« 偵察栃木vs福岡・京都と栃木戦展望 | トップページ | 選挙戦 »

2019/04/15

vs栃木 こっそり深刻

2019J2第9節、vs栃木は0-0。

こっそり深刻なのではないかというのが、試合終了時の感想です。

裏を狙うのは当然だと思うんですよね。サッカーの目的が点取って勝つことである以上、ゴールへの最短距離を見落としていたらダメなので、一発裏取ってシュートへ持ち込めるなら、そうするべき。

ただ、やっぱりその意識が強すぎて、前線が前に張り過ぎになってしまっている。カウンターのタイミングを取れなくて、ビルドアップしなければいけないときに、4-2-0-4みたいな並び方になっていて、後ろからつなげるコースがなく、とりあえずオルンガさん、クリスティアーノさんにロングボール。でも、相手を背負った不利な状態で、トップ下の辺りには人がいないから、競り勝ってもセカンドボールを拾えない。ボールを蹴り捨てるような形になってしまっている。

栃木は4バックではめに来ていて、ウチのボランチにボランチが当たってきた。その時その背後にポジション取る人がいれば、ボールを入れられた。

トップ下が欲しいのではないでしょうか。あるいはサイドMFが前に張るんじゃなくて、ちょっと中に絞る。

江坂さん、手塚君と入れた後半途中からは、ちょっとボールが回るようになっていたから、ネルシーニョ監督も分かっているのではないかと思うのですが。

連戦終わって1週間あるから、ここで何とかしてほしいなあ。

|

« 偵察栃木vs福岡・京都と栃木戦展望 | トップページ | 選挙戦 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 偵察栃木vs福岡・京都と栃木戦展望 | トップページ | 選挙戦 »