« 大雨前線 | トップページ | コミティア137に出ます »

2021/08/18

洪水・山火事・温暖化

昨日は日本の豪雨について触れましたが、停滞前線は中国の方まで伸びており、そちらでも豪雨災害が起きている模様。この前線ができる前から、中国では南方と北方の高気圧の衝突が起きていて、いろいろなところで洪水になっていたようです。ただ中国政府は都合が悪い話を隠蔽するのが常になっているので、実際どれぐらい被害があるのか、よくわからないんですよね。

洪水はアジア地域だけでなく、ヨーロッパでも起きてきました。7月中旬、ドイツ、ベルギーを中心に、広範囲に被害。日本と時期を同じくして、現在トルコ北部黒海沿岸地方で洪水被害が発生しているとのこと。

さらには山火事も多発しています。前述のトルコは、北部洪水、南部山火事という状態。他にも地中海沿岸地域で山火事が多発。ヒートドームと呼ばれる、暑く乾燥した高気圧が居座っているためだそうです。

山火事はシベリアでも起きていますし、アメリカ西部はもう恒例になっていますね。

日本は基本的に湿度が高いので、山火事が起きてもそこまで燃え広がらないのですが、乾燥した地域は違います。カリフォルニアの山火事は一か月間燃え続けており、面積的には東京都丸焼けレベルになっているそうです。

こうして世界各地で災害が発生しているのですが。

国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が、9日に報告書を発表。明らかに温暖化のせいだと、かなり断定口調でした。これはけっこう異例な感じ。こちらの記事か詳しかったです。温暖化は人間が原因=IPCC報告 「人類への赤信号」と国連事務総長 マット・マグラスBBC環境問題担当編集委員 BBC NEWS JAPAN 21/8/9

ちなみに、この記事の中で温暖化による海面上昇についても触れられています。

海面水位の上昇については、さまざまなシナリオによるシミュレーションが行われた。それによると、今世紀末までに2メートル上昇する可能性も、2150年までに5メートル上昇する可能性も排除できないとされた。

実現の可能性は少ないながら、万が一そのような事態になれば、2100年までにほとんどの沿岸部は浸水し、数百万人の生活が脅かされることになる。

こうなってしまった設定で書いているのが、『銃と宇宙 GUNS&UNIVERSE』連載中の『クローン04』です。東京湾岸のタワマン群を水没させ、国道1号線も海の底に沈めました。

ただですね、僕のディストピア設定より、現実の方が進行速いような気がするんですよね。

ディストピアSFが現実に負けちゃうの、物語的にも、世の中的にも、二重の意味でやばい。どうなっちゃうんでしょう。

|

« 大雨前線 | トップページ | コミティア137に出ます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大雨前線 | トップページ | コミティア137に出ます »