« エンジンかからず | トップページ | 文章の馬力=引き込む力 »

2019/04/18

文章の馬力と絵の魅力

進捗状況報告ですよ。「スケジュールいじったわりに進まない」と嘆いていましたが、少しスピードアップしてきましたよ。

『マルくんのおことわり』執筆中であります。ネーム版がこちら。セルフノベライズの第1話がこちら。

3話で一区切りなので、そこまでは一気に書きたいのだけれど、苦戦中。

昨日ちらりと書きましたが、肉付けのところ。僕は生粋の文筆家じゃなくて、漫画家経由だから、最初に思いついた時、映像込みのシーンとして頭の中で動いてるんですよね。今回の『マルくんのおことわり』は、一度ネームにしたものをセルフノベライズしているのですが、頭の中は普段からその状態。そうすると、初稿はどこかセリフや状況のメモみたいに箇条書きみたいになっていて。足していかないと文章にならない。

その時に、もっともっと引き込める、力のある文章を書きたいなと思ったのです。ただ、昨日みたいに疲れていると、頭が煮える気分になって、「何も出てこない……」となります。一応昨日も、がんばってちょこっと進めました。

『アンナ・アップルトンの冒険』単行本化計画も進めています。こちらは本文はもうnoteに載せているので、挿絵、というか挿し漫画。

もう商業漫画家として仕事することはないだろうと思うのですが、セルフパブリッシャーとして、使えるスキルは全部使うよ! ということで、おまけ漫画的なものを幕間に。ネーム描いてる時が一番楽しい。

こちらも、引きこめる、力のある絵を描きたいなと。絵の魅力はあればあるほどよい。

そろそろGWで連休になるから、がんばって進めます。

|

« エンジンかからず | トップページ | 文章の馬力=引き込む力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エンジンかからず | トップページ | 文章の馬力=引き込む力 »