« 文学フリマの今後 | トップページ | ミャンマー戦と内戦 »

2023/11/21

来年のワクチン

来年の新型コロナワクチンについてのニュースを読みました。

新型コロナワクチン 来年度から原則 費用の一部自己負担の方針

来年度からの新型コロナのワクチン接種について、厚生労働省は季節性インフルエンザなどと同様に、接種を受ける人に原則、費用の一部自己負担を求める方針を固めたことがわかりました。来週、専門家の意見を聞いたうえで正式に決めることにしています。

新型コロナのワクチン接種は来年3月までは接種費用を全額公費で負担して行われることが決まっています。

来年度以降の費用負担について、厚生労働省は季節性インフルエンザなどと同様に原則費用の一部自己負担を求める「定期接種」とする方針を固めました。

具体的には、65歳以上の高齢者など重症化リスクの高い人について、国の交付税で接種費用の3割程度を補助した上で、接種を受ける人に原則、費用の一部自己負担を求める方針です。

また、接種の時期は年に1回、秋から冬の間に行う予定です。

65歳未満で重症化リスクが高くない人については国の補助がなく、全額自己負担や自治体からの補助を受けて接種する「任意接種」とする方針です。

さらに、新型コロナは流行する株が次々と変異することから、インフルエンザと同様に当面の間、使用するワクチンの株を毎年見直すこととしています。

厚生労働省は来週開かれる部会で専門家の意見を聞いたうえで、正式に決めることにしています。

NHK NEWS WEB 23/11/17

以前から言われていた通り、来年のワクチン接種は自己負担になる模様。インフルエンザと同じ5類にしたので、ワクチンもインフルエンザと同じという理屈。

これに関しては、まあそうかな、と思うのです。そもそもコロナ禍が始まり、いろいろ支援が入る中、この支援のためのばらまきがずっと続けられるだろうとは思っていなかったので、5類にしてその辺の対策をなくしたこと自体は仕方ないかなと思っています。

ただ僕が、これは許せないと思っているのは、それによって生じる批判を避けるために、新型コロナのリスク自体がなくなったような扱いをしたこと。事実誤認させて自粛をさせず経済を戻そうという狙いもあったでしょう。

コロナが終わったという雰囲気を作り、感染のリアルタイム集計を止め、定点観測という分かりづらい発表に切り替え実態を隠し、もうすでに明らかな感染増加が発生している時に増加が流行が起きていないか注視するなどと口先の答弁を重ねて、何もしなかった。口うるさい専門家会議も解散。その結果、前回の第9波は明らかに感染の波が止まらず長期化しましたし、大勢の超過死亡者が発覚し始めています。今回ははっきりとした人災だと思います。

現在、岸田政権の支持率がガタガタに落ちてますが、口先ばっかりで自己保身ばかりしているのが見透かされたからだ、ざまあ、というのが、僕の本音。今選挙があっても自民党には入れないと思うんですけれど、ただコロナのリスクが下がっていないのでちゃんと日本人を助けてくれるところに入れたいなと思っても、どこも反科学議員ばかりで、まともな対策取ってくれそうな政党がないというところが大問題。

ニュースでもろくに流れなくなっているので、海外の研究などを紹介してくれているアカウントを追っかけているのですが、そこで流れてくる研究結果には、非常に気になるものが多くあります。

このコロナ禍の当初から、医療関係者の声として「こんなに急に全身状態が悪くなって亡くなる病気なんて見たことない」というものがありました。その原因がサイトカインストームという、炎症物質の暴走というのは以前から言われていましたが。

さらにウイルス感染した時に細胞内で何が起きているのか、という研究結果がちょこちょこ出ています。その中に、どうやら細胞内のエネルギー発生器官であるミトコンドリアを弱らせている、というものがありました。血管もダメージを受けているようです。なるほどそれでいきなり全身の状態が悪くなっちゃうのかとか、呼吸器の病気のはずなのに後遺症が全然関係なさそうなものまで多岐にわたるのはそのせいかとか、そういう部分は腑に落ちました。腑に落ちたけれど、安心どころか、不安しかない。

さらに感染を重ねるほど後遺症になるリスクが高まるらしいとか、脳へのダメージが蓄積し集中力とか記憶力に問題が発生するようだとか、研究が進めば進むほど僕の不安は増大しています。

絶対かかれない。政治には期待できないので、自分の身は自分で守るしかない。

さて、そういう時に最初に戻りまして、来年のワクチンがインフルエンザ同様にお金を払って打つようだということがわかったのですが。

お金を払って打てるなら、流行に合わせて年2回打つことは可能なのだろうか。

インフルエンザと違い季節性が弱く、ずっと夏冬年2回の流行が続いています。ワクチンの効果は数ヶ月するとだいぶ下がるということはわかっているので、ぜひ以前のように年に2回打てるようにしておきたいなと思うんですけれども。

記事内では年1回と書かれています。多分これも予算の都合。全部自費でもいいから、2回打つ方法はないのかな。

|

« 文学フリマの今後 | トップページ | ミャンマー戦と内戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文学フリマの今後 | トップページ | ミャンマー戦と内戦 »