« 移籍動向その5 とりあえず | トップページ | 引きを考えると »

2022/01/17

大噴火と津波とこれからの影響

土曜日は午後に出かけるお仕事があり、帰ってきたら、トンガで火山の大噴火があったことを知りました。

人工衛星から爆発の様子を捉えた動画を見たのだけれど、本当にすごい。爆発で広がった噴煙は大きく広がり半径260km、日本だったら関東は余裕で覆いつくすような規模。北海道サイズ。

爆発の衝撃波が700km以上離れた島に届いた動画も見ました。いきなりバーンとすごい音がして、撮影してた人が逃げまどってました。

これにより津波が発生していたのですが、最初の予報では日本での潮位変化はあっても軽微だろうということでした。

あとで確認したら、夜12時前のNHKのニュース記事でもそう配信されていたんですよね。

ところが夜、お風呂入って出てきたら様子が一変。津波警報が出ていました。いったい何が起きたんだろうと夜中の気象庁の会見を見ていたのですが。

それによると、現地で津波はあったけれども、その規模、それから日本まで来る途中の観測点の様子では、たいして影響はなさそうだった。なのにいきなり大きな潮位変化が観測されたので、とにかく津波警報を出した、ということでした。原因も不明で、実際、津波と呼んでいいのかも確かではない。気圧変化も観測されていて、本当に未知の現象だったそうです。ちなみにアメリカのカルフォルニアや南米のチリでも1m超の津波が来たもよう。

日本では昨年夏、小笠原諸島の福徳岡の場で海底火山の噴火が起き、これが日本では戦後最大級のレベルでしたが、あれよりずっとすごい。同火山で1000年に一度レベルとのこと。フンガ・トンガ=フンガ・ハアパイなんて、火山の名前は語呂もよく楽しいのに、実態はシャレになってない。

さて、気になるのは現地トンガの様子です。火山から首都のある島まで65kmほど。完全にあの巨大な噴煙の下に入っています。被害の様子が伝わってこないのは、なかったのではなくて、通信回線に障害が起きているためとのこと。ようやくちょこっと現地情報が入り始めています。すごいでかいがれきが道に転がってる写真見たんだけど、まさかあれが65kmも飛んできた……?

直接の被害も心配ですが、農業、漁業、観光業が主な産業の国で、この噴火の影響は大きそう。さらに、今回の爆発は初回ではありません。昨年12/20から活動が活発になり、今年1/11にいったん休止宣言。ところが14日に大噴火し1万7000mまで噴煙が上がって、15日が今回。まだ続くのかな。

地球全体への影響も気になりますね。普段雲ができているのは大気の下、1万mぐらいまでの対流圏です。大きな積乱雲や火山噴火の噴煙で、上が平らになるのはある意味天井に当たっているから。今回はそれを突き破ってしまっています。こうなると成層圏に入り込んだ細かい微粒子はなかなか落ちてこなくなるので、長く日照を遮ることになります。

1991年のフィリピン、ピナトゥボ山の噴火は1993年の日本の冷夏を呼び、米不足の原因になったと言われています。1783年にはアイスランドのラキ山、グリムスヴォトン山、そして日本の浅間山と大噴火が続き地球が寒冷化。日本では天明の大飢饉、さらには欧州では食糧難からフランス革命を呼び起こしたとされているのです。

今回はピナトゥボ山の噴火よりは規模は小さいということなので、このまま終われば大丈夫? 現在はコロナ禍で生産現場が混乱して世界的な食糧高騰が起きているので、さらなる悪材料にならないといいな。

|

« 移籍動向その5 とりあえず | トップページ | 引きを考えると »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 移籍動向その5 とりあえず | トップページ | 引きを考えると »