子を救う構図になっていて、そして幸せがやってくる。もうめちゃくちゃよかった!

僕は作者の重松先生リスペクトなんですけど、ますますすごいなあと思ったお話でした。

| | コメント (0)

2022/07/20

クラスメイツ

クラスメイツ (森絵都・著)を読みました!

クラスメイツ〈前期〉クラスメイツ〈後期〉

春。中学に入学した最初のクラスで、千鶴は緊張していた。友達作りには最初が肝心なのに、出席番号順の座席では相本という名字の千鶴はいつも一番前の角。隣は同じ小学校出身で怖いことで有名だった久保さん。後ろの席の子に賭けるしかない。

その席にやってきたのは、小柄で天然パーマで一重の細目の女の子。千鶴が勇気を振り絞って話しかけると……。

中学一年A組の24人、一人ひとりを順番に主人公にして書き綴る短編集です。前後編2冊組、各150pほどなので、一編もさらさらっとお手軽に読めます。もしかして、朝読対応なんだろうか。

さて、一編ごとに主人公が代わる短編集なのですが、一つのクラスの中なので、全編が緩やかに繋がっています。ある話で脇役だった子が、他の話では主人公。僕は伏線がうまく張ってあるお話が大好きなので、そういうエピソードに心惹かれました。

特に7話の虫好きの少年、陸と、不登校になってしまった幼馴染の女の子、田町。偶然夏休みに出会った時に陸がうまく立ち回れず、後悔の中終わるのですが、15話の田町さんが主人公のお話で、それが見事に伏線として回収され、素敵なラストシーンにつながります。

あとラストと言えば、僕はきれいに終わるお話も大好きなのですが、最終話のエピソードも素敵です。

クラス委員長ヒロ。気苦労の多い彼に、最後に訪れるシーン。ああ、そうだ、これも伏線で張られていたと思いだし、その後に紡がれるだろう言葉に顔がほころんでしまいました。いい話だった。

| | コメント (0)

2022/06/15

フラダン

フラダン (古内一絵・著)を読みました!

工業高校2年生の辻本穣(つじもと・ゆたか)は、陰湿な雰囲気の水泳部に嫌気がさして退部。しかしその原因となった部員がクラスメイトで、事あるごとに嫌味を言われ、鬱々とした気分で過ごしていた。

そんな穣のもとにやってきたのは、空気をまったく読まない系女子、澤田詩織(さわだ・しおり)。彼をフラダンス愛好会にスカウトしに来たのだと言う。まったく経験もないのになぜという穣の問いに、体目当てときっぱりと言う詩織。こんな怪しい勧誘には乗れないと抵抗する穣だったが……。

こうして序盤のあらすじだけ書くと、変わった題材を扱っている部活物のように見えますが。

それは間違いではないのですが、そこに加わる一つ重要な背景があります。それはこの作品の舞台が福島だということ。

原発事故から5年経った頃のお話。ほとんどの登場人物が被災者です。

そして福島県といえば旧・常磐ハワイアンセンター、スパリゾートハワイアンズのあるところです。そこのフラダンスのショーをやろうとがんばった人たちを描いた映画『フラガール』も有名です。

この福島という土地に関連する二つのことを、うまく絡めた作品となっているのです。

最初は変人に囲まれた穣が苦労しながら、だんだんとフラダンスにのめり込んでいく様子を書いており、それだけでも十分面白い出来なのですが。

その最中にいろいろと蒔かれていた伏線が、被災した過去が浮かび上がってきたときに一気に芽を出し、作品に深みを与えます。

クライマックスのフラガールズ甲子園のシーンが、とてもいいのです。僕はうまく計算された伏線が大好きなタイプなのですが、愛好会の名前『アーヌエヌエ・オハナ』、ハワイ語で「虹の家族」が、ストーリー的にとても重要な意味があり、クライマックスでバーンと使われているところにめっちゃ痺れました!

キャラクターも個性的で生き生きとしていて、本当に面白かったです。良作。

| | コメント (0)

2022/05/02

パラ・スター〈Side 宝良〉

パラ・スター〈Side 宝良〉(阿部暁子・著)を読みました!

