« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018/08/31

U-21vsUAE 決勝進出!!!!

決勝進出です!!!!

アジア大会2018ジャカルタ、準決勝U-21vsUAEは1-0!!!!

いや、ここまで来れるとは、正直グループリーグの試合を見ている時には思いませんでした。主力に休みが多くて、ちょっと寄せ集め感があり、連携よくなかったから。

それが、一戦一戦まとまっていき、チームとして動いている感じがだんだん出てきて。

この試合の決勝点なんか最たるもの。左からのボールが惜しくも合わず、相手カウンターになりそうな瞬間、切り替えたボランチ渡辺選手が奪い返し、すかさずFW上田選手につけます。上田選手はファーストタッチで抜け出して、ゴール上隅へ。

流れるような一連のプレー。単に個ががんばっただけではない、チームとしての意識の共有を感じられた、とてもいいゴールでした。

大会の中で成長、というフレーズはよく使われますが、本当にどんどんチームらしくなってきて、素晴らしいです。

さあ決勝は韓国。兵役免除がかかってて、U-23プラスオーバーエイジ、しかも海外組も呼んじゃうという、最強布陣。これをU-21かつ主力が欠けてる日本が倒したら、超燃える。

ぜひとも勝ちたい!! がんばって!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/30

なでしこvs韓国 決勝進出!!

決勝進出です!!

アジア大会2018ジャカルタ、準決勝、vs韓国は2-1!!!!

苦しい試合をものにしました!!

開始早々の4分に、DFライン裏へのボールに走り込んだ菅澤選手が、右アウトで流し込んで先制点。

しかし、その直後、岩渕選手からの絶妙なスルーパスで抜け出したチャンスは、力が入りすぎたのか枠を越えてしまいます。これを決めてたら楽だったんだけど。

その後、だんだん韓国に押し込まれるようになり、防戦主体の展開に。そしてとうとう、後半に追いつかれます。

このまま逆転されると、あの得点機会逸が大きく響いたところでしたが、終了間際。

右から清水選手がクロス。ファーで菅澤選手がヘッドで折り返し。中に飛び込む人がいたので、ちょっと無理をしたのか、ここで韓国DFクリアしきれずオウンゴール。

かなり押されていたので、この試合を取れて本当によかった。決勝進出、相手は中国。がんばって!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/29

U-21vsサウジアラビア ライバル下す

勝ち残りました!!!!

アジア大会2018ジャカルタ、準々決勝vsサウジアラビアは2-1!!!!

前日のなでしこの記事とタイトル同じなのですが、手抜きではなく。

この大会のレギュレーションは男子はU-23+オーバーエイジ。そうしている国も多い中、日本は強化を考えて五輪世代のU-21。サウジアラビアもそうなのだそうです。まさにこのメンバーが東京五輪で相まみえるかもしれないライバルだったのでした。それに勝った! えらい!

試合はかなり拮抗した展開。サウジのカウンターは速さがあって怖かった。ドリブルを抑えきれず競り負けてはがされるシーンもあって、ひやひや。

そんな中活躍したのが、前の試合の感想で「切れている印象」と書いた岩崎選手でした。

運動量豊富に裏を突き、攻撃を活性化。攻撃陣の連携が高まってきたのもあって、使われるタイプの岩崎選手も生きてきます。

そして、前田選手とのコンビで2得点。どちらもダイレクトなのがよかった。特に1点目は距離があったのに迷うことなく打ち込んで、相手の虚を突くナイスシュートでした。次も期待。

これで最大の7試合ができることになって、強化としてはばっちりです。次もがんばってほしいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/28

なでしこvs北朝鮮 ライバル下す

逃げ切った!!!!

アジア大会2018ジャカルタ、決勝トーナメント1回戦、vs北朝鮮は2-1!!!!

2点目よかったですね。厳しく当たってくる相手をかいくぐるようにパスをつなぎ、長谷川→菅澤→長谷川。足元飛び込んでくるのをかわすためか、最初のボールが浮いていたんだけど、それをうまく処理して、浮き球のままつないでワントラップボレー。きれいなシュートでした。

試合展開は技の日本、激しさの北朝鮮という感じで、拮抗していました。こっちにもまだ惜しいシュートがあったし、向こうにも危ないシュートがあった。よく走ってカバーして、相手のごり押しに粘ったのがよかった。

男子とは違って、女子の東アジアは世界的に見てもサッカー強い地域。その強豪国を下して、次戦進出です。次の韓国戦も勝ちたいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/27

U-21vsマレーシア 辛くも

アジア大会2018ジャカルタ、決勝トーナメント第1回戦、vsマレーシアは1-0!!

辛くも勝ち上がりました!!

マレーシアが守備は粘るし、思い切りよくシュートは打つしで、かなりひやひやの展開。

PKは、角度によっては取ってくれないかもしれない、微妙なやつ。

ほんと、ギリギリ。

でもこういう経験が、成長へとつながるので、とにかく勝ち進めたのはよかった。

岩崎選手がかなり切れていたのが印象に残りました。次も活躍するかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/26

vs長崎 大爆発!!!!

