« ジャンプ12号感想 バケモンたちの宴 | トップページ | 2018J1展望 後編 »

2018/02/23

2018J1展望 前編

さて、ACLで先にシーズンがスタートしてしまっているのですが、始まりますよ、Jリーグ! ということで恒例の展望記事を。

ただ、最近ほんとに時間なくて、情報が拾いきれてないかもしれない。そのあたりはご容赦くだされ。

ということで、ゆるくいこうと思います。まずは。

昨年J2で3位、名古屋。

プレーオフで何とか一年でJ1に復帰。そこでどがんと超大物ブラジル人、ジョー選手を獲得。シャビエル選手だけでも脅威なのに、この前線はやばい。

ただ、ACL見ていて、日本もそこにはがんばってお金使うべきではと思うので、楽しみではあります。

風間監督は頑固一徹、それがあの攻撃サッカーを生んでいると思うのですが、それが若干守備軽視につながっているのは川崎のころから。昨年はJ2だったので、致命的にはなっていませんでしたが、J1ではどうか。

昨年J2で2位、長崎。

理想を追うお金持ちの名古屋の次は、対照的な地方クラブである長崎。補強の目玉も、地元国見高校出身選手と、超現実的な路線。

こういうチームの成否を分けるカギは、個が対応できるかどうかになることが多い印象です。継続性はしっかりしていて、組織には不安がないので、一対一のところから崩壊しないように踏ん張れるか。

あとは少ないチャンスを前線の選手が決めきれるかどうか。サバイバルのシーズンはどうなる。

昨年J2優勝、湘南。

レイソルの次に僕が注目しているのは湘南です。武者修行に秋野君と小林君の二人を出しているからです。二人とも、ウチにいる時点で試合には出ていて、J1である程度できるのは実証済み。さらに成長して主力になれるかどうか。

秋野君は去年一年でかなりの変貌を遂げています。湘南らしい守備の積極性、前に飛び出していく力が付き、もともと備わっていたパス能力は、より攻撃的にえげつないところを狙うようになってすごみが増しました。今年は10番を背負うんですよ。大丈夫なのかな。返してくれるのかな。

小林君はタイプ的に湘南に合っているような気がします。ボールハンターとしての能力は積極的な守備の中でより磨かれるでしょう。そして攻撃の時にガンガン飛び出していくあの湘南のスタイルを身につけられると、すごくプラスになるのではと思います。ぜひポジション取って、秋野&小林のダブルボランチを実現してほしいです。

チーム的に山田選手が浦和に帰っちゃったのは痛いと思われますが、代わりに梅崎選手がやってきたので、フィットすれば十分穴は埋まりそう。あとは昨年から、ちょっとワントップに苦労している感じなので、そこがどうなるか。

昨年15位、広島。

広島はペトロヴィッチ監督、森保監督と続いたサッカーの継続性を打ち捨てて、何とか残留を勝ち取ったんですけど、今年どうするのかはとても重要だと思われます。城福新監督はどうするのかな。

城福監督は理論家で、インタビューとか読んでいるとしっかりして見えるんだけど、どこか最後で貫けないという印象もあります。そこもどうなるのか。

新しい時代を模索しなければいけないシーズンだけど、メンバー構成をみるとけっこうベテランが多くて、そういう点もどうなるのかなと。課題が多そうですね。

昨年14位、清水。

広島を残留させたヨンソン氏を新監督に迎えました。ヨンソン監督は実務家のイメージ。手堅くチームを作ってくるのではないかと思います。

そこでクリンスラン選手を補強して、チョン・テセ選手との2トップは、けっこう点取れそうなイメージ。

入れ替わりのあったDFラインが安定するかがカギでしょうか。

昨年13位、FC東京。

毎年タレントはいると評されながら、成績が今一つ伴わないFC東京。クラブの戦術的フィロソフィーがなく、ブレブレになっているので、人材とのミスマッチが起きているという印象です。

そこで新しくやってきたのが長谷川監督。清水、G大阪と、その仕事ぶりにははっきりと勝負哲学を感じるタイプ。

それに照らしてメンバーを眺めてみると、けっこういい感じなのでは? と思うのですが、果たして。

昨年12位、仙台。

開幕の相手仙台。気になるチームです。派手さはないけど、渋い、いい補強をしたなあという印象。

継続性はしっかり守られていて、あとは個の部分で、抜けた選手の穴を埋められるかどうか。FWクリンスラン、MF三田、DF増嶋の辺り。

FWの新戦力阿部選手はけっこう好きなタイプで、働くんじゃないかなと思います。あとは川崎からレンタルの五輪代表候補、板倉選手辺りが伸びると面白そうです。

昨年11位、札幌。

堅実に現実見据えて戦って、J1残留を果たした札幌。そしたら驚きのペトロヴィッチ新監督就任。

戦術の舵を大きく切ることになるのですが、まずここのところがどうか。それに耐えられる人材がいるのかどうか。

特に攻撃サッカーに付き物の被カウンター。DFラインになかなかいい選手がいるとは思うのですが、昨年よりもずっと負担が増えることが予想されます。ここの踏ん張りがポイントではないでしょうか。

昨年10位、G大阪。

クルピ新監督を招聘、攻撃サッカーを取り戻そうとするG大阪。

しかし痛いのが、井手口選手の海外移籍。G大阪の育成は、とてもよく機能しているんだけど、その結果、海外流出が起きているのはつらいところですね。

スタメンはタレントがそろっているとして、ちょっと層が薄いようにも感じられ、長いシーズンでそれがどう出るか。そこに若手が育ってくると面白いのですが、果たして。

|

« ジャンプ12号感想 バケモンたちの宴 | トップページ | 2018J1展望 後編 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/66352579

この記事へのトラックバック一覧です: 2018J1展望 前編:

« ジャンプ12号感想 バケモンたちの宴 | トップページ | 2018J1展望 後編 »