« オミクロン2号 | トップページ | ルヴァン杯vs鳥栖 今度は快勝!!!! »

2022/04/13

偵察鳥栖vs札幌・京都とルヴァン杯鳥栖戦展望

連戦が続きまして、今週の週中はルヴァン杯。リーグ戦は負けてしまったので、ここで勝ってまた上向きになりたいところ。まずは偵察。

2022J1第7節、鳥栖5-0札幌。

鳥栖はここまでリーグ戦6試合で3得点と、得点力に課題を持っていたのですが、ここで一気に稼ぐ形になりました。

まず試合開始から鳥栖のプレスがはまって優位を取ります。そして早々と10分、先制点。鳥栖は右サイドへ展開してクロス、走り込んだ本田選手がPKスポット辺りから、ちょっと距離のあるヘディングシュート。これがゴール右下隅のいいコースに飛んで、ゴールイン。

後半に入り、札幌もやり方を変えたりしたようなのですが、やはり鳥栖の流れは変わらず。60分、左サイドからの藤田選手のロングスローをニアで小野選手がクリックし、その後ろの垣田選手がボレーシュートを決めました。さらに直後64分、鳥栖はカウンターから一度ペースダウンして組み立て。中野伸哉選手がスルーパスを通すと、ジエゴ選手が抜け出して折り返しのグラウンダー。これをファーで垣田選手が押し込みました。

さらに追加点が続きます。74分には右へ展開してクロス。組み立てている間に上がってきていた、この日左CBだった中野伸哉選手。完全にマークが外れており、ペナルティーエリア中央でどフリーで、さくっとインサイドでボレーを決めます。そして87分にはもうとどめるの5点目。正面からのFKを藤田選手がゴール右上隅にきれいに決めました。

5得点が目立ちますが、印象に残ったのは守備のはまり具合。そこから鳥栖が優位を取った試合でした。

第8節、京都3-1鳥栖。

試合の入りは鳥栖の方がよく見えました。ところが京都がぽんぽんと2得点します。

10分、京都は右サイドへ展開。山田選手から追い越した白井選手へ縦パスが通り、グラウンダーの折り返し。バックステップでマーク外したウタカ選手がダイレクトシュートを決めます。直後14分、左CKで高いボールをファーサイドへ。大外へ走り込んだ川崎選手が、しっかりと叩きつけるヘッドでゴール。

後半に入って、鳥栖はシステムを変更して4-3-3に。追い付くべく攻勢を強めます。しかしそこで京都に追加点。70分、京都が自陣ペナルティーエリアから大きくクリア、これは鳥栖が回収。しかし鳥栖CB原田選手のバックパスが弱く、ウタカ選手がかっさらいます。そのままドリブルでペナルティーエリア内に入り、落ち着いた切り返しで鳥栖GKパク・イルギュ選手と、追ってきた原田選手を外して、がら空きのゴールへ流し込みました。

77分には鳥栖が1点返します。本田選手のペナルティーエリア内のシュート。ブロックに行ったメンデス選手、右腕が体から離れて高い位置にあり、そこにボールが当たってPK。これを小野選手が決めました。

しかし鳥栖の反撃もここまでで、京都が逃げ切りです。

これを踏まえてルヴァン杯鳥栖戦の展望です。前回対戦は間隔の空いた週末の試合だったので、ウチは完全にフルメンバーで挑みましたが、今回は週中の試合なので変更がありそう。

守備では。

鳥栖はここ2戦、攻撃陣のスタメンに入れ替えがあり、誰か出てくるのかちょっと読みづらい状態。

その中で、まず出番がありそうなのが、大卒ルーキーで売り出し中の二人。荒木選手はドリブルの突破力があるタイプ。藤原選手は小柄で俊敏性があり、裏抜けがあります。しっかり抑えたい。

本田選手が調子がよさそうです。ドリブルに馬力があり、しっかり抑えたいところ。

今季左アウトサイドで先発している岩崎選手は、札幌戦はレンタル元で契約上出られず欠場、京都は追撃のためシステム変更により前半だけで交代。余力があるはずなので、ルヴァン杯に出てくるかもしれない。スピードがあり、中にも切れ込んでくることができます。しっかり付いていくこと。

攻撃では。

まず期待の筆頭が、リーグ戦でも出番を増やしている升掛君です。鳥栖は基本3バック、しかもその左右のCBはどんどん攻め上がる戦術を取っています。ということはカウンターの時にその辺りにスペースができているわけで、升掛君はそこを突ける。現在ルヴァン杯では得点王です。このままどんどん点を取って欲しいです!

もう一人、最近出番を増やしているといえばアンジェロッティさん。ただ去年から見ていて少し気になるのは、背負ってプレーするより前を向きたい、1.5列目タイプなのではないかということです。ただドウグラスさんが怪我なのかコンディション不良なのかお休み中なので、サイズのあるアンジェロッティさんにとってチャンスなのは確か。なんとかプレーの折り合いをつけて、活躍してほしいです。がんばって!

逆にそのポジションが本職で、チャンスをつかみたいのが森君と真家君です。ここで活躍して、リーグ戦の戦力としても食い込みたいところ。がんばって!

折り返しの一戦!!

勝ちましょう!!

|

« オミクロン2号 | トップページ | ルヴァン杯vs鳥栖 今度は快勝!!!! »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オミクロン2号 | トップページ | ルヴァン杯vs鳥栖 今度は快勝!!!! »