大勝!!!!

2018J1第24節、vs長崎は5-1!!!!

いきなり失点した時には、今季はあまり逆転できる印象がないので、これはやばいと思ったのですが。

その後大量得点です!

どんどーんとクリスティアーノさんが連発して逆転に持っていったのがうれしい。やっぱりクリスティアーノさんが点取る流れにならないと、攻撃力が上がらない。

伊東君はさすがのスピード。一瞬のためらいが致命的になるんだから、本当に脅威。

手塚君はさすがのFK。セットプレーからもっと点取りたいんですよねー。

そしてオルンガさんの来日初ゴールという、大きなおまけ付き! ここからバリバリ働いてほしいです!

今季の降格争いはとにかく油断ならないと思うので、ここで勝って突き放せたのは大きい。次もしっかり勝ちたいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/25

ぜひとも勝ってほしいvs長崎展望

例年にない大忙し期間で、日々の仕事とその翌日分の準備に忙殺されているのは既報ですが。

本日はその積もった疲労で、朝起きたら食欲がなく、「仕方ない、ゼリーでも食べるか」と思ったら、力が入らなくて蓋がはがせなかった。末期症状。ピンチ。

ちなみに、サッカーちょっと見たら時間が無くなって追い込まれたので、長崎戦の偵察はあきらめたんですよ。人生とは。

ということで潤い無さ過ぎてメンタルもやばいので、レイソルにはぜひとも勝っていただきたい!!

願望だけ書いたところで、本日は終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/24

ジャンプ38号感想 横浜みなとみらい

大忙し期間に入り、順調に体力が削れている月曜日、漫画を読む時間も極少です。ジャンプ38号感想。スレッドで繋ぎますー。

センターカラー『ゆらぎ荘の幽奈さん』。「きゅん」てw この人も一癖ありそうだけど、出番あるのかな。

『アクタージュ act-age』。中盤からの盛り上がってくるところのリズムがいい。

『火ノ丸相撲』。「団体戦」が、またいい絵を呼ぶ。

『ぼくたちは勉強ができない』。「ご主人様」の破壊力。艶めいたいい顔。

『ハイキュー!!』。書き文字のドが枠線になってる構図。そして高さを見せる絵。ここ一番の演出、ほんとにうまい。

『ノアズノーツ』。終わり方、いい演出だった。

という、短めジャンプ38号感想でしたー。時間……。18/8/20

短期で終わっちゃう作品を見るたびに、ヒットさせることの難しさを感じます。

何が難しいかって、単純な能力の問題ではないことです。今ちょうどアジア大会をやっていますが、水泳や陸上競技などの速さを競う種目であれば、ゴールはすごく明確です。タイムを縮める。速くなればいいのです。体力を向上させ、技術をひたすら磨く。

ところが漫画や小説の場合、技術だけの問題ではない。もし能力の問題なら経験を積んで技術は上がっていくのだから、ヒット作家は年功序列になるはずですし、デビュー作で大ヒットした先生の作品がこけたりするはずがない。

多分小さなボタンの掛け違いで、結果に大きな差がつくのだろうと思います。ここが見切れたらいいのになあ。見切りたいなあ。

『ノアズノーツ』は、ここでは犬のところぐらいしか感想書いていませんが、一通り読んでいました。打ち切りと思われる全三巻での終了ですが、キャラクターの思いを大切にしたいい終わり方でした。最後に一番の当たりが来た。作家の意地を見た気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/23

なでしこvsタイ・ベトナム こちらは一位通過

アジア大会、男子はU-21の参加ですが、女子はフル代表です。

アジア大会2018ジャカルタ、グループリーグ第一戦、なでしこvsタイは2-0。

試合見れてなくてニュース見ただけですけれど。けっこう苦戦だった模様。

男子もだけど、東南アジアはだんだん侮れなくなってきていますねえ。

第二戦、vsベトナムは7-0。

男子が苦汁をなめさせられたベトナムに、ハンデのないフル代表のなでしこは完勝。

まあ、向こうもグループステージ突破を決めていたので、メンバーを大きく入れ替えてきたというのもあるのですが。

ただ、一戦目から選手も何人か入れ替えコンディションにも配慮、前後半とも早い時間に点を取り、追加点を積み重ねる磐石の試合運びと、流れとしては完璧。

欲を言えば、もっと点取れたけど、むしろベトナムGKは奮闘していて、いいセーブをしてた。

さて、問題は次ですよ。この記事書いている時点では、まだ相手が決まってない。中国と北朝鮮、どっちかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/22

クオリティ・オブ・ライフ低い

大忙し期間です。

まず今週。出かけ仕事が忙しさピークです。

仕事場にいる時間はさほどでもないのですが、帰宅後、翌日の準備に忙殺されており、昨日はサッカー一試合分の余裕がなかったですよ。見たらすげえしわ寄せ来たよ。

そんな時、「まあ、ちゃちゃっと終わらない自分の能力の低さがあるよな」とがっかりしながら、ご飯を食べようとすると。

新しく買った炊飯器で炊いたご飯が、プラスチック臭い。

ご他聞に漏れず中国製。

毒ミルク、毒油、毒塩、最近毒ワクチンもあり、ビジネスモラルに信用がおけず、「そういや、土鍋の焼きが甘くて、料理すると鉛が溶け出す事件てあったな」と思い出してしまうと、本当にそれだかはわからないけど食欲はがた落ち。