パラ・スター <Side 宝良>

高校の時の交通事故で半身不随となり車いす生活になった君島宝良(きみしま・たから)。親友の山路百花(やまじ・ももか)のおかげで目標を取り戻し、厳しいトレーニングの末、車いすテニスの選手として東京パラリンピックの有力候補となるまでになっていた。

ところが最近、宝良は絶不調。パラリンピック代表は他の人の方がいいのではないかと陰で言われる状態になっていた。それには、これまで二人三脚で歩んできたコーチとの別れがあって……。

前の巻は百花の視点。この巻は宝良の視点。障害者である宝良本人が主人公なのですが、むしろ障害というテーマが薄まっている不思議な感じがあります。

宝良本人が障害者として苦労しているシーンもありますし、車いす生活になってしまったみちるちゃんがそのために友人関係に悩むエピソードもあり、書いていないわけではないのです。ちゃんとお話のテーマとしてしっかり扱われています。ですがそれ以上に、アスリートとしての宝良の熱量がすごい。

新しいコーチと組むとなった時のセリフなんか、もうしびれるもん。

「最上さんと戦った時にしたことは本当に苦し紛れだった。でもそこに少しでも可能性があるならそれを伸ばしたい。あんな無様な戦い方は、もう二度としたくない。コーチが病気になって動揺してたとか、そんなのは敗けていい理由にならない。だって私は、大会の初戦の日に雪代コーチが死んだとしてもきっとコートに立つ。コーチだけじゃなく、たとえそれが親でも、一番大事な友達だったとしても」
 人間性を疑われたとしても仕方ないことを言っていると自覚はあった。それでも志摩は顔をしかめることも、笑うこともなく、こちらを見つめ返す。
「だから私に何が足りなくて、それを得るために何をするべきか、志摩さんに見えるものを教えてください。何だってやります、強くなるためなら」

こういう覚悟で、この後熱戦が続くのです。もう最後の試合なんか、本当に手に汗握る展開です。想いの密度がすごくて、涙出た。

最高のスポーツ小説を読んだ。そういう感想で読み終えたのでした。

本当に傑作だよ!

| | コメント (0)

2022/04/26

パラ・スター〈side 百花〉

パラ・スター〈Side 百花〉(阿部暁子・著)を読みました!

パラ・スター <Side 百花>税込594(2022/04/25時点)

車いすのトップメーカー藤沢製作所に勤める山路百花(やまじ・ももか)は、一つ夢を持っていた。それは中学からの親友の車いすテニスプレイヤー君島宝良(きみしま・たから)に、自分の作った車いすを使ってもらって、一緒にパラリンピックに出ること。

ただし百花はまだ全然駆け出しで、それに比べて宝良は日本代表にも選ばれるようになった期待の星。どんどん開いていくその差に百花は焦る。そんな時、一つの依頼がやってきて、百花にとってはチャンスとなるのだが……。

最近がんばってアウトプットを増やしていたら、今度は逆にインプットが減ってしまっていて、これはイカンなと思ってたので、とあることをきっかけにして読んでみようと思った作品です。

事前の印象は実はあまりよくありませんでした。ブンガクにも「扱うべき題材とその書き方」みたいなものがあるじゃないですか。それで苦労してるので、ぶっちゃけそういうものに対する心象がよくない。障害とかですね、いじめとかですね、あらすじを見ると「まあ、企画通りやすいのはその辺だよね」と、ちょっとひねくれたくなるのです。作品の問題ではなくて、僕の心が荒んでいるという話なんですけれども。

しかしこの作品は、そんなひねくれた見方を吹き飛ばす、素晴らしい出来栄えでした!

前述の通り、ひねているのは「題材と書き方」に対してなんですよね。「安っぽい綺麗事言ってんなよ」と言いたくなる。

けれどもこの作品には、それが一切なかった。

そういう出来事が、しっかりとキャラクターの人生の中に取り込まれていて、安っぽい解決なんかまったくしていない。困難から立ち上がる、その熱量が、あふれんばかりに書き込まれています。キャラクターが生きてるってこういうことだ。過ごしている人生の濃さが、本当にすごい。ぐいぐいと引き込まれていきました。

「それだけ大きな困難なんだから、それに立ち向かう様をちゃんと書けば、本当に面白いんだよな」と、僕の荒んだ心が読後には清らかになっていたという傑作でした。

みちるちゃんのところがねえ、めっちゃいいんですよ。

そして宝良側から書いた続巻があって、こちらがまた素晴らしかったのですけれども、それは次回。

| | コメント (0)

2021/07/18

夏が来なかった時代

夏が来なかった時代 歴史を動かした気候変動 (桜井邦朋・著)を読みました!

