« やはりスピード | トップページ | COMITIA135 »

2021/02/21

今週の漫画感想 誰かの力

引き続き原稿中の月曜日。食事時に息抜きで漫画読む。ジャンプ11号とジャンプ+の感想です。スレッドでつなぎますー。

まずはジャンプ。センターカラー『ウィッチウォッチ』。恋する魔女っ子ニコは覚悟完了なんだけど、そちら方面の雰囲気には微塵もならなくて、空回りしっぱなしなのが、ちょっと楽しい。

『逃げ上手の若君』。諏訪頼重はキャラの濃さからイロモノかと思わせて、すごい設定、そしてオチ。読者を振り回すギャップの作り方とその振れ幅がさすが。

『破壊神マグちゃん』。これで登場人物一人一人に上位存在が一体付いていることに。ウーネラスは保護者だけれど、他は若干ペットっぽいw

『あやかしトライアングル』。最後めちゃめちゃ焦っている祭里。今までどちらかというと、すずがやきもきする展開が多かったけれど、こちらの方から進展するのか。

お次はジャンプ+。『姫様"拷問"の時間です』第85話。「屈するメーター」という新機能w

『悪魔のメムメムちゃん』第103話。すごいいいシーンの後ろでw

というジャンプ11号とジャンプ+の感想でしたー。さておにぎり食べたし、がんばろう。21/2/15

いろいろ終わっていない水曜日。お昼時の漫画休憩。マガジン・サンデー12号感想です。スレッドでつなぎますー。

まずはマガジン。『ダイヤのA』。肩越しにブルペン。めっちゃいい構図。

『ランウェイで笑って』。これだけの想いが積もりに積もって、見開きの優しい表情。このまま行くなら運命はあまりに残酷。どうなるんだろう。

『男子高校生を養いたいお姉さんの話』。ダイレクト法!

お次はサンデー。『古見さんは、コミュ症です。』。楽しい旅行のエピソードを散々描いてきたところで、いきなりドーンと重大局面。どうなるんだろう。

『葬送のフリーレン』。フリーレンの「ω」の口になってる顔、いい味出てて好き。

『よふかしのうた』。前のエピソードがゆるゆるの楽しい話で、今回はまた重く。そして二人のいいシーンも描いて、ますます重いテーマが引き立つ構成。本当にうまい。

というマガジン・サンデー12号感想でしたー。さて、仕事に出るまでもうちょっとがんばろう。21/2/17

『ダイヤのA』。もう本当に手に汗握る投手戦が続いています。

こちらがいい投球をすれば、あちらがそれを上回る。下馬評はライバルの方が上なので、勝てるかどうか。

そんなひりつく展開の中、肘を痛めてこの試合の登板がストップされている川上先輩がブルペンへ。投げることはできないので、シャドーピッチングだけ。一緒に戦っているぞというメッセージなのは、すぐ想像がつきます。問題はそれをどう演出するか。

そこで描かれたのが、主人公の肩越しに見えるブルペン。距離が離れていても、一緒に戦う気持ちはつながっているんだということを、一枚の中で見せるすばらしい構図です。

これで主人公のギアが一段上がるのも、また燃える。さあ、試合の決着やいかに。

|

« やはりスピード | トップページ | COMITIA135 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やはりスピード | トップページ | COMITIA135 »