« どうなる天皇杯決勝 | トップページ | 今週の漫画感想 オシエシニッシ執筆怒濤編 »

2022/10/15

ジェイムズ・ウッズ宇宙望遠鏡と小説続編

昨年末の12/25にジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が打ち上げられました。ハッブル宇宙望遠鏡の後継機です。ハッブル宇宙望遠鏡は地球上空600kmの軌道上にありますが、こちらは太陽と地球のラグランジュ点、月の向こう側に送り込まれました。150万km離れていて、1か月がかり。

そちらからの観測結果が届くようになり、記事が出ていました。

海王星の環も鮮明に撮影 ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡 SORAE 22/9/24

ちょっと変わった写真なのは、この望遠鏡が近赤外線で観測しているからです。

海王星は太陽系最遠の惑星です。45億kmほど離れていて、165年で太陽の周りを一周。直径は地球の約4倍。大型衛星の中では唯一逆行軌道を持つ衛星トリトンや、土星や天王星ほどではないですが、環を持っています。わくわくしますねえ。

太陽系外縁部を舞台にSF書いたら面白そうだなあと思ってるんですよね。僕は現在、『キャプテン・ラクトの宇宙船』を単行本にしようと、おまけページを作っているのですが、この設定なら書ける。続編書きたいな。

|

« どうなる天皇杯決勝 | トップページ | 今週の漫画感想 オシエシニッシ執筆怒濤編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どうなる天皇杯決勝 | トップページ | 今週の漫画感想 オシエシニッシ執筆怒濤編 »