« 今週の漫画感想 伽羅へ | トップページ | 偵察湘南vsG大阪・浦和と湘南戦展望 »

2021/06/26

ユーロ2020その3 ゲルマン魂

さあグループステージ第3戦に入りました。

まず見ましたのはグループB、ベルギー2-0フィンランド。

ベルギーがずっとボールを持って優勢に試合を進めますが、最後のところでうまく防がれて、むしろフィンランドの狙いどおりではないかという展開。

後半に入り65分、ルカク選手のゴールが決まったように見えましたが、ほんの少しのところでオフサイド。ますますフィンランドの流れなのかと思いきや。

74分にベルギー左CK。ヴィッセル神戸のフェルマーレン選手のヘディングがポストに当たり、決まらなかったかと思った瞬間、GKに当たってゴールイン。禍福はあえざる縄のごとし。

さらに86分、ベルギー追加点。ペナルティーエリア内でボールを受けたルカク選手。「普通に」ターンしてシュート。何かものすごくあっさりと、当然のようにゴールを決めました。別格感が漂っています。すごい。

フィンランドの堅守に苦しみましたが、結局ベルギーが力を見せつけ、3連勝でグループリーグ勝ち抜け。

グループC、オーストリア1-0ウクライナ。

グループ2位と3位の対決。先制したのは3位オーストリアです。

21分、左CKに走り込んできたバウムガルトナー選手。足を伸ばして横からのボールを足裏でプッシュという、なにげに難しいシュートで押し込みました。

この1点を守り切り、オーストリアが逆転2位で決勝トーナメント進出。ただ、3位でも成績のいい4チームは勝ち上がりで、ウクライナも進出できました。1回戦の相手がオーストリアはイタリア、ウクライナはスウェーデン。どちらもグループ1位なのですが、特にイタリアが3戦全勝全完封という絶好調ぶりなので、結果としてはウクライナは3位でよかった?

グループD、イングランド1-0チェコ。

双方勝ち上がりは決まっている試合。ただし、分散開催となっている今回、イングランドは1位抜けすると、地元ウェンブリースタジアムで試合ができます。ホームアドバンテージのために勝っておきたいところ。

開始早々、スターリング選手が裏へ抜け出して、出てきたGKの頭上を抜くループシュート。これは幸先よい先制点かと思ったところ、ボールはポストを叩きます。惜しい。

しかし12分にスターリング選手が決め直しました。ボールをペナルティエリアに出し入れしながら、イングランドが左サイドに展開。そこからクロスが上がると、ファーに流れたスターリング選手がヘディングで押し込みました。見事な崩し。

得点はこの1点だけでしたが、イングランドがこのまま逃げ切り、1位通過です。

さてすごかったのはF組です。ドイツ2-2ハンガリー、フランス2-2ポルトガル。

元々死のグループと言われていたのですが、最終節を迎える時点で、フランスの勝ち抜けだけが決まっていて、結果次第で4位のハンガリーにも勝ち抜けの目が残っていました。逆に言うと、ドイツ、ポルトガルのグループステージ敗退の可能性もあったのです。

というわけで、同時スタートしていた2つの試合を、時系列順に並べてみましょう。

まず点を取ったのはハンガリー。11分、右サイドからのアーリークロスに、アーダーム選手が身体を投げ出しヘディングシュート。この時点でドイツ4位転落、敗退の危機。

そしてもう一方の試合でも点が動きます。31分、ポルトガルのFK右サイドから。フランスGKロリス選手、ボールに少し遅れて入ってしまい、ダニーロ選手に顔面パンチの形になりPK。C・ロナウド選手が決めました。けれど前半アディショナルタイムにフランス同点。ポグバ選手がDFライン裏へ浮き球を送ると、エムバペ選手が走り込み、倒されてPK。ベンゼマ選手が決めました。

前半終了時点では、ドイツが4位で敗退です。

後半始まってすぐの47分、フランス追加点。DFラインから縦パス一本、ベンゼマ選手が抜け出して決めました。これでポルトガルが4位敗退危機に。

60分、それをポルトガルがひっくり返します。C・ロナウド選手が左サイドで受けて仕掛けてクロス。ここでハンドでPK獲得。自分自身で決めて同点に。これでまた、ドイツが4位敗退危機。

66分、ドイツ右サイドからFK。フンメルス選手がファーで折り返してハフェルツ選手。今度はハンガリーが4位に。

ところが直後の68分、ロビングボールにDFライン裏へ抜け出したシェーファー選手、GKの直前で頭でつついてゴール。ハンガリーリードでまたドイツ4位敗退危機です。

しかしゲルマン魂は死んでなかった。84分、ドイツが押し込んで波状攻撃、そのこぼれをゴレツカ選手がダイレクトでドカンと叩き込み、同点。これでハンガリーが4位となって試合終了。こうして整理してみても、ほんとにすごい展開です。

この結果、フランス1位、ドイツ2位、ポルトガル3位。トーナメント1回戦がイングランドvsドイツになって、僕のごひいきの2チームがいきなり激突となりました。わお。

|

« 今週の漫画感想 伽羅へ | トップページ | 偵察湘南vsG大阪・浦和と湘南戦展望 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週の漫画感想 伽羅へ | トップページ | 偵察湘南vsG大阪・浦和と湘南戦展望 »