« 一石二鳥な書店 | トップページ | J2J3観戦記 先週はがっかり »

2021/11/11

今週の漫画感想 人の話を聞けよ

仕事明け、遅くまで寝てたけどまだ眠い月曜日。とりあえずまず漫画読む。ジャンプ49号とジャンプ+の感想です。スレッドでつなぎますー。

まずはジャンプ。センターカラー『逃げ上手の若君』。伏線気になるな。どう関連してくるんだろう。

『夜桜さんちの大作戦』。このでかい黒い塊は、羊羹……?

『破壊神マグちゃん』。予想外の新キャラw

『ウィッチウオッチ』。この魔法、締め切りまでの作業時間が増やせるなら欲しい気がするけど、食費10倍になるのがつらいな。

『あやかしトライアングル』。さらに不穏な雰囲気を振りまいておいての、安定のオチw

お次はジャンプ+。『姫様"拷問"の時間です』第118話。とても優しい超高等テクニック。

『阿波連さんははかれない』。第128話。いきなりスパーリングはやばいw

というジャンプ49号とジャンプ+の感想でしたー。さて、お次は。21/11/8

晴れ上がった水曜日。目覚ましとして漫画読む。マガジン・サンデー50号感想です。スレッドでつなぎますー。

まずはマガジン。『ダイヤのA』。お互いギアが上がっていく。ほんとに緊迫感ある。

『それでも歩は寄せてくる』。秘めた想いがにじむ表情、いい顔。

『男子高校生を養いたいお姉さんの話』。執筆速度20倍、いいなあ。そして最後びっくり急展開wどうなるのかな。

お次はサンデー。『葬送のフリーレン』。口ぶりとは裏腹の内心を描いた後だけに、それを突く魔族の非道が際立つ。

『古見さんは、コミュ症です。』。新クラス、手ごわいだけでなく、敵もいる?

『よふかしのうた』。相手の変貌を印象付けておいて、コウ君の謎がクローズアップ。うまい展開。

というマガジン・サンデー50号の感想でしたー。さて、おなかすいた。21/11/10

『よふかしのうた』。まためっちゃ盛り上がってきました。緩急の付け方、ほんとにうまい。

探偵さんのエピソードが終わり、楽しい息抜きエピソードを挟んで次へ。ここでの強弱の付け方もお見事。探偵さんが追っていた吸血鬼、星見キクのキャラ立てやばい。

もともと、探偵さんの家庭を壊した吸血鬼は誰かという疑問は背景にあって、それを一度緩めた一番効果的なタイミングで出してきた。さらにここまでの吸血鬼と眷属のエピソードは、ちょっと楽しい印象がありました。重そうに見えたエピソードもうまく楽しさでコーティングして一件落着感が出ていた。それが今回はやばさむき出しです。

前回からマヒル君の変貌がじわりじわりという感じで描かれていて、今回は一気に確定。ほんとにやばい。

それだけでも印象強烈なのに、そこでさらに一転。これも伏線張ってあったやつで、このタイミングで、この演出で使うのめっちゃうまい。

この先どうなっちゃうのかまったく読めません。はらはら。

|

« 一石二鳥な書店 | トップページ | J2J3観戦記 先週はがっかり »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一石二鳥な書店 | トップページ | J2J3観戦記 先週はがっかり »