« 今週の漫画感想 伏線 | トップページ | vs栃木 こっそり深刻 »

2019/04/14

偵察栃木vs福岡・京都と栃木戦展望

少し停滞感が出ている中で迎える栃木戦。ホームですし、ここはすっきり勝ちたいところ。まずは偵察。

2019J2第7節、福岡vs栃木は2-1。

この試合前の順位で福岡は最下位。ただタレント的にはそんな弱いチームではありません。その通り、試合スタートから押し込んでいきます。

栃木では大島君が先発。ところがそんな試合展開だったので、全くボールが入らず、見せ場ゼロ。なんとハーフタイムで交代です。しょんぼり。

大島君に代えてDFを入れて、3バックに変更した栃木。ところがすぐに失点してしまいます。49分、福岡・石津選手がドリブルでペナルティーエリアに侵入。うまく体を入れてPKを獲得、自分で決めました。

さらに直後51分、福岡左CK。ボールが抜けていき、右から田邉選手がミドルシュート。これをGKが弾くも、目前に詰めていた実藤選手に当たりゴール。3バックにして守備を固めたはずなのに、あっという間にプランが崩壊してしまいます。

なんとか70分に、久々に攻め込んだ栃木。寺田選手のミドルシュートがバーを直撃、跳ね返りを西谷和希選手が頭で押し込みました。

このあとは少し栃木に勢いが出ますが、そのまま試合終了。

第8節、栃木vs京都は1-2。

開始早々の3分、栃木が先制点。右CKをニアで大黒選手がすらして、藤原選手が押し込みます。

しかし全体の流れは京都でした。ポゼッションも優勢。試合はその調子で進みます。

けれど同点弾はちょっと予想外の形で入ります。42分栃木DFがビルドアップ時に足を滑らせ、ボールをつつかれてしまいます。それを受けた京都・一美選手がGKをかわしてシュート。

京都の逆転弾は押し込んだ形から。52分、左サイド小屋松選手が縦に突破し、ペナルティーエリア内まで侵入。マイナスのパスを一美選手が押し込みました。

後半途中に栃木は大島君を交代投入。何度かボールにさわれたけれど、ロングポールが多い展開だと持ち味が出ないなあ。

さてこれを踏まえて栃木戦の展望です。

守備では。

栃木左サイドは双子の西谷和希選手と優希選手。スピードがあるので、しっかり抑えたい。

大ベテラン大黒選手は一瞬の駆け引きでチャンスを捻りだします。要注意。

大島君の出番あるかな。寺田選手とのコンビはよさげなんですよね。

攻撃では。

栃木はしっかりブロックを作ってくるので、ロングボール一辺倒になると苦しくなるのではないか。しっかり崩していきたいところ。

サイドから崩したいですね。ガブリエルさんと小池君のコンビネーションが上がってくるといいな!

古賀君はどしどし仕掛けてください!

そして中で、オルンガさんがフィジカルで圧倒してくれればOK!

すっきりと白星欲しい!!

勝ちましょう!!

|

« 今週の漫画感想 伏線 | トップページ | vs栃木 こっそり深刻 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週の漫画感想 伏線 | トップページ | vs栃木 こっそり深刻 »