こちらは直近の作品の資料ではなく、先々書いてみたいなという作品の土台調べ。気候変動が歴史に影響をもたらしたのではないかという話。

太陽活動の影響で、気候がぐっと寒くなった時期として有名なのが、マウンダー極小期。なにが極小なのかというと、太陽表面の黒点活動です。太陽の黒点は太陽の磁場の動きによっていて、活動の活発さの指標になるのです。黒点の数がガクッと減った1645年から1715年には、気候は全体的に寒冷化。ロンドンのテムズ川が凍って、スケートできたりしたとのこと。

ただ、こちらで中心として扱っているのはそのあと。極小期を脱したあと、1770年代から1830年代にも寒冷化がありました。これに影響したのではないかと言われているのが、火山の大噴火です。アイスランドのラキ火山が1783年に大噴火。さらに日本でも同年、浅間山が大噴火しています。これで鬼押出しとかできたんですよね。

元々寒冷化していたところに、巨大噴火が相次いで成層圏に塵が滞留、日照を遮りさらに冷害がひどくなりました。世界各地で飢饉が発生しています。日本は天明の大飢饉。そしてヨーロッパでも飢饉が発生していて、それがフランス革命の原因になったのではないかという説があるのです。

面白いなと思ったのは、そういう歴史の流れが、芸術の中にも見られるのだという視点でした。当時の絵画で、空の色が赤っぽいものがあるのは、絵としてのアイディアではなく、大気中の塵のせいで実際にそういう色だった。やたら曇り空の絵が多いのも同様。実際に天気が悪かった。画家たちは見た通りに描いていたのだという話です。

僕は学生の頃、歴史にさっぱり興味が持てなかったタイプなのですが、こういう科学的な視点から説明されると、面白いですね。土台調べはさらに続行。

| | コメント (0)

2021/07/05

三人寄れば、物語のことを

三人寄れば、物語のことを (上橋菜穂子・荻原規子・佐藤多佳子・著)を読みました!

こちらは上橋菜穂子先生、荻原規子先生、佐藤多佳子先生と有名な児童文学作家3人の鼎談集です。元々普段から交流のあるお三方だそうです。

上橋先生の精霊の守り人シリーズの『天と地の守り人』文庫化記念の企画が最初。その後、荻原先生の『RDG レッドデータガール』完結記念、そして佐藤先生の『シロガラス』刊行記念で鼎談をして、一冊にまとめた、という本です。

ちなみに、うち二冊は読んでて、感想書いてますね。『天と地の守り人』。『RDG 6 レッドデータガール 星降る夜に思うこと』。

せっかくだから、もう一冊の『シロガラス』も今度読んでみよう。

一番興味深かったのは、お三方とも「キャラが勝手に動く」という話をしていること。これは作家の間でよく言われることで、しばしばキャラクターがストーリー上の計算から離れて、あたかも本当に生きているかのように勝手に動き出す現象。これは悪いことではなく、むしろそうなった作品はうまくいくという話。

勝手に動き出すと言っても考えているのは作家本人なので、実際にはキャラクターをしっかりつかめているので、リアクションを無理にひねり出さなくてもすいすい浮かんできて、連鎖的に話が進んでいく、という現象なんだと思うのですけれども。僕も初連載取ったケッタ君は、最初は全然ネームが通らなかったけど、じゃが丸さんが生まれてコンビが誕生してから「勝手に動く」状態になって、コンペを勝ち抜けたのでした。

さらに「勝手に動く」が、ただの暴走ではないというのもポイントです。お三方とも、「どこまで書くべきか」という話も一緒にしています。キャラは動くので膨らませようと思えばいくらでもできるけど、これはどんなお話かということを考えて、あえて書かない。そういう判断が同時になされている。

物語を一つの流れとして進める部分とまとめる部分。奥深い話ですねえ。

| | コメント (0)

2021/06/09

世界幻妖図鑑

いつもの出かける仕事が休みな今週前半。しかしそこに他のお仕事が入ってきています。昨日は一日作画仕事。そしてまだまだやることは山積みです。

けれど、貸し出し期限が来ちゃうということで、資料本を読み終えて図書館に。

真夏日の炎天下に出かけるのが嫌だったので、夕方ちょっと雨が降って日も落ちて涼しくなってから出発。在宅仕事はこういう時に融通が利いていいですね。昼間に、ネット書店で買った本の宅配が来たのですが、扉を開けた途端に熱風が吹き込んできて、宅急便の人に申し訳ない気持ちになりました。

図書館で借りるのは「手当たり次第に読む」系の資料です。全体のイメージをつかむとか、もっと面白いアイディアがないかなとか、最初に企画を立てる段階で読む本。

借りていたのはこちらでした。『世界幻妖図鑑』。大判の本で、絵本寄りなカラーイラストが楽しい本。企画の方向性からすると、この本の内容はちょっと違っていたのですが、イメージを刺激するにはぴったりで、読むといろいろ想像がはかどりました。

アウトラインは見えたので、そろそろお話の形にまとめあげていく頃合ですかねえ。

| | コメント (0)

2021/03/05

電子と暮らし

電子と暮らし(西島大介・著)を読みました!

