« 天皇杯vs京都 勝ちにいったけど | トップページ | ユーロ2020その6 いよいよ決勝へ »

2021/07/09

今週の漫画感想 ランウェイで笑って

やること消化中の月曜日。まずはその前に漫画読む。ジャンプ31号とジャンプ+の感想です。スレッドでつなぎますー。

まずはジャンプ。『僕とロボコ』。そんな人、昔Jリーグにいたなーと思ってページをめくったら、惜しかった。それにしてもロボコ語難解w

『ウィッチウォッチ』。1ページ目で、ああ今回は楽しい話だなと思っていたら、びっくり。

『あやかしトライアングル』。ベランダから落とされるのが左ページで、めくって祭里が一般的な構成だけど、そこに1ページ間を取るところが、心憎い演出。

センターカラー『逃げ上手の若君』。死んでなかった。また絡んでくるのかな。

『破壊神マグちゃん』。駆けるチヌ凛々しい。たくましくなって。なでなでがいい感じ。

お次はジャンプ+。『姫様"拷問"の時間です』第103話。「もう100くらいもれているのですけど」だだもれw しかもラストページで予約済みw

『阿波連さんははかれない』第120話。ほんとに向いてないw

というジャンプ31号とジャンプ+の感想でしたー。さて、茹でジャガも食べたし、消化続行。21/7/5

やること増えた水曜日。まずはその前に漫画読む。マガジン・サンデー32号の感想です。スレッドでつなぎますー。

まずはマガジン。『ランウェイで笑って』。最高の笑顔をクライマックスに。そして口元だけで宿敵の微笑み。すばらしい演出。

『それでも歩は寄せてくる』。この勘違いはどうなるんだろうw

『男子高校生を養いたいお姉さんの話』。花ちゃんのときめき、黒いw

お次はサンデー。センターカラー『葬送のフリーレン』。こんなすごいことが起きているのに、この即答っぷりw

『よふかしのうた』。そしてここで出会うのか。

『ポンコツちゃん検証中』。うわー、これどうするんだろう。

というマガジン・サンデー32号感想でしたー。さて、買い物どうするべきか。

『ランウェイで笑って』。さあ、ラスト一回前、クライマックス中のクライマックス。

この漫画の感想のシリーズ、記事タイトルのフレーズは、取り上げた漫画のサブタイトルをお借りしていることが多く。今回も、そうなのです。これは作品タイトルではなく、今回のサブタイトル。

ショーが始まった頃、「楽しかったら笑っちゃってもいいですからね」という育人のセリフがあった時に、さてはタイトルも伏線に使う気だなと、期待感爆上がりだったのです。

そして、今回、その通り。色々悩んだ末、ランウェイの上で見せた、きれいな笑顔。

そのやり取りの中、宿敵もふと漏らした微笑みは、口元だけで見せる心憎い演出。

色々張った伏線が、クライマックスの一点にきゅーっと収束していく展開は、ほんとに好き。期待にたがわぬ素敵なクライマックスでした。お見事。

|

« 天皇杯vs京都 勝ちにいったけど | トップページ | ユーロ2020その6 いよいよ決勝へ »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天皇杯vs京都 勝ちにいったけど | トップページ | ユーロ2020その6 いよいよ決勝へ »