僕には、サッカーを楽しむことも、ご飯をおいしく食べることも許されないのか! という嘆きがタイトルの由来です。

ちなみに大忙し期間は来週も続きますが、こちらは出かけ仕事はほどほどだが、他の仕事もあるよ、といういつものパターンです。

というわけで、連絡しなきゃいけない人にも不義理をしていますが、その頃連絡しますー(私信)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/21

U-21vsベトナム 二位通過

アジア大会2018ジャカルタ、グループリーグ第3戦、U-21日本代表vsベトナムは0-1。

この大会、男子はU-23のカテゴリー。日本は不利を承知で、東京五輪への強化のため、U-21代表を送り込んでいます。

さらにこの世代の主力選手を全員呼べているわけではありません。目立ったところでは海外組の堂安選手、富安選手、さらにウチの中山君が怪我で辞退。

すると、勝負として厳しい。ベトナムは、もうそれぐらいの相手だと言えるでしょう。

ただ、正直、ミス絡みの失点なのは残念ですねー。開始3分、GKからのボールを、ボランチが奪われます。プレッシャーが来る局面で、完全に背をさらしているボランチにつけたGKの判断、背後が見えていないのにボールを体の外側に出してしまったファーストタッチ。

個人の判断の部分はきちっと隙のないレベルでそろっていてほしい。これを糧に挽回できるでしょうか。

トーナメント一回戦はマレーシア。こちらは兵役免除を目指してオーバーエイジでフル代表の主力、ソン・フンミン選手を呼ぶほどガチの韓国U-23代表に勝っています。東南アジアはもう侮れない。がんばってほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/20

vs磐田 連勝できない

2018J1第23節、vs磐田は0-2。

仕事で肉体に、サッカーでメンタルにダメージ。

しかもですね、名古屋が完封で五連勝と、完全に敵に塩を送った形になってて、とても悲しい。

どんどん人が入れ替わって、積み重ねた分がなくなっているのが、怖いですね。

積み直しは間に合うか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/19

偵察磐田vs神戸・浦和と磐田戦展望

さて、また大忙し期間に入っております。

ここでレイソル負けると、肉体的に疲れているのにメンタルにダメージ受けるという、弱り目に祟り目になるので、ぜひとも勝ってほしいところ。まずは偵察。

2018J1第21節、神戸vs磐田は2-1。

まあこの試合は、なんといってもイニエスタ選手のJ初ゴールでしょう。

15分、ポドルスキ選手からの強いパスを完璧にコントロール、一発のターンでDFをかわし、GKが出てきたところ、もう一歩進んでそれも外してゴール。普通の人なら出ちゃうかもしれないところ、ゴールラインに向かって細かい正確なタッチでもう一歩行くプレーが、「そうそう、見たコレ」という気分にさせました。やっぱ、すげえ。

神戸は56分に2点目。CKのクリアボールをイニエスタ→大崎→ウェリントンとダイレクトでつなぎ、古橋選手が飛び出して押し込みました。

84分、磐田の得点。守備に戻ったイニエスタ選手、ペナルティエリア内で山田選手の足を引っ掛けてPK献上。川又選手が決めました。

ある意味、全得点に絡んだイニエスタ選手が、主役の試合でした。磐田の偵察しないといけないのに、そっちばかり見てた(^^;;)

第22節、浦和vs磐田は4-0。

前半から浦和優勢、DFラインの裏を狙う姿勢が目立ちました。ただ、もともと磐田はカウンター寄りのチームなので、十分戦えている印象で、こんな大差がつくとは思えなかったのですが。

後半に入って浦和が得点を重ねます。ファブリシオ選手が55分、61分、さらに90分でハットトリック。槙野選手も85分にCKから得点。

磐田は後半、点が入るにつれ、だんだん集中が切れていく感じがありました。3、4失点目はほんとにそう。交代もうまくいかず。いいところのない敗戦。

ということで、それを踏まえて、磐田戦の展望です。

守備では。

カウンターとサイドからの攻撃が主体の磐田。まず抑えなくてはいけないのは、川又選手です。特に、クロスに対する強さ。ウチの苦手なところなので、要警戒です。

3バックなのか、4バックなのかで少々違ってきますが、その川又選手の一列下に構える二人にも要注意。松浦選手はスピードがあり、カウンターの主体になります。

山田選手は、中へ入ってきた時、パンチの効いたミドルシュートがあります。しっかり寄せる。

攻撃では。

前節は瀬川君のスーパーシュートが決まったわけですが。

ああいうのがばかばか決まるのを期待してたらまずい。なんかもっとこう、普通に流し込んだね、みたいな必然のシュートがほしい。

カウンターで伊東君が運んで、横に流すと江坂さんとか瀬川君がすっこーんみたいなやつ、募集中。

あと、引いた相手にクリスティアーノさんの一発は、スーパーに見えても必然だと思うので、ひたすら募集中です!

