« vs浦和 つらい敗戦 | トップページ | 季節風 冬 »

2023/04/02

今週の漫画感想 残影のツァルト

大忙し期間に突入した月曜日。漫画読むのも大忙し。ジャンプ17号とジャンプ+の感想です。スレッドでつなぎますー。

まずはジャンプ。『ウィッチウォッチ』。また濃いキャラが増えたw

『あかね噺』。さあ始まる練成会。ここであの伏線使うのかな?

『逃げ上手の若君』。二人とも「大した事はしてない」とか「ささやかな加護」とか言ってるけれど、ものすごい超常バトルになっている。

お次はジャンプ+。『マリッジトキシン』第41話。ドンと見開きでそのセリフ。一見するとバトルの最中つながりがなさげに見えるけど、でも、これはそういう話で、そこで個性が作られる。

『株式会社マジルミエ』第64話。いろいろ思惑が絡み合っていく。お話が大きく膨らむところは楽しい。

『あやかしトライアングル』第124話。いったいどうなってるんだろうとずっと謎を振りまいておいて、さあわかっている人の登場か。膨らませる、たたむのタイミングがお見事。

というジャンプ17号とジャンプ+の感想でしたー。二日目にして喉痛い。23/3/27

大忙し期間で追い立てられてる水曜日。漫画読むのも大忙し。マガジン17号とサンデー18号の感想です。スレッドでつなぎますー。

まずはマガジン。『シャングリラ・フロンティア』。ちゃんと乗ってもらえるのかなw

『生徒会にも穴はある!』。豆知識に、素直にへーと驚いた。小さいころダンゴムシで遊んだけど、気づかなかった。そして花粉症にほのぼのしたw

『日向さん、星野です』。気持ちのすれ違いがあったり、接近したり、どうなるのかなあ。

お次はサンデー。巻頭カラー『古見さんは、コミュ症です。』。万場木さんには幸せになってほしいなーと思っているわけですが、なかなかいい予感。

『葬送のフリーレン』。過去に戻ったわけではなく、パラレルワールドになっていくのかな。アオリの『未来の魔法使い』というフレーズ、かっこいい。

『よふかしのうた』。空気を読まない最悪のタイミングで来た、と思ったけれど、これはあっちにつながるのだろうか。

というマガジン17号とサンデー18号の感想でしたー。さて、本当にいろんなものに追い立てられてるんじゃよ。23/3/29

『葬送のフリーレン』。ちょっとお休みしていて再開しての、新展開が始まっています。

このお話は、勇者が魔王を倒した後という異色の設定。勇者ヒンメルはすでに亡くなっていて、回想の中でしか出てこなかったのですが。その回想を読んでいるうちに、「ヒンメルかっこいいのでは」という気分になっておりまして、こっちの一行のお話も読みたい! と思っていたのです。

なので、過去にタイムスリップした! とウキウキしていたのですが。

どうも一筋縄ではいかないっぽい。これはフリーレンが体験した過去ではない、パラレルワールドの様相を呈してきました。

すると、一度体験しているから先がわかる、ということが封じられる。

どうなるのかな。楽しみです。

葬送のフリーレン 10

|

« vs浦和 つらい敗戦 | トップページ | 季節風 冬 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« vs浦和 つらい敗戦 | トップページ | 季節風 冬 »