« ジャンプ2号感想 幕間 | トップページ | つばさ文庫小説賞一次通過 »

2018/12/16

コーチに井原さん栗澤さん

ネルシーニョ監督と共に来季のスタッフも発表されていて。その中で目を引いたのが。

ヘッドコーチに井原さん。

そして栗澤さんもコーチとなります。

井原さんのヘッドコーチは前と同じなんですけど、福岡で監督を務めたあとなだけに、豪華布陣な感じがしますね。

ネルシーニョ監督や井原ヘッドコーチがすぐに決まったのは、ゼネラルマネージャーが布部さんになっていたからですよね、きっと。しっかりつてがあった。あの時の人たちが集まってきている感じです。いいチームでしたからねえ。今回も期待したいですねえ。

選手でもあるかな。帰ってきて欲しい人いるんだよなー。

栗澤さんのコーチは驚き半分、さもありなんが半分でした。

頭を使ってバランスを取るプレースタイル、そして発言もしっかりとしていたので、指導者向きの印象をずっと持ってた。

だから、アカデミーのコーチとして残ったりしないのかなと思っていたのですが。いきなりトップチームのコーチです。

僕は、この前の記事でアカデミー一貫式が頓挫したみたいなことを書きましたが、原因をたどると、精緻なビルドアップ理論に対して守備理論がいまいちだと思うんですよ。

吉田さんも下さんもそこで解任されたわけだし。

吉田さんなんて、ビルドアップ構築の腕を買われて新潟、甲府と仕事が続いたけれど、両チームの持ち味だった肝心要の堅守が崩れて、降格の流れを作ってしまいましたからね。

ウチの監督に就任した時にネルシーニョ監督から引き継ぐところはないみたいなコメントを出していて、えっと驚いたのですが、マンツーマン気味からゾーン主体の守備にするにしても、寄せの厳しさや最後のところで抜かれない姿勢などの部分は取り入れていくべきだったんじゃないかと思います。

今回の第2次ネルシーニョ政権では、もちろんそのシーズンその試合の結果も欲しいのですが、ぜひその辺りのところをクラブ全体で取り入れてほしいなと思っていて。

選手として体験して、そして今回指導者としてかかわる栗澤さんが、守備構築の部分をしっかり学んで、後々のレイソル監督になってくれたりしたらなおよし。

ぜひともがんばってください!!

|

« ジャンプ2号感想 幕間 | トップページ | つばさ文庫小説賞一次通過 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーチに井原さん栗澤さん:

« ジャンプ2号感想 幕間 | トップページ | つばさ文庫小説賞一次通過 »