とにかく勝ち点!!

がんばれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/18

天鏡のアルデラミン Ⅹ

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン Ⅹ (宇野朴人・著)を読みました!

帝国からのアルデラ教徒の亡命を阻止すべく動いた帝国軍。そこへシャミーユもやってきた時、アルデラ教徒に捕虜収容所から脱走したキオカ海軍の一団も加わり、東のキオカ陸軍と合わせ、挟撃される形になってしまった。

さらに、そのキオカ軍を指揮するのは、『不眠の輝将』ジャン・アルキネクス。トルウェイ率いる狙撃兵大隊も封じられ、帝国軍は劣勢に陥る。そこへ疾風のごとく駆けつけ、戦局を打破したのは……。

ハロ=パトレンシーナの暗躍が続いてましたが、決着を見ました。

ヤトリは悲しい最期となっているので、これは騎士団の面々が非業の死を遂げていく、超つらい話なのではと、恐れおののきながら読み進めていたのですが。

違う展開だった。よかった。

シャミーユの暴君ぶりとか、ハロの裏切りとか、けっこうこの辺の扱いは難しいと思うのです。いや、真っ暗なお話にしていいなら、ある意味一本道ですけれど。そうじゃない展開にすると、実際には犠牲もあったわけで、そこをどう納得させるのか。

かなりの力技になるのですが、そこのところの厳しい展開をうまく処理してるなと思いました。

さらに、ここまでのつらい展開を、登場シーンだけで打ち砕く新キャラが最後にどどーんと。

真っ暗一本道だったらむしろ先の展開が読めるのですが、さっぱりわからなくなりましたよ。

ある意味、狂気に狂気をぶつける形になるわけですが、宮廷の中の争いも目が離せません。さあ、どうなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/17

u-21vsネパール・パキスタン 苦戦の連勝

アジア大会が始まりまして、男子は東京五輪を目指すU-21代表が参加です。

ただ、中山君が怪我で招集辞退しているので、いまいち僕のテンションはあがっていないのですが。

ともあれ、実戦の機会は十分に活用しなければいけません。欧州組も来てないし、だれがアピールしてくるでしょうか。

グループリーグ第1戦はvsネパール、1-0。

開始早々、三苫選手のゴールがあって、これは大量得点かなと思いきや。

ネパールの監督が日本人の行徳監督ということで、森保式3-4-2-1に対して、しっかりした対策を立ててきた模様で、大苦戦しました。

引いてくる相手に苦戦するのはよくあることですが、そこは何とかしていきたいところ。

さて、次の試合はどうか。

こちらが本日、第2戦、vsパキスタンは4-0。

開始1分で、ロングボールをDFライン裏に飛び出した岩崎選手がうまくコントロールして得点。ここから10分までに3得点。理想的な滑り出しをしましたが。

だんだん相手が慣れてきて、引いて守られるようになると、ペースダウン。前半はもう1点取りましたが、後半は無得点に終わりました。

前線が前田選手、そして岩崎選手と、スペースがあると生きるタイプだったので、そこを消されると苦しいのは確かなのですが。

パスがちょっと雑だったり、崩す精度を出せなかったのは残念なところです。

さて3戦目はベトナム。ちょっとレベルが上がります。どうなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/16

vsFC東京 スーパーゴール!!!!

勝ったよ!!!!

2018J1第22節、vsFC東京は1-0!!!!

とにかく、瀬川君のゴールがスーパーですよ!!!!

久々完封できたのもうれしい!!!!

最下位だった名古屋が、夏の補強が成功したうえ、ジョー選手が完全にフィットした模様なので、多分猛烈に追い上げてくると思うんですよ。G大阪も、W杯前のちぐはぐな感じがなくなってるし、今年は降格争いが例年にも増してとんでもないことになる予感がするのです。

とにかくどんどん勝ち点積みたい! 次もがんばって!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/15

今井君移籍とFC東京戦展望

今井君が松本山賀へ完全移籍。

小池君が充実していたので、出番が余りありませんでしたが、見た試合ではいいプレーをしていたので残念ー。

松本山鹿のスタイルには合いそうなので、ぜひがんばってほしいです。

さて、ミッドウィークはFC東京戦。まずは偵察。

2018J1第20節、FC東京vs神戸は1-0。

神戸はポドルスキ、イニエスタがお休み。そのためか、ボールは保持していても、急所には入っていない感じ。ボールを引き出すランニングも少なかったのが、無得点の原因でしょうか。

FC東京は後半、交代選手を投入していくに従って攻勢を増していって。

それが結実したのが、90分。ディエゴさんが中央でボールを受けてターン。ドリブルで三人引き付けて、右のリンス選手へ。交代で入っていたリンス選手がシュートを決める、いわゆる「仕上げのリンス」となりました。

