« 今週の漫画感想 ちわわぢから | トップページ | マスク協奏曲@日本 布マスクパワーアップ作戦 »

2020/05/10

マスク狂騒曲@世界

現在のコロナウイルスパンデミックで、いろいろ話題になったのがマスク不足の問題です。最近ようやく市中に出回り始めた模様。

この問題がすごいと思うのは、どんどん話が広まって、世界の構造再編話まで飛び火したところです。ちょっとまとめてみましょう。

さて、そもそも日本のマスク不足の発端は、当然、需要が急増したことです。ウイルスの方がマスクの繊維の隙間よりも小さいので、感染予防にあまり意味がないという話も最初出ていましたが、感染の方法がつばの小さな飛沫に混じる飛沫感染ということなら効果がありそうだし、そもそもお医者がしているのに君らはしなくていいよと言われても不安しかない。ということで、みんなマスクに殺到。よく使われていた不織布マスクは本来使い捨てですが、毎日全国民が使い捨てるとしたら足りるわけがないという事態に。

そこに拍車をかけたのが、中国生産品です。日本メーカーの品も多くが中国の工場で作って輸入していたのですが、その工場からの輸出が止められ、接収されました。まあ、先に感染拡大していた中国では、陸送していたマスクが途中の省で強奪に会うという山賊行為まで起きていたので、さもありなん。

世界的にもマスク事情もいろいろありました。欧米は普段のマスク着用を嫌っていたので、最初は着けてるアジア系に対して差別が起きるという事態もありました。そんな状態なら当然もとの需要が薄いので国内生産も弱く、中国からの輸出が止まって、あっという間に大ピンチに陥りました。

さて、ここから話がどんどん大きくなっていきます。人間ぎりぎりの状態になると本性が出る。今回のこのピンチで暴かれた中国人の本性が、やば過ぎた。

各地における民族性は、その土地の環境と歴史に適応してきた結果だろうから、本来はそれを抜きに外からどうこう言う話じゃないと思うんですよ。日本人は日本の自然環境と社会の歴史があって育まれた考え方の中で育つので日本人気質を身に着け、中国人は中国の自然環境と歴史の中で中国人気質になる。

ただ、相手が本当に困っている時に、そこにつけこむという行為は、他の国では非難の対象です。どうも中国ではその辺への忌避感が薄いようで、ばんばかやらかしてしまった。

困ってるんだからどんなのでも買うだろとばかり、手抜き粗悪品をガンガン輸出し検査でばれて、これ着けて安心してたら感染するだろと輸出先の国で大騒ぎに。これが一部悪徳業者のせいと言い切れないのは、政府からして、マスク支援してほしくば5Gにファーウェイを参入させろとか言ってしまっているから。

検査キットや人工呼吸器など、他の医療品でも、中国の接収→中国回復後に粗悪品輸出という同様の事態が起きました。このような流れの中、サプライチェーンの見直しという話もでています。

マスクからここまで話がつながってるの、ほんとにすごい事態です。

中国人気質と世界情勢についてさらに考えたことについては、記事を改めまして、また今度。

|

« 今週の漫画感想 ちわわぢから | トップページ | マスク協奏曲@日本 布マスクパワーアップ作戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週の漫画感想 ちわわぢから | トップページ | マスク協奏曲@日本 布マスクパワーアップ作戦 »