« vs浦和 負けた | トップページ | ユーロ2020その3 ゲルマン魂 »

2021/06/25

今週の漫画感想 伽羅へ

いつもより早く仕事に出ないといけない月曜日。大急ぎで漫画読む。ジャンプ29号とジャンプ+の感想です。スレッドでつなぎますー。

まずはジャンプ。『逃げ上手の若君』。やばい敵だと思っていたら、若様も相当やばい変態だった。頬を赤らめ息を荒げている顔w

センターカラー『ウィッチウォッチ』。後ろ姿の「今喋ると泣く」、僕も同じ気分。

『あやかしトライアングル』。最後のコマ、これは……?

『破壊神マグちゃん』。マグちゃんのお父さん像、古すぎるのではないかw

お次はジャンプ+。『阿波連さんははかれない』第119話。あっくん、大丈夫じゃなかったw

『姫様"拷問"の時間です』第101話。一生懸命勉強している顔、可愛い。

というジャンプ29号とジャンプ+の感想でしたー。心ざわめくニュースを見たけど、仕事の準備しなくちゃ……。21/6/21

今日もばたばたな水曜日。ばたばたしながら漫画読む。マガジン・サンデー30号感想です。スレッドでつなぎますー。

まずはマガジン。センターカラー『黒岩メダカに私の可愛いが通じない』。わりとバランスが難しい設定だなと思うんだけど、そこをうまく処理しているなあという印象。「す」で引っ張ってさりげなく風を伏線に使っているのうまい。

『ランウェイで笑って』。完結まであと三話と引き。どんどん収束していく感じがとてもいい。

『男子高校生を養いたいお姉さんの話』。パッションw

お次はサンデー。表紙&巻頭カラー『葬送のフリーレン』。押し込んでるw

『古見さんは、コミュ症です。』。とてもいい話に落ち着くのかと思わせて、一つひっくり返すところまでは予想ついたけど、そこからさらにだいなしにw 表情がすばらしいw

『よふかしのうた』。とうとう始まった! どう絡んでいくのか気になる。

というマガジン・サンデー30号感想でしたー。さて、お次は。21/6/23

『ウイッチウォッチ』。泣かせにきやがったな、コンチクショウ。

面白いとか感動するとか、そういうのってネタの問題じゃないんだと、ずっと思っているのです。人が死んでいるような事故のニュースを見ても涙は出ない。でも、それが身近な人だったら。

それを物語に置き換えれば、いかにキャラクターに感情移入させるか、ということになります。キャラクターの気持ちをどれだけ伝えることができるか。そのためには、細かいところまで演出の手が行き届いていることが重要だと思うのです。

その点今回は、悲しみを実感させるための見事な演出がありました。お母さんが一番伝えたかったことは、活字にせずに手紙の文面を絵として見せてあったり、帰り道ニコの気持ちを、後ろ姿で表情を描かず「今喋ると泣く」というセリフに代弁させていたり。人の心を動かすための細かい大事な演出。本当にお見事です。

序盤にコメディシーンがあって、クライマックスと大きくギャップが取れていることも、また心に響いてくるポイントですよね。本当にうまい。

|

« vs浦和 負けた | トップページ | ユーロ2020その3 ゲルマン魂 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« vs浦和 負けた | トップページ | ユーロ2020その3 ゲルマン魂 »