第21節、G大阪vsFC東京は2-1。

先制はG大阪。34分、右CKからつないで遠藤クロス、ファーで三浦ヘッド、こぼれに反応したファビオ選手が押し込みます。

宮本体制になって価値がほしいガンバ。そのままよく戦って、80分には逃げ切り5バック体勢に。

それを打ち砕くのが、この試合も抜群のキープ力で大車輪の活躍だったディエゴさん。86分、クロスのこぼれをペナルティエリア内でキープ。4人かわして同点弾。

しかし、ブラジル人選手のスーパープレーということでは、負けていなかったG大阪アデミウソン選手。ペナルティエリア前でボールを受けると、二人にマークされていたのに振り向きざま、その狭い隙間を通すすごいミドルシュートを決めました。

偵察はFC東京目当てだったのですが。

宮本体制になってG大阪が上向くのかというのは、降格争いの今後に向けての注目点でした。春先に見たときには、ばらばら感があって先手を取られ、パスを回す先もない感じだと思ったのですが、かなり改善されています。個々の力はあるだけにやばい。

というわけで、何とかしたいFC東京戦の展望です。

守備では。

FC東京の攻撃は、ディエゴさんの超絶キープ力によるどころがかなり大きいので、ウチとの契約上出られないというのは、とても大きなアドバンテージなのですが。

このあいだは生かせなかったからなあ。今度は何とかしたい。

ディエゴさんがいなくても、縦に行く意識の強いFWがそろっているので、カウンターには注意が必要。そして、そのボールの出所となる高萩手には厳しくいきたい。

そして、飛び道具、太田選手のクロスとセットプレーに注意。

攻撃では。

今ウチの攻撃はカウンター寄りになっているので、まずそのチャンスには一気に行き切りたい。中央には米本選手というボールハンターがいるので、サイドから崩せるかどうか。

右サイドから伊東君のカットインシュートがみたい!

左サイドのクリスティアーノさんのミドルシュートも引き続き希望しています!

どうしても勝ち点が欲しい!!

がんばって!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/14

創作エンジンとガンズ進捗

脳内の創作エンジンが回っています。

ちょっと長い仕事休みで、ずっと作品のことばっかり考えてていいから。幸せですねえ。頭の片隅に課題を入れとくと、お風呂入った時とかにポンと解決策が降ってくるんですよ。

僕はどうも不器用なたちで、その辺の切り替えがうまくいってないのです。仕事忙しいと仕事エンジンが回ってて、そっちが気になる。アイディア湧かなくなる。

しかもこの創作エンジンが、始動のいいセルスターター方式ではなく、手回しクランク方式なんですよね。一回止めちゃうとなかなか始動せず、細かい休みでの効率が悪い。何とかしないとねえ。

さて、そんな幸せ期間もそろそろ終了なので。

すっかり止まってしまっている『銃と宇宙 GUNS&UNIVERSE05』の作業を再開。自分の原稿は全部出した! 校正するよ! 自分のやることだけは進めておかないと、また大忙し期間になってしまうのです。

メンバーの都合にばらつきがあるので、いつ出せるかはまだ未定ですが、もうそろそろのはずです。お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/13

刺激を与えることが大事

自分の作品に時間が使えるお盆休み。設定したノルマ第2弾、『友だちみんな宇宙人』の書き足しを、一通り済ませました。

ただ、書きっぱなしで出すのはよくないので、ここからこつこつ推敲です。

そこでのつぶやき。

僕の人生は言ってしまえば、「面白いって何だろう」ということを考え続ける人生なのですけれど。

ここまでやってきての見解は、「刺激を与え続けること」なのです。

設定が似通っている物語なんてたくさんある。へたするとエピソードが似通っている物語もたくさんある。なろう系のラノベなんかではよく見られますね。

でも、その中で、要素を書きならべてみたらそんなに差がないのに、面白いやつとつまらないやつがあるんですよ。つまり、大きな要素だけで語ってもダメだということで。

さらにその先の部分があって、それを言い表せる言葉は「刺激」ではないのかなと。

例えば舞台設定は刺激になる。SFなんかはそういうジャンルですね。

引きの強いエピソードも刺激になる。「泣ける!」とか「燃える!」とか、そういう部分。

でも、だからおいしい設定おいしいネタを並べたら簡単にヒットするかというと、そうではなくて。

さらにその先の部分がある。それがどう調理されているのか。ちゃんとおいしいのか。

突き詰めていくと、例えば漫画の「燃える!」という展開だって、話を進める手順、印象づけるコマ割り、心震わすセリフ、視線の誘導の仕方、迫力を伝える絵を描くための、構図、デッサン、タッチ……。考えることはものすごくたくさん。

その一つ一つが、読者の脳を刺激して、アドレナリンがドバドバ出れば完成。

そう考えれば、一見何も起きていないような穏やかな話だって、その穏やかな心地よさを脳内に喚起させる刺激が詰まっていると言えるわけで。

僕は派手なことがドッカンドッカン連続する展開よりも、丁寧に伏線張られている話が好きだけれど、丁寧さと無刺激は別の意味だから注意しないと、となるわけです。

ここから推敲して、そういう密度を高められるようにがんばる所存なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/12

vs仙台 負けてしまった

2018J1第21節、vs仙台は0-2。

負けてしまった……。

2失点目が展望記事で触れた西村選手によるもので、こういう予想は当たらなくてもいいのになあとため息。

ため息ばかりだけど、ぐっとこらえて、仕事。

負けたけど、負けないぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/11

加入いろいろとvs仙台戦展望

まだ追いつき切っていないんだけど、サッカーの試合とかニュースとかを見るゆとりを取り戻した今週。

まず加入がいろいろありまして。

スペインのジローナから、ケニア代表オルンガ選手が新加入。

正確には中国の貴州智誠からレンタルでジローナで、うちに完全移籍なのですが。

とにかくでかい! 193cm!

