« なでしこvsイングランド 全体としては成功 | トップページ | vs新潟 新たな武器が »

2019/03/09

偵察新潟vs京都・千葉と新潟戦展望

ルヴァン杯も逆転勝ちしていい流れで迎えた第3節。しかし新潟は難敵です。まずは偵察。

2019J2第1節、京都vs新潟は0-0。

前半のポゼッション率は、京都が6割超え。

ただ新潟が落ち着いてブロックを作って対応している雰囲気で、あまり崩れていません。伝統の堅守速攻。そこをちょっと崩して降格しちゃったわけですが、取り戻してるんじゃないかな。

京都の方は前線に技術のある選手を並べて、そこを連携で崩していこうと、地上戦狙い。お互いが持ち味を出す展開で進みました。

後半途中からは少しプレスが緩み、どんどん攻め合う展開になります。新潟・矢野、京都・闘莉王と交代で入って、大迫力空中戦もあったけれど、決めきれず。引き分け。

第2節、千葉vs新潟は1-4。

お互いプレッシングを基調とした守備なので、ガツガツとぶつかりあう激しい展開。結果に差がついたのは、攻撃の部分から。

千葉の新外国人FWクレーベ選手は大型で足元もあり、かなりいい感じなのですが、そこへ入れるタイミングや意図がチームで共有できていない。ゴール前で停滞しています。

対する新潟は、走るタイミングや使う意識が共有できていて、大きなチャンスを作ります。非常にスムーズです。

3点目、4点目は、千葉がホームで追い付きたいということがあったのですが、それこそ堅守速攻チームの大好物。新潟が完勝した試合でした。

さて、それを踏まえて新潟戦の展望は。

新潟は昨年J1復帰とならないどころか下位に沈んだのですが、シーズン途中の監督交代から調子を上げ、今シーズンにつなげました。伝統の堅守速攻を取り戻しています。むしろ、吉田監督になる前のJ1のイメージで向かい合うべきです。

守備では。

FW2枚はもちろん、ボランチを含めた中盤4枚も、ボールを運ぶ力のあるタイプです。とにかく切り替えを速くして、速攻を潰したい。

新加入のレオナルド選手は裏抜けを狙っていて、シュート意識も高い。要注意。

レオナルド選手は前線に残り、相方の田中達也選手が降りてきてトップ下の役割も果たす形。ボールの循環がスムーズに。あそこは潰したい。

攻撃では。

新潟はやみくもに全部プレスに行くのではなく、しっかりと4-4-2のブロックを組んでから、メリハリをつけてプレッシャーに行く形。とても安定感があります。これをどう崩すか。

まずはしっかりとしたビルドアップ。プレスを潜り抜けたいところ。パスミス厳禁ですよ!

先発予想が難しいスケジュール。オルンガさんはどうだろう。でも先発、途中投入どちらでも、とにかくドガンと行ってほしい。特に相手新人CB新井選手は173cm。ばねでカバーの身体能力の高いタイプですが、オルンガさんとの20cmのミスマッチは、高校大学ではなかなか体験できない異次元遭遇のはず。うまく突きたい!

そしてブロック組まれてもお構いなしのクリス砲が炸裂してほしい!

目指せ開幕4連勝!!

勝ちましょう!!

|

« なでしこvsイングランド 全体としては成功 | トップページ | vs新潟 新たな武器が »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 偵察新潟vs京都・千葉と新潟戦展望:

« なでしこvsイングランド 全体としては成功 | トップページ | vs新潟 新たな武器が »