« vs川崎 逃げ切りドロー!! | トップページ | 洪水・山火事・温暖化 »

2021/08/17

大雨前線

大雨が日本各地で降り続いています。中国から日本上空にかけて、停滞前線が居座っているのが原因。

あんな凄い猛暑だったのに、実は今年の太平洋高気圧はちょっと勢力が弱く、現在日本上空を覆い切っていない模様。その結果、北からの高気圧と日本上空でぶつかり合って、停滞前線ができています。

それが顕著に出たのが北海道。稚内では、8/7は最高気温31.6℃という、日本の北端とは思えない真夏日。ところが次の日の最高気温は17.9℃。さらには8/12早朝に最低気温2.6℃を記録したところがあったとのこと。もうちょっとで冬日です。ものすごい気温変化。天気図を見ると、上空を覆う高気圧が、南のものから北のものに入れ替わっています。

これは秋雨前線ということか。でも早すぎるし降りすぎです。

気温が高い状態だと、大気により多くの水蒸気を含むことができるようになり、雨の降り方も激しくなります。地球温暖化というと、字面から温度が上がることに意識が行きますが、一番影響があるのはこちらの、雨の降り方のほうなのではないかと思います。

梅雨前線とか秋雨前線と言ったら、本来はしとしとと降るイメージなはずですが、そんな風情はどこへやら。

西日本を中心に、どしゃ降りで浸水、がけ崩れなど災害が続いています。少しでも被害が少なくすむといいのですが。

|

« vs川崎 逃げ切りドロー!! | トップページ | 洪水・山火事・温暖化 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« vs川崎 逃げ切りドロー!! | トップページ | 洪水・山火事・温暖化 »