« ガンズ進捗状況と編集長の悩み | トップページ | 古賀君U-22招集と偵察横浜FCvs町田・岐阜と横浜FC戦展望 »

2019/10/05

今週の漫画感想 火ノ丸相撲 後日譚

9月最後の月曜日。時間がないのに焦っているけど、漫画は読む。ジャンプ44号感想です。スレッドでつなぎますー。

『鬼滅の刃』。呼びかけられた不死川さん、一拍置いてのページめくって涙はいい演出。二組の兄弟のエピソードだったんだなあ。

『約束のネバーランド』。小さなエマとノーマンの姿が悲しい。

『ぼくたちは勉強ができない』。センター試験は何とかなって、ほっと安心。

センターカラー『ハイキュー!!』。こういう展開だと、菅原さんのセリフ、めっちゃ重い。

『アクタージュ act-age』。さあ、幕が明ける。しょっぱなから飛ばしている。どうなるかな。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』。兵藤念願の展開かと思ったのにw

というジャンプ44号感想でしたー。さて原稿。19/9/30

ツイートでは触れていませんでしたが、『火ノ丸相撲』。後日譚がジャンプ+に掲載されました。

雑誌掲載時の最終回が、あまりにあっさりしていたので、多分本当の最終回があるんだろうなあと思っていましたが、やはり。こちらはその後の余韻をしっかり描き切った、とてもいい最後でした。

連載は続いていくうちに、当初の予想外に膨らんでいく部分があったりしますが、この漫画だとレイナさんですね。スポーツ漫画のヒロインって、正直画面のにぎやかしで、本筋とはあまり関係なかったりするのですが。

大相撲編になってから存在感を増し、テーマにも絡む重要人物に。火ノ丸の相撲になくてはならない人となり、そして見事、きれいな花嫁となりました。

そういうテーマの部分も見事に描き切った、とてもいい漫画でした。

10月最初の水曜日。時間がないのに焦っているけど以下略。マガジン・サンデー44号感想です。スレッドでつなぎますー。

まずはマガジン。『川柳少女』。まさかの展開、はらはらする。あと前にも書いたけど、これだけ動揺しているページが、自然に五七五になってるの、ほんとすごい。

『ランウェイで笑って』。無名の主人公の才能が認められていく展開は燃える。

『男子高校生を養いたいお姉さんの話』。二話掲載をうまく使った繰り返しに笑った。

お次はサンデー。『古見さんは、コミュ症です。』。宝塚さん超イケメン。そしてさらに進む万場木さんエピソード。

『よふかしのうた』。出来事としては大したことが起きていないのに、密度感がみっちりしているの、すごい。

センターカラー『舞妓さんちのまかないさん』。すーちゃんの泣き顔と、変わらない表情の健太の横顔。セリフに乗らない様々な思いが想像できる、いい2ページ。

というマガジン・サンデー44号感想でしたー。さて、ご飯食べたら少しずつでも進めねば。19/10/2

『舞妓さんちのまかないさん』。すーちゃん、健太と出会うの巻。

この作品はセリフに乗っからない、その外側の雰囲気とかがとてもよい漫画なのですが。

呟いたところの2ページ、本当にお見事。そこに至るまでの展開も、そのあとも、セリフに乗っかっていないところに、たくさんの気持ちが詰まっている。本当にいい漫画です。

|

« ガンズ進捗状況と編集長の悩み | トップページ | 古賀君U-22招集と偵察横浜FCvs町田・岐阜と横浜FC戦展望 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガンズ進捗状況と編集長の悩み | トップページ | 古賀君U-22招集と偵察横浜FCvs町田・岐阜と横浜FC戦展望 »