« 出版におけるAI活用 | トップページ | 山場 »

2019/02/01

ジャンプ9号感想 怒り

さあ、今週乗り切れば、な月曜日。ジャンプ9号感想です。スレッドでつなぎますー。

『鬼滅の刃』。この漫画はやる時はバッサリで、ほんと厳しい……。

『Dr.STONE』。突っ込みがいい感じw

『約束のネバーランド』。どSFでびっくり。

『アクタージュ act-age』。さあ、舞台は最後に向かって収束していく。どうなるのかな。

『ぼくたちは勉強ができない』。一気に動きはじめた。成幸の夢は?

センターカラー『ゆらぎ荘の幽奈さん』。恋の大戦争が意外な展開に……と思ったところで、ある点から見ると、一本筋に進んでいることに気づいた。ということは、次週……?

という短めジャンプ9号感想でしたー。仕事前のバタバタも、今週限りなはず。19/1/28

『鬼滅の刃』。この作品は、思い切った大胆なお話の転がし方が印象的なのですが。

厳しい方に振るときも思い切って大胆なので、いつ死んじゃうんだろうかとハラハラしながら見守ることになるのです。煉獄さんとかお屋形様とか、最初は死ぬ展開だと思ってなかったよ。

そしてさらに、とても厳しい展開が来ました。胡蝶さんがこうなるとは。

かわいそう。あれだけ強い想いを持っていたのに。

もう誰も安心して見られないので、この先の展開もハラハラしています。善逸さんは大丈夫なのか。

|

« 出版におけるAI活用 | トップページ | 山場 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャンプ9号感想 怒り:

« 出版におけるAI活用 | トップページ | 山場 »