« vs山口 ばっかんばっかん | トップページ | デジタルシフトと新聞の苦境 »

2019/08/12

下書き終了推敲へ

漫画家上がりの僕の初稿は、文章に気を配る余裕が全くないために読めたものではなく、ラフデッサンと言いますか、下書きと言いますかという状態。デジタル作業で書き足しが容易だからいいけれど、原稿用紙に万年筆の時代だったら、絶対小説家になれてない。

何とか予定通りに終わりましたよ。

終わった……?

今回はとにかく特急なので、プロットも「書きながら思いつくだろ」と細部を煮詰める前に書き始め、案の定最後のシーンで立ち往生。昨日の夜中に何とかつなげ。

「書きながら思いつくだろう」な部分も確かに思いついたのですが、「推敲するときでいいや」と後回しという体たらく。

これ絶対最後、時間がないと泣きながら作業する羽目になると思うんだけど、僕は今を生きているので精一杯なので、それは気が付かなかったことにするのです。急げ、急げ。

|

« vs山口 ばっかんばっかん | トップページ | デジタルシフトと新聞の苦境 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« vs山口 ばっかんばっかん | トップページ | デジタルシフトと新聞の苦境 »