« ジャンプ15号感想 地獄巡り | トップページ | vsG大阪 課題は続く »

2018/03/18

G大阪vs鹿島・川崎とvsG展望 勝ち切りたい

ACLで痛い敗戦を喫して迎えるJリーグ。立て直すために、ここで勝利が欲しいところ。ということで、まずは偵察です。

2018J1第2節、鹿島vsG大阪は1-0。

前半から両チームタイトな守備を展開。引き締まったゲームとなりました。

前半途中、G大阪GK東口選手が、カウンターに飛び出す判断を誤って、体を当てて得点機会阻止かと思われましたが、黄色止まり。その後いいセーブで鹿島のシュートを防いでいたので、ここは一つのカギとなるシーンでした。

守備は互角、ポゼッション率もほぼ同じ両チームでしたが、攻撃には差を感じました。シュートまで持ち込めている鹿島、最後の形が作れないG大阪。

G大阪は若手選手の投入に活路を見出します。中村選手17才、福田選手18才を投入。いいシュートもあって活性化に成功したのですが。

交代選手が働いたのは鹿島も同様。途中交代の鈴木選手が、スローインでうまく体を入れ替えて、ゴールライン沿いからペナルティエリアに侵入。速いグラウンダーのクロスを押し込んだのは金崎選手。これが決勝点。

他は五分でもシュート数にはかなり差があったので、妥当な結果となりました。

第3節、川崎vsG大阪は2-0。

先制点は川崎。左からのCK、競り合って足元に落ちたボールをエドゥアルド・ネット選手が反転シュート。G大阪DFは、一瞬足が止まってしまったように見えました。

前半はそのまま川崎が押しっぱなしになります。G大阪は切り替えで後手を踏み、サポートの動きも薄く連携が見えず、なんと前半シュート0本に終わります。スコア以上の差がありました。

後半川崎追加点。カウンターからファーサイドへクロス、これを家長選手がボレー。カウンターで一気に押し込まれたのでマークがずれていて、G大阪ボランチ市丸選手が、小林、家長両選手を見る形になっていました。小林選手が裏へ向かって走る動きを見せ、引き付けていたのも隠れたポイントでは。

その後、G大阪は盛り返せないまま終わります。シュートも二本に終わりました。試合後、サポーターからブーイングが起きたようですが、昨年からずっと勝てていなくてこの内容だと、心配になってくるだろうなあと思います。

というわけで試合の展望。

まず守備では。

G大阪と言えばパスサッカーのイメージですが、最後のところで連携が取れていない感があります。今回はどちらかというと、個の力に警戒すべきかも。

若手の中村選手が目立っています。まだ17才。スピードがあり、ボール扱いも巧み。しっかり対応したい。

ワントップ長沢選手の高さも警戒したいところ。

遠藤選手のところを潰せれば完璧。

攻撃では。

とにかく課題の決め切る力が注目点。

まずエースのクリスティアーノさんに爆発してほしいところ。

江坂さんもここで点取って上昇気流に乗ってほしい。

勝ち切って休みに入りたい!!

がんばって!!

|

« ジャンプ15号感想 地獄巡り | トップページ | vsG大阪 課題は続く »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/66477655

この記事へのトラックバック一覧です: G大阪vs鹿島・川崎とvsG展望 勝ち切りたい:

« ジャンプ15号感想 地獄巡り | トップページ | vsG大阪 課題は続く »