さらにプレーのモデルはファン・ペルシと言ってる模様。ほんとかな、期待していいのかな。

ウチはメンバー的にはカウンター向きで、監督交代で戦術もそうなったので、でかいターゲットマンはいい選択だと思います。ぜひ活躍してください!

そしてユースから山田君と杉井君が二種登録。

この間加入が発表された、中央大からカムバック加入の上島君も強化指定登録したので、ちょっと減ってたユースっ子が増えた(^^)/

ただ、サッカー変わっちゃってるからなあ。がんばって対応してほしいです。

ユースから上がってくるのはいいんですけど、そこから戦力化のところが、ひとつ問題だなあと思いますね。

ということで、ここから仙台戦の展望。まずは偵察。

2018J1第19節、仙台vs名古屋は1-2。

上の話題とかぶるんですけど、名古屋の中谷君見てると悲しみが湧いてきますね……。しかもウチが軽く扱った20番つけてるんじゃよ……。

試合のほうは出だしは仙台。前半途中から名古屋が盛り返していきました。

30分、ジョー選手が左サイドで受け、股抜きパスをペナルティエリアへ。前田選手が落として、走りこんだジョー選手が決めて先制。40分、前田選手が斜め後方からのパスをうまく前にコントロール、DFを振り切ってシュート。

2点リードされた仙台は後半に入った53分、中野選手が倒れこみながらシュート、それがブロックされて戻ってきたのを転がったまま執念で押し込み、反撃ののろし。

しかしその後、76分に石原選手のシュートがポスト直撃、82分にハーフナー選手のすごいボレーと、惜しいシーンはあったのですが、仙台追いつけず。名古屋勝利となりました。

第20節、磐田vs仙台は3-2。

点を取り合うスリリングな試合になりました。

先制は仙台、23分。右からのクロスを一番外で中野選手が合わせます。

45分に磐田同点。右からのクロスに川又選手。DFとの競り合いをねじ伏せる、ヘディングの強さ。

後半に入って59分。仙台右CKのこぼれを阿部選手。直前にGKとの一対一を防がれていたのですが、決めなおした形。

77分にまた磐田同点。右サイド川又選手が飛び出してマイナスグラウンダー、中野選手が押し込みます。

どちらに転んでもおかしくない試合は、アディショナルタイム、FKの跳ね返りを田口選手がシュート、大井選手が押し込んで決勝戦を奪いました。熱戦。

さて、これを踏まえて、仙台戦の展望は。

正直相性悪いですよね。しかも今ウチは、カウンター寄りになっているので、5バックでスペース埋めてくる仙台には、さらに分が悪い。

しかし、そんなことを言ってる場合ではないのです! 勝ち点ほしい!

守備では。

ハーフナー選手が出てくるかで、形がかなり違ってくるのですが、出てきた場合は、とにかくしっかり寄せて。

しかし今仙台で一番注意しないといけないのは、西村選手ではないでしょうか。現在8得点で得点ランキング6位です。スペースを見つけるのがうまく、2トップでも一列下がっても、いやなところに入ってきます。しっかり警戒。

さらに石原選手も同タイプで一発があるので、こちらも警戒。

とにかくカウンターはしっかり潰したいですね。

攻撃では。

カウンターで攻め切れれば、それが一番いいけれど、そこを抑えられてしまったとき。

ミドルシュートがどっかんと決まるといいですね!

最近、クリスティアーノさんの一発を見ていない気が。どっかんと一発!

あと決めてほしいのは手塚君かな。ボランチが決められるとすごい武器になります。どっかんと!

も一回書くけど、とにかく勝ち点がほしいのです!!

がんばって!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/10

ジャンプ36・37号感想 Love So Sweet

爆睡した月曜日。別の意味でのんびり漫画読めなくなった(^^;;) そんなジャンプ36・37号感想です。スレッドでつなぎますー。

『Dr.STONE』。改造兵器で突入。懐かしのテーマソングが聞こえてくるようなウキウキ感。(♪ちゃーちゃらっちゃー、ちゃっちゃっちゃー♪)

センターカラー『約束のネバーランド』。さあ、局面変わってきたよ。

『ハイキュー!!』。展開が溜めに入ってると期待感湧いてくる。ひっくり返すのはいつだ。

『ぼくたちは勉強ができない』。後ろからの構図で顔を見せず、ページめくると意外な表情をどん。なかなかの破壊力。

『アクタージュ act-age』。夜凪はキャラ的に珍獣タイプなので、常識人のアキラ君が実は重要なのではないかと思った。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』。かるらのやるせなさ、わかるw

