« vsFC東京 嫌な予感当たる | トップページ | レンタル組観戦記・福岡vs長崎・新潟vs金沢・山口vs愛媛 »

2020/07/06

コロナ禍とメディア

東京都の新規感染者数が7/5で4日連続100人超え。

さてここで、とある記事を貼ってみましょう。日にちに注目。

【独自】流行前の生活に戻すと「都内の感染1日100人」…西浦教授ら試算

 新型コロナウイルスの流行前の生活に戻すと、7月中に、東京都内で再び大きな流行が起こる可能性があるとする試算を、北海道大の西浦博教授(理論疫学)らの研究チームがまとめた。

 研究チームは、5月下旬までの東京都内の感染状況のデータを基に、今後の状況を予測した。その結果、流行前のような生活を続けた場合、7月中に東京都内の感染者数が1日100人以上になると予測した。

 一方、居酒屋や接待を伴う飲食店、医療機関、福祉施設などで人との接触を30~50%減らせば、感染者数は低い水準を保てるとした。ただし、医療機関や福祉施設は社会活動の維持に不可欠で、人との接触を減らすことは難しいとし、飲食店などで、接触を減らす工夫を求めている。

 西浦教授は「緊急事態宣言は解除されたが、流行が終わったわけでは決してない。密閉、密集、密接の『3密』が重なる環境など、感染リスクが高い場所では注意を続けてほしい」と話している。 読売新聞オンライン20/6/3

おぉーあーたりぃー!ドンドンパフパフ!

ドンドンパフパフじゃないよ! そこに住んでんだよ!

八割おじさんこと西浦教授が一か月前に行ったシミュレーションが、見事大当たりなのです。どこが問題なのかも言い当ててるよ。さすがです。さすがですけど、困った事態です。住んでるので当事者です。

しかもですね、夜の街の感染者が多いということで新宿歌舞伎町がまず注目されましたが、池袋が猛追しているらしいんですよね。乗換駅なんですよ。このあいだ仕事帰りの深夜の電車で、いかにも行ってきた感じのおじさんがごっほんげっほんやってたんですよ。せきエチケットぐらい守れよ、この酔っ払いが!

まあ、配属によってはその繁華街突っ切って駅へ行く羽目になってたから、それよりはましか……。

さて、本日の記事はそこが焦点ではなくて。これだけ正確なシミュレーションを行っている西浦教授を、無駄に不安をあおっていると叩いていたメディアがあるというお話。

40万人死亡とか、起きなかったじゃないかですって。馬鹿じゃないの? 「何も対策を取らなかったら」という前提の話で、被害予想を具体化したから、みんながんばって対策したんじゃん? 脅しで上等。脅してなかったら、ほら、このざまじゃないですか。

どうも以前から感じているんですけど、メディアの中の人は、危機感足りてないと思う。コロナ禍に対してではなくて、情報の価値が相対的に下がっている時代なのだということに対して。

誰もが情報発信できるようになったということは、内容が比べられるということです。例えばツイッターのアルゴリズムの変更により、ちょっと見てる人に響く発言をしていくつかリツイートされると、優先表示され、あっという間に広まってリツイートが一万とか行くようになってます。そういうつぶやきは何十万人、下手すりゃ何百万人に見られているはずで、下手な記事より読まれているのです。

マスコミやマスメディアのマスは大衆の意味だけれど、大衆に情報を届けられるというのは、もう特権じゃなくなってる。それだけではもう価値が生まれなくなっていく。

クラスターが出た病院を叩いたワイドショーのコメンテーターが炎上していたけど、ろくにものも調べない、たいした見識もない、その辺の素人とさして変わらない、下手すりゃ素人でも下の方。そんな奴の言葉が、収録一本うん十万とかうん百万のギャラに見合う価値なんてもうないんだと思うんですよね。

そんな思いをさらに強くしたのが、政府が3日に新設を決めた新型コロナウイルス感染症対策分科会のニュースです。

せっかく世界でもトップクラスの成果を出しているというのに、対策メンバー変えるというから気になっていて。仕事の日だったので、帰ってきてから記事を漁ったのですが。

みんな横並びで「尾身先生が座長。他に知事とか経済学者とかマスコミとか」なんですよ。「とか」の中身が重要なのに、見つからない。そこにこれから何を重視するのかのメッセージがあるわけじゃないですか。半日ぐらいしてからようやくメンバーが分かったんですけど、違うよ、第一報がメンバーだよ。

ちなみにメンバーにコミュニケーションの専門家がいますね。専門家ばかりだとどうしても話す内容が難しくてわかりづらいとか、問題になってましたもんね。だからと言って国会で尾身先生怒鳴りつけてた議員はクズだけどな。そして、わかりづらいのが問題なのを分科会の方に対策させたのは、マスメディアの失点です。だってそこで情報をかみ砕いて消化しやすくするところに価値があるんだから。それしないで右から左へ流すだけのやつには大した価値はないんだから。

逆に、しっかり内容のある番組を作ってくれると、大いに助かります。先ほどの西浦教授の話に関連して、「疫学のシミュレーションはあるんだから、経済のと合わせて、どこが一番被害が少ないかとか調べられないんだろうか」とずっと思っていたのですが、NHKの番組でドイツの事例を紹介していました。

両方のシミュレーションを組み合わせた結果、実効再生産数、一人の患者が何人に感染させているかという増え方の数字が0.75の時、経済の落ち込みが一番少なく、感染拡大もしないということだそうです。こういう番組がどんどん広まるといいんですよねー。

日本の新メンバーの経済学の先生はこの辺も得意なんだろうか。日本でも、きちんと組み合わせた方策が出てくるといいなあ。

|

« vsFC東京 嫌な予感当たる | トップページ | レンタル組観戦記・福岡vs長崎・新潟vs金沢・山口vs愛媛 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« vsFC東京 嫌な予感当たる | トップページ | レンタル組観戦記・福岡vs長崎・新潟vs金沢・山口vs愛媛 »