« 宣伝でありコンテンツである | トップページ | COMICリュウ9月分 追体験 »

2018/10/03

Gene Mapper -full build-

Gene Mapper -full build- (藤井太洋・著)を読みました!

遺伝子を設計して作る「蒸留作物」が普通となった未来。遺伝子デザイナーの林田は蒸留作物のトップメーカーL&Bから依頼を受け、完全有機栽培のプロジェクト〈マザー・メコン〉のイネの遺伝子設計を手掛けた。

しかし、その稲が、遺伝子崩壊を起こしているのではないかという知らせを受ける。遺伝子崩壊を起こしていたらプロジェクト失敗の大問題なのだが、さらにはその遺伝子が、ばかみたいに大きなサイズになっている、全く未知の変異が確認されて……。

藤井太洋先生は、KDPが日本に来た時にこの本の原型となる作品を発表。あっという間にベストセラーになってプロデビュー、日本SF作家クラブ会長にもなるという、セルパブ立志伝中の人なのです。

こちらの本はそのセルパブ版を改稿したもの。バイオテクノロジーを主題に、拡張現実が世界観にいろどりを添え、「今」を感じさせる作りです。

SF的に、この「現在話題になっている題材を取り込んで、来たるべき未来を感じさせる」というのは、とても大きい要素です。ここの描写がとてもしっかりしているのが、まず魅力です。

また藤井先生は、僕の参加している日本独立作家同盟の理事でもあって、セミナーにも登壇され、その時に、プロットの作り方をお話しされていて。

それを思い出しながら読むと、構成の巧みさにもうならされます。さりげなく、伏線張ってある。だんだん物語が加速していって、目が離せなくなります。

この作品はある意味で、出版の歴史を変えた作品の一つなのですが、なるほど、それだけの力があるなあと思ったのでした。

あと、来たるべき未来という点で個人的に、拡張現実の犬のエージェントがかわいくてよかったです。あれならペット禁止物件でも犬飼える(憧れ)

|

« 宣伝でありコンテンツである | トップページ | COMICリュウ9月分 追体験 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/67226395

この記事へのトラックバック一覧です: Gene Mapper -full build-:

« 宣伝でありコンテンツである | トップページ | COMICリュウ9月分 追体験 »