『火ノ丸相撲』。「だから今日からは団体戦」にぐっと来た。

というジャンプ36・37号感想でしたー。合併号ということは、来週は出ないのか。18/8/6

ジャンプ史上最強のヒロイン、レイナさんがどうするのか、大注目だった『火ノ丸相撲』。

前にも書きましたが、戦闘力の話ではなく。

話の本筋にヒロインが絡むことが少ないスポーツ漫画で、これだけ話の中心に来るのすごいということなのですが。

「だから今日からは団体戦」のところで、ほんとにほろりと来ましたよ。

そこにタイトル持ってくる構成もいいですね。

前号の「ワシの相撲で笑顔にしたい」とともに、これでずっと描かれてきた、火ノ丸が自分の相撲で自滅するのではないかという流れに、一つ回答が出たわけで。

横綱が「愛はあるのか」と問いかけていましたが、それにも答え出た。

三日目を終わって一勝二敗。横綱との対戦は終わっているので、他の国宝ががんばって、優勝争いを13勝のラインに持ってこないと今場所での再戦はないわけですけれど、さあ、どうなる。

最新刊の表紙もレイナさんだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/09

COMICリュウ7月分 web移行の印象

『ヒトミ先生の保健室』。そういえばまだ戻ってなかったw 扉の「www」の芸が細かい。そしてラストはサービスも万全。

『モンスター娘のいる日常』。どうなっちゃうのかなと思ったら、ラストページのたくましさw

『推しが武道館いってくれたら死ぬ』。ためらわず買いに行くその姿勢、業が深いw

『クミカのミカク』。最終回。ハッピーエンドでよかった。扱ったメニューは最初と同じだけど、二人の仲が進んでいる、という構図は定番。それが素敵な後味。

『ねこむすめ道草日記』。扉絵の影がいい絵。

web移行したCOMICリュウ。漫画の掲載日がバラバラなので、感想はどのタイミングで書こうかと考えてたのですが、それ以前に大忙し期間で書いてる暇なかった。

ということで、まとめて感想流しました。

最初からのweb掲載ではなく、紙の雑誌からの移行。先月までは違う形で読んでいたので、その違いがおのずと意識されます。

やっぱり、パラ見の機能がないのは大きいですね。とりあえずパラパラっとめくって、目についたやつを読むということが起きない。読むには、大げさに言えば、よし読むぞとはっきり決意して読む。

その分読ませるハードルが高くなるということです。いかにして、読者の目に留まるか。そしてそこで、いかにして読む動機を与えるか。その部分が、ネット上ではやっぱり問題になってくるなあと思いました。

リュウの作家さんでは、橋本花鳥先生が『アルボスアニマ』の続きを自分で出すことにしていたり、web連載に移行した人以外にも気になる動きがあるのです。ある意味変わりつつある出版の最前線。注目です。

お試し版があったので、貼っとこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/08

バカにつける薬はない 第一回

『バカにつける薬はない』第一回をnoteに掲載しました。

つぶやきましたように、そろそろお年頃を迎えるアディとマーシャのドキドキの初恋物語と思いきや、そこに世界の謎が乗っかってくる作品です。

『太陽のホットライン』や『アンナ・アップルトンの冒険』、『リトル・ビット・ワンダー』は、一度発表したものをまとめ直して単行本にするという色彩の濃いものでしたが、こちらは未発表作となります。

一度書き上げて、いくつか直してから発表しようと思っていたのですが、ずっとシーンの直し方を決めあぐねていたのです。いろいろ考えたけれど、作風も考えて甘いほうに持っていく予定。

全4回の予定となります。どうぞお楽しみください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/08/07

作戦アップデート思案中

大忙し期間を抜けまして。

自分のことに時間が使えるようになりました。

それまで「眠気を吹っ飛ばすにはカフェインだ!」とばかり、コーヒーとコーラのでかいペットボトルが脇に常備されていて、ぐいぐい飲んでたのですが、それが抜け。

そしたらたまっていた睡眠不足から、12時間爆睡して、「自分の時間、短い!?」となっているのが本日なんですけれどもw

バナーの画像ができたら、noteに新作載せますよー。(載せました!)

さて、じっくり時間があるときに、もう一つやりたかったこと。

何時までにあれやらなきゃとか、何時には寝なきゃとか、そんな時間の縛りがなくなって、じっくり考え事ができるようになりました。

創作活動の今後の作戦について、いろいろ検討中です。環境がどんどん変わっているので、こちらも考えをアップデートして対応していかないと。

現状の認識としては。

出版状況のデータがいくつか話題になってました。電子書籍は伸びてるけど 紙と合わせた全体は落ちた。

リアル書店流通網は、紙の雑誌と漫画の売り上げが主で支えられていたので、もうかなり厳しいはず。

電子書籍より紙の本の市場規模の方が大きいので、電子の伸びでは落ち込みをカバーしきれず。すると出版社も苦しいはず。

特に電子移行がうまくいっていないところ。ジャンルによってかなり差があります。児童書は移行できてない方に入るんですよね。

あと、紙も電子もネット書店での売り上げの割合が上がるということは、宣伝がんばらないと埋もれて、売ってることにすら気づいてもらえないということだけど、どうも出版社にここに対応する余裕がない。

つまり、セルパブだろうが商業出版だろうが、結局ここは自分で何とかするしかないということで、ここが現在の焦点だなというのが、現状認識なのです。

そんな日のつぶやき。

何かいい手はないものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/06

vs札幌 勝ったよおおおお!!!!

