« ジャンプ18号感想 必殺料理の作り方 | トップページ | vs広島 not his day »

2018/04/08

偵察広島vs磐田・名古屋と広島戦展望

ACLグループリーグ突破がなくなり失意の週末。

けれど考えてみたら、昨年終盤のあの勝ち点取りこぼしが、半年足らずで劇的に改善するわけでもなく、それが出ちゃった形。

押し込んだ時に決め切れない。守備にもろさがある。まずこの二点を解決せねば、結果もついてこないのです。ある意味、今年残りでやるべきことが明確になったと言えるでしょう。

Jリーグで結果を出して、来年、もっといい形で再チャレンジするんだよ!

ということでまずは偵察。

2018J1第4節、広島vs磐田は0-0。

前半から球際の攻防が目立つ、激しい試合でした。

その中で目立っていたのが、昨年までの古巣を迎えた川辺選手。よく走り、ボールを受け、きわどいパスを送ります。好シュート、FKもあって、大活躍でした。

試合は後半になってもテンション落ちることなく、そのまま拮抗した展開で終了。スコアレスドロー。

アダイウトン選手が全治6か月の重傷を負ってしまったのが、磐田的には痛い。

第5節、川崎vs広島は0-1。

「イッツァスモウワールド」と称して、相撲コラボDAY。イベント盛りだくさんで、試合では呼び出し風の選手入場も。川崎の、こういったお客さんを楽しませる姿勢は本当にすばらしい。マジでリスペクトなのです。

広島は工藤君が先発です。昨年は全然出ていなかったので、プレーを見るのは本当に久しぶりです。守備でがんばっていて、攻撃でもいいポストプレーがありました。

試合は、ボールを握って攻める川崎と、しっかりしたブロックで対抗する広島が基本の構図。特に広島の守備は、中央を崩させず、とても安定している印象です。

終盤の広島の決勝点はCKからの混戦をパトリック選手が押し込んだのですが、そのCKまでの流れの中にオフサイドがあったのではという疑惑。そして逆にアディショナルタイムの川崎同点弾がオフサイドで幻となったのは違うのではないかと、疑義があったのですが。

ただ、終盤にミスが増えた川崎と、守備一辺倒ではなく押し込む時はきちんとパスをつないで押し込んでいた広島という姿があり、広島が勝利に値する戦いをしていたのは確かな試合でした。

ということを踏まえて、試合の展望は。

現在広島が首位ですが、守備から入って非常に安定した試合運びをしており、この順位はたまたまではないなと感じさせます。いい時の広島に戻ったと考えていいかも。強敵です。

守備では。

広島はスタート時4-4-2のことが多い模様。2トップにはパトリック選手を軸に、ティーラシンor工藤君。どの組み合わせでも、前線でボールを収められるので、まずここを潰したい。

おなじみのパトリック選手は、とにかくでかくて強くて速い。一対一で勝てなくても、周りがこぼれを回収することが大切。

工藤君の日立台恩返し弾は見たくないので、絶対阻止で。

守備が目立っていますが、回す時にはきっちり細かく回せるので、後手を踏まずにしっかり対応すること。

攻撃では。

とにかく守備ブロックは安定しています。川崎相手にも中央を締めて、危険なところから追い出していました。苦手なタイプだと思います。

ただ強固なブロックの周りをうろうろしていてもらちが明かないので、強気の姿勢も大切。ずどんとくさびを打ちたい。

右サイドの攻防も鍵ではないかと思います。ウチの右、伊東君は現在好調、Jでもトップ級の武器ですが。

対面する広島、佐々木選手はスピード負けしない、かなり守れるDFです。柏選手も運動量多く守備でがんばれて、伊東&小池vs佐々木&柏でどちらが勝つかは、試合の流れ的に大きいと思われます。

ここを制して、相手の守備ブロックを混乱させたい! がんばって!

ここからリスタート!!

がんばれ!!

|

« ジャンプ18号感想 必殺料理の作り方 | トップページ | vs広島 not his day »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/66531891

この記事へのトラックバック一覧です: 偵察広島vs磐田・名古屋と広島戦展望:

« ジャンプ18号感想 必殺料理の作り方 | トップページ | vs広島 not his day »