« キャプテン・ラクトの宇宙船 5 | トップページ | 東京0.1 »

2020/06/16

隠れトランプ

このあいだ書きました米中冷戦について。政治的な関心とともに、SF書きとして未来の形がどうなるのか気になるというのも大きな理由です。そしてそれに関連して、同じように気になっているのは、米大統領選挙。トランプ再選なるかどうかです。

トランプ大統領は人間的には完璧アレなので、非常に評判悪いわけですけど。

ただ、それは今に始まったことではない。前回の選挙戦の時点で十分わかっていて、それでも勝った。

そして、メディアの事前の予想が片っ端から外れた。片っ端からクリントン有利と報じていて、さらに正確な選挙結果予想で知られていたサイトも外していた。

原因の一つに、世論調査の不正確さがあげられていました。「隠れトランプ」と呼ばれた投票行動の問題です。トランプ支持が人目はばかる状態だったので、それを表に見せず、調査にも本音を答えていないのでは、ということ。

ここが注目しているところです。今回も起きるのだろうか。

人目はばかると考えてるぐらいだから、トランプ氏の人間性のまずさはわかっている。でもそれでも投票しなくてはいけない動機があった。そしてそれは十分にくみ取られてはいない。選挙後に、その辺をしっかり取材した記事に、あまりお目にかかれませんでした。中部の白人貧困層、という話は出ているのですが、掘り下げは足りていないように思えます。というより、トランプ攻撃をしている左派は、あんな奴に投票する貧乏な低学歴愚民のひがみ、と心の底では切り捨てているようにも見える。

そして今回もう一つ、そこに「隠れトランプ」が生まれかねない事態が起きています。「BLACK LIVES MATTER」です。

確かにあの事件はひどい。僕は合気道段持ちなので、制圧術として急所である延髄に膝で体重掛けて動けなくするのは、まあ技術的には正しいよなと思うのですが、問題はそのあと。その場に4人もいたんだから、とっとと武装解除して手錠掛けて確保すればよかった。そこで何もせずずっと抑え込んで窒息死させるのは、確かに殺人です。

なのでそれに対して抗議の声が上がるのは当然。デモが起きるところまではわかる。

ただ、それに便乗した略奪も、一緒に擁護しちゃっていいのか。略奪されたお店の人が抗議したら、SNS上で批判が殺到、謝罪に追い込まれました。お店の前で略奪しないでと懇願した白人のおばあさんに暴力をふるう動画も上がっています。アメリカは軍用自動小銃が普通に買えるので、武装した民兵がシアトルの街の一部を占拠、自治区宣言をして街の人から金を巻き上げている事態も発生。

もう明らかにおかしい。

これに対してトランプ大統領は強硬な発言を続けていて、それが批判を浴びています。「BLACK LIVES MATTER」の方が正義だからです。絶対一緒くたにしちゃだめだと思うんだけど、どうもそうなっていない。そして反トランプの民主党系の地域の方が被害がひどい模様。先のシアトルもそうです。

これは「隠れトランプ」になるには十分な状態だと思うのですが、さあ、どうなるのか。未来の転換点なんじゃないかと注目しています。

|

« キャプテン・ラクトの宇宙船 5 | トップページ | 東京0.1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キャプテン・ラクトの宇宙船 5 | トップページ | 東京0.1 »