« コロナ倒産 | トップページ | レンタル組観戦記 山口vs松本・水戸 »

2020/09/17

今週の漫画感想 クビ

ぐっと涼しい月曜日。このまま秋になるのかなと漫画読む。ジャンプ41号とジャンプ+の感想です。スレッドでつなぎますー。

まずはジャンプ。センターカラー『BURN THE WICTH』。四回シリーズ最終回。面白いのにこれで終わりなのかーと思っていたら、続編がある模様。楽しみ。

センターカラー『ぼくたちは勉強ができない』。次回お義父さん登場。どれだけ引っ掻き回すのか、面白そう。

『あやかしトライアングル』。ここで話が広がるタイミングだけど、なんか違う方にも広がっているw

『破壊神マグちゃん』。この調子で学校を支配していくのだろうかw

『森林王者モリキング』。愛王がときめいちゃっているシーンで笑ったw

お次はジャンプ+。『悪魔のメムメムちゃん』第95話。ぺちゃんこでも平気なのはさすが悪魔w

『阿波連さんははかれない』第99話。予想できる展開から、ちょっと外して予想外へ持っていく展開、うまい。

というジャンプ41号とジャンプ+の感想でしたー。さて、おなかすいた。20/9/14

今日も涼しくて、このまま秋になってほしい水曜日。原稿の前に漫画読む。マガジン・サンデー42号感想です。スレッドでつなぎますー。

まずはマガジン。『男子高校生を養いたいお姉さんの話』。急に花ちゃん大ピンチに。どうなる。

『魔女に捧げるトリック』。魔女狩りの時代に飛ばされ、そこでマジックを魔法として使うお話。お話の全体像が見えてきて、面白そう。

『ランウェイで笑って』。たっぷりページを使って見せた、美依の表情の変化がすばらしい。

試合が始まって次を楽しみにしていた『ダイヤのA』が休載。コロナ対応で仕事環境を変え、制作に時間がかかっている影響とのこと。人手が必要な週刊連載は大変だ。他にも苦労している作家さん、多いんだろうなあ。

お次はサンデー。巻頭カラー『ノケモノたちの夜』。ダメな方の理由を先に書いて下げておいてからの「騎士道精神を重んじる英国紳士」かっこいい。

『葬送のフリーレン』。じわじわ描かれる魔族の非道。それに対してじわじわ描かれる義憤。いい感じ。

『よふかしのうた』。二転三転する展開うまい。

というマガジン・サンデー42号感想でしたー。さて、おなかすいた。20/9/16

『ランウェイで笑って』。先週の感想では、助っ人に来て「わたしが一位にいてあげる」と言い切った千雪の、男前の一枚絵と、その後生きているマネキンとしてお客さんに服の魅力を伝える中、訪れた小さな女の子に優しく微笑み魅了する、その表情の変化のすばらしさについてつぶやいたのですが。

今週は美依の番です。自分の立ち上げたブランドは失敗、親のコネでアプロに入社し、陰口叩かれているのをわかっていて、そこから目を背けて昼行燈。でも、育人と仕事をするうちに、顔の広さと行動力で別の素質を開花させてきた。

そこでかけられた自分を認めてくれる言葉に、いつものごまかし笑いが破顔していく4ページ。すばらしい。

日本の漫画が発展させてきた大きな要素に、こういう時間の流れを操るコマ割り構成と、表情による表現があると思うのです。こういうのがうまい漫画は、本当にいいなあ。

|

« コロナ倒産 | トップページ | レンタル組観戦記 山口vs松本・水戸 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コロナ倒産 | トップページ | レンタル組観戦記 山口vs松本・水戸 »