« COMITIA139とぼよよん | トップページ | 偵察京都vs浦和とルヴァン杯京都戦展望 »

2022/02/22

降り積もってた

ロング・コビットの影響、ワクチン接種で低下の可能性=英当局

[ロンドン 15日 ロイター]  新型コロナウイルス感染者の一部の人が長期間悩まされている後遺症(ロング・コビット=Long COVID)が発生する可能性はワクチン未接種者よりもワクチン接種者の方が低いことが分かった。英国保健安全保障庁(UKHSA)が15日、15の研究に関する新たなレビューを公表した。

UKHSAによると、ファイザー/ビオンテック製、アストラゼネカ製、モデルナ製ワクチンの2回接種者、またはジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製ワクチンの1回接種者はワクチン未接種者と比較して、ロング・コビットの症状が出る可能性が半分程度だったという。

UKHSAの予防接種責任者、メアリー・ラムジー氏は「これらの研究により、新型コロナウイルスワクチン接種を完了することで受けるメリットが追加された」と指摘。「ワクチン接種は、感染による深刻な症状から身を守る最善の方法であり、長期的な影響を軽減するのにも役立つ可能性がある」と述べた。

UKHSAによると、推定で英国の人口の約2%がロング・コビットの症状を訴えており、最も一般的な症状は疲労、息切れ、筋肉や関節の痛みという。

ワクチン接種前後のロング・コビットの症状を比較した4つの研究のうち、3つの研究では、ワクチン接種後にロング・コビットの症状が悪化するよりも、むしろ改善したと報告した人の方が多いことが示された。また、さらに3つの研究では、ワクチン接種者は未接種者に比べて、ロング・コビットの症状が改善することが分かった。

コロナ後遺症で、もし創作活動に支障が出たら俺の人生なんだったのだと、めっちゃ恐れているのですが。

ワクチン打つと、後遺症リスクも減るという研究結果。ワクチンはウイルスに対する免疫を高めて、完封はできないとしても活動を抑えてるんだから、後遺症が減るのもおかしくない。朗報です。

三回目の接種券、来てたっけ?

さて、この記事で驚いたのは、「推定で人口の2%にロングコビット(後遺症)」という部分です。

イギリスの人口6820万人なので、136万人。うちどれぐらいが一時的なものではなく、症状も重くて仕事ができなくなっているのかはわからないのですが、それでも結構いそうな感じです。

この間このブログで、後遺症の人がどんどんと増えて降り積もっていくのではないかという予想を書きましたけれど、当たっているのではないか。

ニュースを見ていると、欧米ではもう世間がコロナ対策に耐えられなくなっていて、強い規制に対し暴力的なデモが起きるレベルになってしまっています。もう嫌になったから緩和しようという世論が形成されつつあるのです。

けれどもこっちが泣こうがわめこうが、コロナウイルスにはそんなことは知ったこっちゃないわけで、感染者は増えていくでしょうし、それに伴い後遺症患者も増えていくはず。これをずっと積み重ねていくと、無視できない人数が労働市場から脱落することになるのではないか。

すると経済のために規制を緩めたのに、回り回って経済に人手不足という形で帰ってくるのではないか、さらには福祉に重い負担がかかるのではないか、と思うのですが、どうなるのでしょう。

|

« COMITIA139とぼよよん | トップページ | 偵察京都vs浦和とルヴァン杯京都戦展望 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« COMITIA139とぼよよん | トップページ | 偵察京都vs浦和とルヴァン杯京都戦展望 »