« ハロー・ワールド | トップページ | いよいよ当日!トークイベント『藤井太洋の頭の中』 »

2018/11/09

ジャンプ49号感想 銀河鉄道

締め切り一つ終わらせて、でもまだ土曜の準備に来週の締め切りに、そして仕事も忙しい。なのにサッカー負けちゃって、もう逃避できるのは漫画だけなジャンプ49号感想です。スレッドでつなぎますー。

センターカラー『アクタージュ act-age』。カムパネルラを迎える阿良也の顔。カムパネルラとして登場する夜凪の顔。夜凪の変貌に驚くみんなの顔。力ある顔描けるのはほんとにすごい。読者をいざなう、死者の旅路、銀河鉄道へ。

センターカラー『思春期ルネサンス!ダビデ君』。ラファエロいってなんだw

『ぼくたちは勉強ができない』。子供のけなげな気持ちを汲めないとーちゃん最悪。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』。じわじわとクソ野郎だとわかっていく流れがうまい。

『食戟のソーマ』。司先輩相変わらずw

という、大慌てジャンプ49号感想でしたー。さて、出かけるしたく。18/11/5

『アクタージュ act-age』。さあ、巌さんの遺志が伝わりはじめましたよ。夜凪を通じての最後の指導。

そして夜凪がそれに応えられるかどうか。その最初のシーンが素晴らしい。

強烈な没入能力を持った夜凪が、カムパネルラとして登場するシーン。

同じく役に深く潜る高い能力を持った、阿良也の迎える顔。「ジョバンニ」として迎えているのがわかります。

対する夜凪の、透き通った美少年っぷり。そこにいるのは、死者「カムパネルラ」。

それを迎える、驚いた観客の顔。すごいことが起きてるということが伝わります。

無言の中にたくさんの情報がある。描写力の勝利だと思います。

顔が描けている漫画が本当に好きなのです。第4巻発売。

|

« ハロー・ワールド | トップページ | いよいよ当日!トークイベント『藤井太洋の頭の中』 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/67347629

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンプ49号感想 銀河鉄道:

« ハロー・ワールド | トップページ | いよいよ当日!トークイベント『藤井太洋の頭の中』 »