« vs清水 また3失点 | トップページ | 攻める講談社 »

2018/09/17

期待感を作る

どれだけ一生懸命中身を作っても、このコンテンツ過密の世の中では、最初の期待感をうまく作らないと中身を見てもらえない。パッケージの部分、冒頭の部分をどうするか。
逆に、期待感を作り、それに応え続けることで、作品をずっと転がすことができる。
考えどころ。

「他に例がない」って「需要がない」って意味だったりもするので、需要があって多く作られているものと同じ期待感を作りつつ、でも他にはないのではないかと感じさせる、二律背反をクリアしていかないといけないわけで、それは神業。18/9/5

漫画だったり小説だったり、ずーっと創作活動してきて、自分のこの部分の弱さがだめだなあと痛感しているのです。

出版社に持ち込む企画なら、ここが「売れる期待感」になり、採用の可否に影響する。ネットではもっと直接的で、まさに中身を見てもらえるかどうかにつながる。

ただ、あまりにそこに順応しすぎると、それはそれで型にはまったり、逆に需要がないほどの奇抜さになったり、一発ネタ過ぎて後が続かなくなったりして。

いい感じのところに持っていくのは、本当に神業です。難しい。

あと、期待感を全部、作品の内容いじくって対応しなくてもいいはず。その辺も探求中。

|

« vs清水 また3失点 | トップページ | 攻める講談社 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/67163822

この記事へのトラックバック一覧です: 期待感を作る:

« vs清水 また3失点 | トップページ | 攻める講談社 »