2/21のHON.jpブロードキャスティングにゲストで来られた西島大介さん。ブログにも書きましたが、その活動がとても興味深かったので、紹介された本を買って読んでみたという次第。西島さんがイタリアからの出版オファーを契機にして、自作の権利を自分で管理し、個人出版していく体験記です。その時その時に考えたこと、感じたことが記されていて、とても面白く読めました。

さらにこちらの本は次の週のゲスト、竹田信弥さんの双子のライオン堂書店からの出版です。そちらでも、自ら情報発信していく、これからを生き残ろうとする書店の姿に感銘を受けていたところでした。

つまりこの本は、僕がここによく書いていることに関連している。それは次世代の出版の形。小さいサイクルで個人がなんとかするという形です。

本との出会いの主戦場がリアル書店の店頭からネット上に移っていっている現在、ネットの性質上、売れるものはどんどんピーキーになっています。バズって話題になったものがわっと売れ、そうじゃないものは埋もれる。そうした状況下で目先の売れるものを追っていくと、後追い後追いになって先細ってしまう。次の当たりの種を確保するためにも出版の多様性は重要で、それを維持するためには、採算ラインを下げる必要がある。埋もれた状態でも一応回る、ダウンサイジングした小さなサイクル。

大きな出版社は体力があるので、自社内で売れてるものとそうじゃないものがバランスしていればいいのですが、もともと小さいところが担っていたジャンルは、これを考える必要があると思うのです。

さて、そういうことを考えている中で、この本を読んで特に感銘を受けたのが2カ所ありました。

一つは『その2 合言葉はネグレクト』の中に出てきた、「作品は資産」という言葉。

そういえば、メールのやり取りと顔合わせ以外、僕はこれといった仕事はしていない。1ページもマンガを描かず、作品を右から左に動かしただけ。その時初めて「作品は資産」と気がついた。そして僕はありがたいことにけっこうな冊数をこれまで刊行している。過去に国内で売り上げが芳しくなかったとしても、ほったらかしでも、それは資産。

多分これはビジネスだ。僕にとって初めての資産運用が始まった!

イタリアからのオファーに対応していて、自分の作品群の秘められた可能性に気がついた西島さん。電子書籍に自分でまとめようと思い立ち、考えていく中で、電子書籍には、とりあえず無料で読んでもらって「続きをもっと!」という状態に持っていくため、次々と読みたくなる読み心地とある程度まとまった冊数が重要だという考えに至ります。セールを機会に入ってくる人が多いため。そうなると、自分の過去作品のストックが効いてくる。

確かに電子書籍には、続きが気になるとつい衝動買いしてしまう、簡便さからくる魔力があります。まとめ買いも容易です。そう考えると作品をため込むことは重要そうです。「資産」という言葉はそれをイメージしやすくていいですね。

もう一つが『その52 公人は私腹を肥やす?』の中に書かれていた文章。

今までも、そして多分現在も、僕は完全に「私的な動機」でマンガを描いている。(中略)「出版」の英訳は「パブリケーション」。公にすることが出版社の役割。僕はそれを個人で、電子書籍でやろうとしている。

極めて私的な動機や体制で制作されながら、それがとてつもないポピュラリティを生む、そうな素晴らしい作品や奇跡のような現象はたまにある。正直羨ましい。

そういうものを、いつか生み出されたらなといつも願っているけど、現状は「じゃ、勝手にやれば?」と誰にも相手にされていない状態。だから僕は作品という「私」を、出版社ではなく自分自身で「公」にする必要がある。

自費だとか非流通だとか、コミケとかアートブックフェアとか、ISBNがあるかないかではなく、「セルフ・パブリッシング」って本当はそういう決意のことだ。たぶん。

うむ、そうだ。自分でやったるぞという決意、それがセルフパブリッシングの本質。

僕もやったるぞと、決意を新たにしたのでした。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