« バカにつける薬はない 第二回 | トップページ | 日本vsコスタリカ 新生代表 »

2018/09/12

天鏡のアルデラミン Ⅻ

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン Ⅻ (宇野朴人・著)を読みました!

カトヴァーナ帝国、キオカ共和国、ラ・サイア・アルデラミンによる三国会談が始まった。そこには予期せぬ闖入者、イクタの師、アナライ・カーン博士の姿もあった。懐かしい面々と旧交を温めるイクタ。

しかし会談は予期せぬ精霊のからの「神の試練」のお告げで中断される。その試練は、紙の与えたもうたものとしては異質な、明らかに幾何学その他科学の知識を問うもので……。

読んで一言。

すんごいSFだった!

精霊の設定から予期はしていたけど、すんごいSFだったよ!

ということで、世界の謎は解けて、あとはキャラクターの問題をどう解決するか。

さて、どうなる。

|

« バカにつける薬はない 第二回 | トップページ | 日本vsコスタリカ 新生代表 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/67032353

この記事へのトラックバック一覧です: 天鏡のアルデラミン Ⅻ:

« バカにつける薬はない 第二回 | トップページ | 日本vsコスタリカ 新生代表 »