« 確定申告のせいだ | トップページ | 偵察京都vs鹿児島・福岡と京都戦展望 »

2019/03/16

今週の漫画感想 決意

のどが痛くて風邪ひくパターンだったので、仕事休みを幸いと四度寝して漫画読んでゴロゴロし放題の月曜日。気がつけば夕方な、ジャンプ15号感想です。スレッドでつなぎますー。

『約束のネバーランド』。対立してしまうのかと思いきや、ノーマンの想定が崩れてしまう展開に。いったいどうなるのか、先が全然読めない。

センターカラー『ぼくたちは勉強ができない』。日野さんがピアノを続けていてよかった。夢は少しずつ形を変意味付けがなされていくのか、気になる。

センターカラー『火ノ丸相撲』。気がつけば場所も終盤。優勝争いはどうなる。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』。素晴らしいくだらなさ。素晴らしい切れ味。挟まれてうれしそうなこゆずの絵が、そこに至るテンポ、ページ開いて目に飛び込んでくるインパクトと、最高の一枚。

『思春期ルネサンス!ダビデ君』。モナさんの七変化。麗子像のインパクトすごいw そしてそっちに振っておいてから、ページ開いて同じ場所に来る一番可愛い顔との振れ幅。見事な構成。

というジャンプ15号感想でしたー。さて、体調改善したし、まずご飯。19/3/11

『ゆらぎ荘の幽奈さん』。ネームうまいなあと思っていつも感心しながら読んでいます。

女の子のキャラがたくさん登場し、内容も盛りだくさんなので、描く方としては実はかなり処理の難しい作品です。

それをテンポよくすいすいと読ませる。そしていいタイミングでインパクトの大きい絵を入れる。

漫画を面白く感じる時のかなりの大きなウエートを占めているのが、スローテンポであれアップテンポであれ、いいテンポを刻めていることではないかと思うのですよ。本当に読んでいて楽しい。

ちょいとバタバタしている水曜日、漫画感想もバタバタです。スレッドでつなぎますー。まずはマガジン15号感想。

センターカラー『男子高校生を養いたいお姉さんの話』。お姉さん、死んでしまう。この展開の先はいかに。

『川柳少女』。第九巻全篇描き下ろしとか、とんでもないことが書いてある(・・;;)

『ランウェイで笑って』。心の淀みの表現。これが後々なんか起こすんだろうなと思わせる、よい伏線。

『ダイヤのA』。先輩の本音、一度背を向けてからのいい横顔。

お次はサンデー15号感想。『舞妓さんちのまかないさん』。「あきまへん…」いい顔w 前のページといい対比。

『妹りれき』。最初と最後でスマホ画面の小ささを逆手に取った、いい演出。

『第九の波濤』。元コンビと現コンビがテーマで進んで、阿吽の呼吸を見せるとこ、いいシーン。

『初恋ゾンビ』。さあクライマックス。どう見せるのだろう。

というマガジン&サンデー15号感想でした。さて仕事に出る準備。19/3/13

『初恋ゾンビ』。そろそろ終わりなんですけれど。どう終わるのか、気にしながら読んでいます。

どんでん返しはなく、このまま初恋成就して終わるのだろうと思うのですが。いい読後感で終わるのかどうか。

スタートとラストは、作品にはそれぞれ1回ずつしかなく、それによって作品の評価はガラリと変わるのですが。

売り上げに直結するスタートのさせ方に対して、終わらせ方はあまり評価されていないような気がします。

でもお話を追い、単行本を買い続けている人にとっては、その作品がきれいに終わり、読んでいてよかったという読後感を得られるかどうかは、大きな問題。そのまま本棚に置いておくべき作品なのかどうかの分かれ目です。

でもなかなか見られないんですよね、心に残る終わり方。きれいなラストがぜひ見たいなと思います。

|

« 確定申告のせいだ | トップページ | 偵察京都vs鹿児島・福岡と京都戦展望 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週の漫画感想 決意:

« 確定申告のせいだ | トップページ | 偵察京都vs鹿児島・福岡と京都戦展望 »