« vsFC東京 なかなか進まず | トップページ | 悪いとこ取りで猛暑の予感 »

2023/07/03

失敗は成功の母のはず

こちらの番組を見ました

コズミックフロント 新型国産H3ロケット 指令破壊 その時何が? NHKBSプレミアム 23/6/29

このあいだ打ち上げ失敗してしまったH3ロケット初号機のドキュメンタリー。

H3ロケットは現在運用中のH2Bロケットの後継機です。現在、宇宙開発は民間企業も参入して、ビジネスとして発展しようとしています。そのためどこもコストカットを図っていて、日本の基幹ロケットもその流れについていくことが求められています。H3はそれを目指して開発されたのですが。

一段目に採用した新型のロケットエンジンに謎の振動が起きて、なかなか開発が進まないという事態に。そのドキュメンタリーを以前見ました。それを受けてのこの番組。

その問題をクリアして、ようやく打ち上げとなったところで、まずメインエンジンではなく横につけた補助ロケットブースターが点火しなかったというトラブル発生。

ちなみにこの時、とても失礼な質問をした共同通信の鎮目宰司(しずめ・さいじ)記者の態度にめっちゃムカついて、一度記事を書いてますね。今回の番組で、みんなが頭を抱えている様子とか、一生懸命原因究明している様子とか見たら、このあとにあれかと思い出してまたムカついてました。

さて番組はその後、原因を調べる様子を追っていました。データを分析し、可能性のある失敗のパターンを洗い出して、それの再現実験。かなり大変そう。

そしてようやく原因を突き止め、さあもう一度打ち上げとなったところ。

第1段ロケットは、補助ブースターとも無事に点火。ところが今までのH2ロケットと共通の第2段ロケットエンジンに火がつかず、打ち上げ失敗。なんでだよ! 今までちゃんと動いてたじゃん!

あんなに苦労してたのに、さらに試練が追加されるのひどい。

しかもこのシーン、いつもこの番組がそろそろエンディングというところでかかる曲が流れ、まるで成功してハッピーエンドで終わるかのようにめっちゃ盛り上げておきながら、その曲がふと途切れると失敗のアナウンスが流れるという、絶妙すぎてひどすぎる演出だったのでした。まあ、失敗するのはわかって見てたんですけど、盛り上がってからそのシーンが来るとダメージでかい。

H3ロケットだけではなく、最近の日本の宇宙開発は、月探査の小型機が通信途絶したり、着陸最後のところで墜落したり、すかっと大成功というのがなかなかありません。応援している方として悲しい。ちなみに個人的事情を付け加えると、今季のレイソルもダメなので、僕は何か応援しては結果に悲しむという繰り返しなのです。つらい。

けれどそういうつらいシーンばかりの番組の最後に。

応援している人たちの寄せ書きが贈られるという、心温まるイベントが映っていました。

僕も同じ気持ちです。日本は最先端のものづくりを絶対に手放してはダメだと思うので、ぜひぜひがんばって、次は成功させてほしいです!

|

« vsFC東京 なかなか進まず | トップページ | 悪いとこ取りで猛暑の予感 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« vsFC東京 なかなか進まず | トップページ | 悪いとこ取りで猛暑の予感 »