« ガニメデの優しい巨人 | トップページ | 偵察川崎vs浦和・FC東京と川崎戦展望 »

2018/05/11

セルパブ!夏の100冊2017

セルパブ!夏の100冊2017 (ぱぶにゃん・著)を読みました!

セルフパブリッシング本のガイドブックです。2017って、去年の本をいまさら読んだのかと思ったそこのあなた。違いますよ、このあいだ出たんですよ! 書き間違いで2018が2017になってるのでもないですよ!

去年企画されてた本が、諸事情により遅れて、ようやく出たのです。お疲れ様です。

ただ、「読みました!」と言いながら、全部はまだ読めていません。本の紹介を全部読むのは大変なので、とりあえず対談から読んで、他は暇見てちょこちょこ拾い読み中。

その対談の中で一番のヒットは、3つ目の『折羽ル子×くみた柑×淡波亮作 漫才「アワナミーを待ちながら」(2017夏)』。でした。というかね。反則ですよね。すでにタイトルに漫才って入ってますしね。他の対談4本に対して浮きまくりで、とても面白かったですw

他の対談も、いろいろと示唆に富み、参考になることがあって、これらを読むだけでも価値がありますよ!

僕には特に、一つ目の対談、『西崎憲×隙間社 インタビュー「文芸電子書籍への布石」(2017夏)』の、西崎さんの活動と考え方が興味深かったです。商業出版vsセルパブという二極構造ではなくて、そのあいだのスモールプレス。その時のツールとしての電子書籍。この領域って、もっと活発になっていくのではないでしょうか。

さて以前、『このセルフパブリッシングがすごい!』の感想にも書きましたが、とにかくセルフパブリッシングの問題点は、広める力が弱いことです。読者の側からすると、発掘しないといけないから大変。

そこで、こうした本にはとても意義がある。

無料の本ですから、当然無償です。中の人には本当に頭が下がります。

えらい!

すごい!

かっこいい!

なんでこんなに持ち上げているかと言うと。

最後に宣言していますが、ちゃんと2018も作るのだそうです。大変だけど、がんばってー!

|

« ガニメデの優しい巨人 | トップページ | 偵察川崎vs浦和・FC東京と川崎戦展望 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/66697678

この記事へのトラックバック一覧です: セルパブ!夏の100冊2017:

« ガニメデの優しい巨人 | トップページ | 偵察川崎vs浦和・FC東京と川崎戦展望 »