« vs金沢 新戦力登場!!!! | トップページ | メタリカ児童書になる »

2019/07/22

ロシア漫画事情

ロシアのコミック事情インタビュー HON.jp News Blog 19/7/15

ロシアのにも漫画イベントがあるそうで、ゲームイベントと同時開催で16万人来場予想。50万人超えているコミケほどではないけれど、なかなかの規模です。

取材に応じているのは昨年18タイトルを刊行、3万6300部を売り上げた『バムクニーガ』(Bumkniga)のドミートリィ・ヤコヴレヴ社長。2008年創立以来、年20%増の成長率で、国内外の著者によるコミックを手がけてきたとのこと。ここ大手なのかな。一冊当たり2000部ぐらいになるけど、それはどれぐらいの規模感なんだろう。

記事中にグラフィック・ノベルとかグラフィック・メモワールとか出てくるけれど、コミックcomicがコミカルcomicalと同源で面白おかしいものというニュアンスを持ってしまっているので、シリアスなストーリー漫画に別の呼び名をつけています。漫画はどうなんだろうと思って調べたら、元は「絵による随筆」ぐらいの意味だった模様。

それなら、ギャグ、シリアス、どっちに発展してもそんなに違和感ない。コミックの訳語として明治時代に当てはめたそうですが、文明開化期の日本語訳は、いろいろ冴えたものがあってすごいなと思います。

|

« vs金沢 新戦力登場!!!! | トップページ | メタリカ児童書になる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« vs金沢 新戦力登場!!!! | トップページ | メタリカ児童書になる »