2018J1第20節、vs札幌は2-1!!!!

勝ったよおおおおお!!!!

中断期間があって、最後に勝ったのはその前の名古屋戦だから、すごい長く感じたのですよ、連敗。

浮かれてテンション上がりすぎて、その反動で夕方ごろ、気持ち悪くなってました。願掛けで試合前にロースカツ二枚食べて、胃もたれになったのもある。

いやとにかく、勝ってよかった。よかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/05

vs札幌展望 まだ追いついていません

大忙し期間が終わって、分秒に追われるスケジュールじゃなくなったので、サッカー流しながら作業とかしているのですが。

前日感想上げたように、なでしこ3試合は見終わったのですが、レイソル偵察は追いついていません。

だってさ……辛いんよ……。1試合見るたびに、心が削られてく想いなんよ……。流し続けるの無理……。

ただの連敗じゃないんですよ。僕の希望が崩れてるんですよ。

ウチ、ファンサービスとかパーじゃないですか。観客動員増える雰囲気ないじゃないですか。予算がこれ以上増える要素がないんですよ。金でいい選手をそろえて勝つ路線じゃ、勝ち目ないんですよ。

それを覆す可能性が、唯一、アカデミーからの戦術の一貫性だと思ったんですよ。簡単には積み上げられない時間が、唯一のアドバンテージなんですよ。

フロントはそれに価値を見出してなかったんだなあ。2度の監督交代、補強の人選を見て、そう思う。

しかも、いじりすぎちゃったから、もう帰れないよ。

こうなったからには、とにかく降格だけは防いでほしいのです。

勝ち点が欲しい!!

がんばって!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/04

なでしこアメリカ遠征3連敗

ようやくたまってるサッカー見る時間ができた。

なでしこジャパンアメリカ遠征、2018 Tournament of Nations。

第1戦なでしこvsアメリカは2-4。

第2戦なでしこvsブラジルは1-2。

第3戦なでしこvsオーストラリアは0-2。

3連敗。せっかく見る時間できたのにー。

どの試合も、前半からボール持てていて、いい感じで進めているんだけど、もろさを見せて失点。あと、ボール保持して攻めているわりにシュートまで持ち込めない。

日本サッカーではよくあるパターンですけれども。

アジア杯では弱点克服できた感じだったんだけど、ケガ人多く出ている影響か、一歩後退した感じとなってしまいました。

それにしても、最近、応援しているチームが負けてばかりですよ。サッカーは厳しいなあ(+_+)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/03

ジャンプ35号感想 緑谷出久:オリジン

もういくつ寝ると夏休み。漫画ものんびり読めるはずな月曜日。ジャンプ35号感想です。スレッドでつなぎますー。

『ぼくたちは勉強ができない』。文乃さんは微妙な立ち位置を保っているけど、どうなるんだろうか。

『約束のネバーランド』。新しい目標が提示された。これまたすごい難関。

センターカラー『食戟のソーマ』。盛大に勘違いw だんだん今度の敵が見えてきたけど、構造としてはどうするのかな。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』。朧の神速、毎度隅っこの方でたたんでいたり片付けていたりするの好きw

『火ノ丸相撲』。お母さんのメッセージは何だろう。

という短縮版ジャンプ35号感想でしたー。休み、はよはよ。18/7/30

昨日で大忙し期間を抜けて、夏休みに。休みと言っても、自分の原稿の締め切りいくつか設定しているのですが、ただ、時間が自由に設定できるのがありがたい。「疲れてて頭回らないから回復に努める」ができるんですよ。

ということで、疲れた体に鞭打って明日の仕事の準備はしなくていいのだと、漫画読んでました。今週のつぶやきにはなかったけれど、『僕のヒーローアカデミア』を一巻から。おもしろい。

やっぱり、がーっとテンション上がっていくところが、燃えますね。

最近は敵味方の関係が複雑になっているから、なかなかシンプルにがーっと行く展開に持ち込めなくて、大変そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/02

vs湘南 どこまで

2018J1第19節、vs湘南は0-2。

一つ仕事明けたのに、やすらげない。

どこまで行くかな、これ。

どこまで耐えられるかな、これ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/01

本当に結果が欲しいvs湘南展望

相変わらずサッカー見る余裕も失っているので、ただの願望記事なんですけど。

本当に勝ちたい。

前半戦には湘南にすんなり勝っているわけで、ここを落とすと後退局面が本当にくっきりしてしまう。

とにかく勝って!!

がんばれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »