« 歩きスマホ | トップページ | ガンズ進捗状況と新企画 »

2018/12/05

NovelJam2018秋とパティシエとの比較

2泊3日で小説を書き上げて出版までしてしまうというハードなイベント、ノベルジャム。

しかし前回から、戦いはこで終わらなくなっています。売上実績を加味したグランプリ授賞式がこの後開催されるのです。

さらにその期間も前回より延長。短距離全力疾走の後マラソンをするような、ハードな方向にさらに一皮むけたイベントとなっております。

僕的には、売って読者に届けるというところまで射程に入れたイベントになったことが、すごく重要だと考えています。

旧来の出版は、作家は書くだけで、その後は出版社や書店におまかせだったので、全体像を見る機会というのはそうなかった。出版社の中で行われている販促に至る過程も、外からは見えづらかった。たまにインタビューやセミナーで出てくるぐらい。

それがリアルタイムで、目の前で行われているのです。

前回の経験を踏まえて、今回はますます皆さん張り切っている模様。新たなアイディアがどんどん出てきています。最小ユニットのスモールパブリッシングになっていて小回りが利く利点を最大限に生かしています。

思いついたら即実行。舞台にもなるらしいですよ。

今回はスポンサーにピースオブケイクが入ったことにより、noteでの情報発信が推奨されていて、参戦記もどんどん出ている模様。

ぶっちゃけ前回でもすべては追い切れていなかったのに、今回はなおさら無理。

でも、これくらいガンガン情報発信して盛り上げていくことが大切なんだろうなと思います。

できたら運営側でみんなの取り組みをまとめて、ドキュメンタリー風の一冊の本を作ったら面白いんじゃないかな。セルバブの販促ノウハウバイブルになるよ!

さてノベルジャム自体は、第1回からだんだんと、企業も巻き込み規模も大きくしてきました。実際、売り上げ部数も上がったんじゃないかと思うんですけれど。

ここからが出版の難しいところですよね。

世間一般から見た出版の成功って、めちゃくちゃハードル高いと思うんですよ。

で、その時にふと思ったのが、タイトルのパティシエとの比較です。

なぜかというと、お昼ご飯がエクレアだったからです。

昔、手塚治虫先生が悪書批判にさらされていた頃、マンガは子供のおやつですとおっしゃっていましたが。

パティシエの人たちが、甘いお菓子を作る場合、手作りなので、1個1個日労力を注ぎ込まなければいけません。そして食べると無くなってしまうわけですから、毎日毎日作らないといけない。すると当然、世の中の需要満たすためには、けっこうな数のパティシエさんが必要になります。

うちの近所に有名なお店があるのですが、外から覗くとそこには何人ものパティシエさんが働いています。

甘いものを作っているといえば、和菓子職人さんもいますよね。調べたら、菓子製造業従業員15万人という数字を見つけました。お菓子メーカーの人も含まれてる? とにかく、世のおやつを作るためには、それだけの人手が必要なのです。

それに対して本は、出版にこぎつけるまでにはけっこうかかりますが、1冊増刷する労力はずっと少ない。

電子書籍なんてもっと少ない。

しかも一度食べてもなくならない。

つまり、少数の作家で需要の大部分を満たせるということ。売れてる作家に需要がどっと集中するということなのです。

以前マンガで計算したことがあるのですが。その年にデビューした人が100人ちょっと。それから10数年経っていますが、多分そのうち残ってるのは1人2人。デビューする時にも新人賞であれば100人からのライバルを打ち倒しているので、作家としてご飯が食べられるのは1万人に1人とか10万人に1人のレベルになります。

皆できれば自分の作品でご飯を食べて、思う存分使いたいだけの時間を創作に注ぎ込みたいわけですけれども。

そこに至るのがとても難しい。世に広く名が知れているというレベルを成功としたら、さらにハードルは上がり、ほとんどの人が討ち死にするということです。

それでもそこに夢を見て、書き続けている人がいる。

そこに至る道の、何か有益な情報があるのなら、のどから手が出るほど欲しい。

ノベルジャムが売ることについてこういう試みをどんどん進めているのは、ものすごく有益なことだと思います。

この長丁場の勝者は誰だ。

|

« 歩きスマホ | トップページ | ガンズ進捗状況と新企画 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/67448935

この記事へのトラックバック一覧です: NovelJam2018秋とパティシエとの比較:

« 歩きスマホ | トップページ | ガンズ進捗状況と新企画 »