« お仕事中 | トップページ | 偵察京都vs札幌・鳥栖と京都戦展望 »

2024/06/25

欧州選手権その2 ちょっと心配

サッカー欧州選手権EURO2024、グループステージ第2節です。

まずはドイツ2-0ハンガリー。

試合の入りからドイツが優勢で、ボールを保持しながら敵陣に押し込んでいきます。その中で22分。ヴィルツ選手からペナルティエリア前のムシアラ選手へ。スルーパスを出すとギュンドアン選手がコントロールしますが、オルバン選手がカット。しかしこぼれてごちゃっとなったところを、もう一度ギュンドアン選手が拾ってパス。ムシアラ選手が決めました。

後半に入ってもペースは変わらず67分、ドイツ追加点。押し込んだ状態でドイツのクロース選手の楔がムシアラ選手へ。左へ展開すると、ミッテルシュテット選手がダイレクトでグラウンダーのクロス。ギュンドアン選手も左足ダイレクトでシュートを決めました。非常にきれいな展開でした。

安定した戦いぶりで、ドイツ2連勝です。

デンマーク1-1イングランド。

先制点は18分でイングランドです。ベリンガム選手が右サイドへスルーパス。サカ選手と競争になったデンマークのクリスティアンセン選手は、サカ選手は抑えられたので大外のウォーカー選手に気づかず足を緩めてしまい、ボールをかっさらわれます。ウォーカー選手のグラウンダークロスはベスターゴーア選手とクリステンセン選手に引っかかりますが、こぼれをケイン選手が決めました。

34分にデンマークが同点弾。イングランドのパスをクリスティアンセン選手が奪ってパス。受けたヒュルマンド選手が地を這うすんごいロングシュートを決めました。

デンマークの方が、いい守備からいい攻撃で、狙い通りのサッカーができていた感じ。試合中解説でイングランドが優勝候補であること、アタッカーに各リーグで点を取っている人がそろっていることを紹介していたのですが、2試合見た感じで言うと、相手の守備を崩すようなパスや 切り込みがあまり見られない印象です。ちょっと心配。

さあ第3節はどうかな。

|

« お仕事中 | トップページ | 偵察京都vs札幌・鳥栖と京都戦展望 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お仕事中 | トップページ | 偵察京都vs札幌・鳥栖と京都戦展望 »