« ACLvs傑志 勝ち点並ぶ一勝 | トップページ | なでしこアルガルベ杯2018感想 »

2018/03/08

ジャンプ14号感想 真の美食

なんか三月っていろいろやること詰まっているなと思ってたら、今日目覚ましかけたのに一時間半後に起き、いきなり今週のスケジュールがピンチになったかわせです、こんにちは。という中でのジャンプ14号感想。スレッドでつなぎますー。

『約束のネバーランド』。狩りの時間始まる。まずは人間のターン。このまま押し切れるとは思えず、はらはら。

センターカラー『Dr.STONE』。ページめくったところでの表情の変化がすごいw

センターカラー『鬼滅の刃』。後藤さんがいい味を出しているw 張り付いている伊之助もいいし、キレキレの回。

『僕のヒーローアカデミア』。ラスト2ページ、がんばれない急展開w

『ぼくたちは勉強ができない』。これは……夢ではなく……?

センターカラー『食戟のソーマ』。仙左衛門前総帥の不敵な笑み。すべての伏線がここに収束する決勝戦。楽しみ。

『火ノ丸相撲』。敵役はやっぱり悪いほうが盛り上がる。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』。ラストページのあおりがいい。

というジャンプ14号感想でしたー。スケジュールピンチなうえに、すでに疲労感が。18/3/5

『食戟のソーマ』がファイナルバウト突入です。

ここまでいろいろ伏線が張られていて、それが収束する舞台。

親子関係の話、父世代の因縁の話、仲間との絆、えりなに対する父と祖父の思惑の違い、ちょっと考えただけでもいろいろあります。そうそう、竜胆先輩の伏線がどう作用するのかも。

この辺が長期連載の醍醐味だと思うし、そういう構成がうまい人が好き。

「そう来たかー!」と、伏線が花開く瞬間を読むのは本当に気持ちいいので、とても楽しみです。

|

« ACLvs傑志 勝ち点並ぶ一勝 | トップページ | なでしこアルガルベ杯2018感想 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/66461575

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンプ14号感想 真の美食:

« ACLvs傑志 勝ち点並ぶ一勝 | トップページ | なでしこアルガルベ杯2018感想 »