« 新元号と新年度 | トップページ | vs長崎 大きいことはいいことだ »

2019/04/03

偵察長崎vs愛媛・大宮と長崎戦展望

連勝で来て、一転連敗。しかも連敗が一番忙しくて疲れている時期ときて、ダメージ大きいのです。三連敗したら寝込むと思います。ぜひとも勝っていただきたい!

ということでまずは偵察。

2019J2第5節、愛媛vs長崎は0-1。

試合の入りからよかったのは、愛媛の方でした。しっかりとボールキープをして、ボールを運びます。

ただし先制点は長崎に入りました。コーナーキックのこぼれ球をチェ・キュベック選手が押し込みます。

その後も優勢なのは愛媛で変わらず。丁寧にパスをつなぐサッカーで、狙いどころがきちんと共有されていて、とてもいい感じです。特に低いクロスもしくはグラウンダーでニアを狙う意識が高いのが印象に残りました。左サイドバック下川選手の推進力もなかなかのものです。

長崎はそんな愛媛にずっと押し込まれていたのですが、勝因を挙げれば、守備の強度。特に最終ラインは、ずっと押し込まれていても、最後のところでやらせない強さを見せていました。試合がそのまま長崎が耐えて長崎の勝利。

第6節、長崎vs大宮は0-1。

高木監督とファンマ選手は昨年まで長崎。因縁の対決です。

そしてそのファンマ選手が1点取って逃げ切るという試合になりました。左コーナーキックからの高いヘディングシュート。

試合全体としては、どちらかと言えば大宮が優勢。特にFWの大前選手が目立っていました。

長崎の方は、守備はしっかりしているのですが、攻撃の方はというとそのレベルまで構築されていない感じ。選手同士の狙いが共有されていないのか、最後のところで加速せず、ずれも目立ちます。けっこう重症っぽい。

ということで、これを踏まえて長崎戦の展望です。

長崎はあまり調子がいいとは言えないのですが、ゴール前での守備が堅く、カウンターを持っているという点で、ちょうど今のウチの課題とぶつかる形です。十分警戒が必要。

守備では。

左サイドバックに亀川君。鋭いインターセプトから、左サイドをえぐるシーンが何度もありました。ウチでは今ひとつフィットしなかったけれども、最初のあのポカがなければ、流れは違ったんだろうか。要注意です。

同じ左サイド、FWに玉田さんがいます。37歳と年は取ったけれど、献身的な姿勢は変わりません。ボールを受けに大きく動き回るので、受け渡しをしっかりと。

攻撃では。

長崎は点が取れていないので下位に沈んでいますけれど、守備は非常にしっかりしています。特に最終ラインは、フィジカルが強く体を張れる人が揃っていて、打ち破るのは容易ではありません。

そんな時には、その手前から決まるといいのにな。そろそろクリスティアーノさんのドカンと一発が見たいです!

サイドを崩してマイナスのグラウンダーみたいなのも見たいですね。それをを決めるのが、江坂さんでしょうか。お願いします!

細谷君が救世主になったら、超燃える!

どうしても勝ちたい!!

がんばって!!

|

« 新元号と新年度 | トップページ | vs長崎 大きいことはいいことだ »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新元号と新年度 | トップページ | vs長崎 大きいことはいいことだ »