« 消える時間 | トップページ | 緊急事態宣言延長 »

2021/02/03

124年ぶりの節分

節分と言えば通常2/3なのですが、今年は124年ぶりに2/2だったそうです。

これはなぜかと言いますと、まず、節分が立春の前の日と決まっていて。そして立春は冬至と春分の真ん中で、これから春に向かうよ、という日で。現在では、その基準となっている春分が、天文学的に太陽と地球の位置関係で決まっていて。

その位置には一年ごとに戻ってくるのですが、一年はぴったり365日ではないので、うるう年なんかを入れつつ余りを調節して、結果、節分が2/3を基本に2/2だったり2/4だったりするのです。

さて、そんなめでたい節分。仕事帰り、きっとスーパーで恵方巻が半額になっているはず、と思って寄ったら、きれいに売り切れていました。

このご時世、今年はみんな、福に来てほしいからかなあ。

豆はまきました。去年の余りを発見。

残り物には福があると言うし、これはきっと強烈に福を持ってきてくれるに違いない。

ちなみに歳の数だけ豆を食べるのは省略。もう多すぎる。そんな節分。

 

|

« 消える時間 | トップページ | 緊急事態宣言延長 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 消える時間 | トップページ | 緊急事態宣言延長 »