« ACLvs天津 やはり課題が | トップページ | 2018J1展望 前編 »

2018/02/22

ジャンプ12号感想 バケモンたちの宴

コンディション低下で迎えました月曜日。ジャンプ12号の感想です。スレッドでつなぎますー。

表紙&巻頭カラー『ハイキュー!!』。最後の攻撃、クライマックスなのは前回の引き方でわかっていたけど、最後の一瞬まで先を読ませない。お見事。

『鬼滅の刃』。またやばそうなのがそろっているなあ。

センターカラー『約束のネバーランド』。オジサンどう絡むのかな。

『ぼくたちは勉強ができない』。わかる。けっこう気づけないんですよねえ。

『食戟のソーマ』。舞台に役者がそろってきた。「直接ぶん殴れる」構図は決着間近を感じさせて盛り上がる。

センターカラー『火ノ丸相撲』。口を滑らせたことのある者の言葉だからこそ重い。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』。1ページ目の仲居さんのセリフがすべてを物語っているw

というジャンプ12号感想でした。今日仕事でかなりしゃべらなきゃいけないのに、のど荒れのまま。はよ治れー。18/2/19

『ハイキュー!!』がクライマックスでした。

この漫画の時間の煮詰め方はうまいなあと、いつも感心するのですが、今回も。

攻防のほんの何秒をたっぷり描いています。

しかも、一瞬先を読ませない。前回の流れで、最終の攻防が来るなというのは予想がついています。しかし、単純には決まらない。むしろ「あれ、ここからまたひっくり返されるの? やばい!」という瞬間を作り。

それをドン! と逆転。

コンマ何秒の描き方がほんとにうまい。スポーツ漫画の醍醐味ですねえ。

|

« ACLvs天津 やはり課題が | トップページ | 2018J1展望 前編 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/66409383

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンプ12号感想 バケモンたちの宴:

« ACLvs天津 やはり課題が | トップページ | 2018J1展望 前編 »