« 少しずつ追いつく | トップページ | 今週の漫画感想 観測 »

2022/07/28

大相撲令和四年七月場所 波乱

七月の名古屋場所は前頭二枚目の逸ノ城関の優勝となりました。初優勝です。おめでとうございます。

ですが、タイトルに入れた「波乱」は平幕優勝だったことではありません。

途中からコロナ感染とその濃厚接触で隔離となっての休場が、どんどん増えていったのが波乱。幕ノ内力士42名のうち、14名が千秋楽を休場。三分の一がいなくなった計算です。

大相撲は若手力士は共同生活で、そうじゃなくても稽古で密着するから、感染者が一人でも出ると、部屋ごと休場になってしまいます。感染拡大の影響、超でかい。

ごひいきの力士がどんどん休場になっていってしまったので、ちょっとがっかりしてたのでした。

九月場所では感染が収まっているといいなあ。

|

« 少しずつ追いつく | トップページ | 今週の漫画感想 観測 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 少しずつ追いつく | トップページ | 今週の漫画感想 観測 »