« 暑さで生存限界 | トップページ | U-22vsイタリア 突破したものの »

2019/05/30

今週の漫画感想 素顔が見えない漫画

真夏かというぐらい暑い月曜日。冷房効かせて漫画読む。ジャンプ26号感想です。スレッドでつなぎますー。

センターカラー『火ノ丸相撲』。ここで最初のシーンと重ねるか。ぐっとくるいい演出。

『鬼滅の刃』しのぶが死んだというやり取りで、伊之助は仮面をかぶっているから表情ないんだけど、一コマ間を取ったり回想入れたり、それでむしろ表情が見えないからこそ怒りが伝わるようになっているの、お見事。

『約束のネバーランド』。絡み合うストーリーライン。これどうやってほどくんだろう。

『アクタージュ act-age』千世子は超然としたキャラクターなんだけど、役者としてしか生きられないということがすでに描かれていて、なのにアイドル女優としては賞味期限がもう長くないことも明かされている。超然としているからこそ、内に秘めた賭けているものが伝わってきて、すごみが出てくる。

そして墨字さんも千世子側について、めっちゃ強敵。その辺の星アリサの真意も気になるな。こう考えると、夜凪の側はこれからそれに負けないぐらいすごいということを描かなければいけないわけで、この積み重ねに対抗するのはけっこう大変なのでは。

『ぼくたちは勉強ができない』。冬、生姜湯は僕もよく飲みますが、漫画内時間と実時間がずれており、30℃超えの日には見てるだけでも汗が出そう。漫画内時間ということではもうだいぶ受験が近づいてきたなと、ふと思う。ゴールが明示されている作品なので、どきどきしてくる。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』全員揃っているとお色気シーンだけで見開き2つ使うというのは、構成上結構大変なのではないか。現在自分が構成に手こずっているので、週刊でさらに時間がないことも思うと、ぞっとする。

というジャンプ26号感想でしたー。さて、今週はけっこうバタバタするから、作業進めねば。19/5/27

今週は『鬼滅の刃』と『アクタージュ act-age』。素顔が見えない漫画2つ。

『鬼滅の刃』の伊之助は、猪のかぶりものをしているので、その下の表情は全く見えない、視線さえ合っていないわけですけれども。演出のうまさで怒りを雄弁に物語っています。

『アクタージュ act-age』の千世子の方は、夜凪に顔が見えないとまで言われた自分を見せないキャラクター。外面は完全に計算づくで、「天使」と呼ばれる偶像を演じきっています。でもそこから漏れる役者としてしか生きられない執念がすごい迫力で、どう見ても天使どころか魔王、ボスキャラです。

漫画でも小説でも、読者に想像させるということはとても重要で、かつ難しい。

想像させるということは、作品に対して受身である読者を能動的にさせるということで、その分深く入り込んでもらえます。ただ、描いていないことを全員にきちんと伝えるということはとても難しく、全部はっきり描いてしまった方が、当然わかりやすい。

こういう二律背反の条件の中で、いかに描くか。2作品ともそういうところが本当にうまいなあと思います。

なんか変な時間に目覚めてしまった水曜日。とりあえず先に漫画読む。マガジン・サンデー26号感想です。スレッドでつなぎますー。

まずはマガジン。『彼女、お借りします』。もうるかちゃんでいいと思うのだが。

『川柳少女』。最後まで、読んでびっくり、これ引くの。

『ダイヤのA』。フィジカル的な才能に恵まれているからって、この想いをひねり潰すなんて、世の中間違っている。(視点逆な感想)と思ってしまうぐらい、相手のドラマがしっかり描けてた。すばらしい。

お次はサンデー。『ポンコツちゃん検証中』。「こっちは天使!!!」「こっちも結局天使!!!」テンポいいw

『舞妓さんちのまかないさん』。片言英語ということは、この新婚さんは外国人。京都のオーバーツーリズムはひどいという話だけれど、その渋滞をするするとすり抜けるおかあさん、さすがの達人。

『十勝ひとりぼっち農園』。緩いタッチの北海道農業エッセイ漫画なので、すっかり失念していたところに起きた、昨年の大地震。目が離せない展開。

というマガジン・サンデー26号感想でしたー。多分この調子だと仕事行く直前に眠くなる。19/5/29

『彼女、お借りします』は、もうるかちゃんでいいじゃないかと思いながら読んでいます。

僕はあまりラブコメというジャンル推しではないのですが、こうして感想書いていると、けっこうその手の展開に転がされているなあということが分かります。好きなはずなのに推しではない。これはたぶん、いつもメインヒロインじゃない子に感情移入しているからではないかと思われます。報われないのです。

いや、るかちゃんの目もあるはずだ。(気を取り直して)

もういいじゃないかと思うんですけどねえ。

|

« 暑さで生存限界 | トップページ | U-22vsイタリア 突破したものの »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暑さで生存限界 | トップページ | U-22vsイタリア 突破したものの »